輸出ビジネス

輸出貿易管理

輸出管理とは?簡単に解説!さらし者になりたくない人は必見!

この記事では、輸出管理の基礎をできるだけ簡単に解説しています。 外国に商品を輸出するのは、誰でも自由にできます。しかし、武器開発につながる製品を輸出するときは、厳しい規制がされます。具体的には、税関とは別に経済産業省に「輸出貿易管理令...
輸出ビジネス

貿易書類・シッピングアドバイスとは?

輸出者は、輸出する商品の準備と船積みまで終えたら「シッピングアドバイス」という書類を送付します。この書類は、輸入者に「無事に船積みしたら安心してね!」と伝えるための物です。輸入者は、この書類を受け取ったら、海上保険を「確定保険」に切り替えた...
輸出ビジネス

貿易用語(二文字)略語を含めて230を収録!

輸出、輸入、国際物流など、貿易をするときは、様々な用語を使います。インボイス、パッキング、アライバルなど、初心者には、全くわからない用語が並びます。また、たくさんの用語がある上に、実務上の取り扱いで二文字の略語で表すため、さらに混乱しやすい...
輸出ビジネス

通関業者への依頼 シッピングインストラクション(SI)

貿易書類の用意を終えて、いよいよ輸出手続きに入ります。この輸出手続きは、日本の税関に対して「〇〇を輸出します!」と申告することです。税関は、輸出者から申告された内容に問題がなければ「輸出の許可」を出します。これで輸出者は、外国へ荷物を送れる...
輸出ビジネス

「貿易保険」輸出代金の回収リスクを小さくする方法

輸出ビジネスは、代金の回収に大きな不安があります。取引相手が倒産したり、代金の支払いを拒否したりすれば、売り上げの拡大どころか損失です。このリスクを小さくするのが「貿易保険」です。貿易保険は「取引自体」を補償する保険です。具体的には、相手先...
輸出ビジネス

【信用調査】貿易取引をする前に相手企業を調べる4つの方法

ジェトロやインターネット上のサービスから相手を見つけることができました。しかし、一つだけ気になることが.....「相手をどこまで信用してもいいのか?」です。日本では、新しい取引先の信用調査をするときは、東京商工リサーチなどへお願いすることが...
輸出ビジネス

為替予約の仕組み 輸出者と輸入者のリスクとは?

日本国内では円。ヨーロッパでは、ユーロ。アメリカでは、アメリカドルです。もし、アメリカの企業なら自国の通貨を貿易に使えるため、何かと有利です。しかしながら、日本を含むアメリカ以外の国には、米ドルで決済後、自国通貨に変換する「為替リスク」があ...
輸出貿易管理

輸出許可と承認の違い。キャッチオール規制とは?

基本的に海外への輸出は自由に行えます。しかし、ある特定の貨物を輸出するときは「輸出許可」や「輸出承認」と呼ばれる特別な手続きが必要です。ここで説明する「輸出許可」とは、税関が認める輸出許可ではありません。経済産業省という別の機関が、輸出する...
輸出ビジネス

【輸出】T/T決済でリスクと利便性を半々にする方法

L/C決済は、輸出者と輸入者の間に銀行が入るため、代金を回収できないリスクが減少します。しかし、輸入者の立場になると、手数料が高い。貨物受け取りまでの時間が長いことがデメリットです。そこで、実際の貿易取引には「T/T決済」を使うことが多いで...
輸出ビジネス

プロフォーマインボイスとは!? =仮に発行する書類

外国との貿易をするときは「インボイス」を使います。インボイスとは、商品の単価、購入数などを記載する書類です。別の物に例えるのなら、スーパーなどで受け取るレシートです。 あなたが外国の商品を輸入場合、外国で発行されたインボイスを受け取り...
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
\ 通関代行、国際輸送の見積もり依頼受付中 /
お問い合わせ・見積依頼はこちら!
タイトルとURLをコピーしました