【貿易】フリーハウスチャージ(Free House Delivery)の意味

この記事は約5分で読めます。

種別積み地揚げ地品目輸送モード
法人成田又は羽田スラバヤジュアンダコットン製品 150kg航空輸送
法人上海岐阜●●●●器 40kgLCL
法人横浜Mundra, INDIA金属スクラップ 10000トンチャーター希望
法人成田又は羽田スラバヤジュアンダコットン製品 150kg航空輸送
法人上海岐阜●●●●器 40kgLCL
法人横浜Mundra, INDIA金属スクラップ 10000トンチャーター希望

>>他の見積例を見る



海外の相手との取引交渉(輸出や輸入)において「フリーハウスデリバリー」を指定されることがある。フリーハウスとは、売り手が買い手が指定する場所までの全ての費用を負担することを意味する。別称、DDP (Delivered Duty Paid) 、Free domicileとしても知られている。

そこで、この記事では、フリーハウスデリバリーの意味、実行する場合のリスク等を紹介する。

フリーハウスデリバリー

貿易のフリーハウスデリバリーとは、売り手(輸出国)が買い手(売り手)の指定する場所(例:自宅、倉庫、会社等)までの全ての費用を負担することである。この費用には、次の物がある。

例えば….

  • 輸出国で輸出するための費用
  • 国際配送代金
  • 保険代金
  • 輸入国の通関費用(検査代等も含む)
  • 輸入国側の関税、消費税
  • 許可後の国内配送代金(ラストワンマイル)

売り手は、これらの費用を算出した上で、買い手に売買価格を提示する。小難しく聞こえるが要は、アマゾンが行う無料配送の仕組みを外国に向けて行うと考えれば良い。

使用例:買い手に無料でプレゼントしたいときにも使う。

例えば、あなたが海外向けにECサイトを販売しているとしよう。海外のお客から受注をし、フェデックス等で依頼をすることも、広義で「フリーハウス」だと考えて良い。(正確にいうと違う)

ここで伝えしたいことは、

フリーハウスデリバー=売主がお客さんに届けるまでの全ての費用を負担すること。

少し貿易を知っている方は、この表現を聞いて「それっとDDPなのでは?」と感じる方も多いはずだ。そう、それがフリーハウスデリバリーを使わない方が良いと考える理由である。

フリーハウスデリバリーよりもDDPの方が良い。

貿易業界は、本当に古い。業界が古すぎるのか、業界の範囲が広すぎるのか。いつまでも昔の慣習を続けている節がある。

例えば、在来船で一般的であったFOB、これは、コンテナ船が中心になった現代では、FCA又はCIPにする方がリスク等を考えて適切だ。しかしながら、インコタームズ2020年に切り替わった今でも、現在進行形でFOBで交渉している方が多い。

ただ、これは、まだインコタームズと呼ばれる運送責任と費用責任の負担が明確になっているだけマシである。実は、この記事のフリーハウスデリバリーは、インコタームズではない。費用責任や危険負担が明確でなく、昔ながら「慣行」の上で成り立っていると考えた方がいいかもしれない。

=貿易条件は、フリーハウスで~と指定するのは、基本的に間違い。

私は、フリーハウスは、万が一の事故発生時は、すべてを売主が負担するべきなのか?を争う余地が残されているようにも感じる。この件について、ジェトロさんでは、次の説明をされている。

貨物の危険(リスク)負担については、荷受人引き渡しまで荷送人負担となり、万一、途中で事故が発生した場合は荷送人の負担になります。運送人の損害賠償については、種々制約がありますので、商品代金によっては、予め貨物海上保険を付保した方が良いでしょう。貨物海上保険はクーリエ業者やフォワーダー等にても付保することが可能です。なお、壊れやすい品物等の特殊なケースの場合は、関係者と事前に十分相談されることをお勧めします。

引用元:ジェトロ

ジェトロさんでは、荷受人(買主)の引き渡しまでは、荷送人(売り手)の負担になると明記されている。しかし、フリーハウスチャージ(デリバリー)は、インコタームズではないため、本当にそうなるのか?との疑問を感じた。

ウィーン売買条約とフリーハウスデリバリー

そこで、ウィーン売買条約を調べてみた。なぜか? フリーハウスは、インコタームズはないため、輸送部分の責任等は、ウィーン売買条約(CISG)に基づくと考えたからだ。

ちなみに、ウィーン売買条約(CISG)とインコタームズの関係は、加盟国間の売買条約であれば、自動的に適用される。他方、インコタームズは、そのCISGの自動適用を防止するために締結する物である。したがって、フリーハウスがインコタームズでない以上、ウィーン売買条約(CISG)が自動的に適用されると考えている。

  1. フリーハウスはインコタームズではない。
  2. であるから、国際売買のウィーン売買条約が自動的に適用される。

ウィー売買条約の67条

では、ウィーン売買条約の67条を見てみよう。そこに危険負担の移転時期が記載されている。フリーハウスの危険負担の移転時期は、次の通りだ。やはり、ジェトロさんの見解が正しそうである。フリーハウスでも売主が全ての負担をする。

ただし、注意点がある。それが「特定の場所」だ。解釈は、次の通り。

  • 特定の場所が設定されている=危険負担は、特定の場所(輸入国)で切り替わる。
  • 特定の場所が設定されていない=危険負担は、輸出国側で運送人に引き渡したら切り替わる。

売買契約が物品の運送を伴う場合において、売主が特定の場所において物品を交付する義務を負わないときは、危険は、売買契約に従って買主に送付するために物品を最初の運送人に交付した時に買主に移転する。売主が特定の場所において物品を運送人に交付する義務を負うときは、危険は、物品をその場所において運送人に交付する時まで買主に移転しない。

引用元:外務省の資料

基本的に、フリーハウスは、EX-GODOWNのように、ある種の慣行的に使われている側面が大きいと思う。実際、インコタームズ2020にもDDPがあるので、本来は、DDPで売買するべきだと思う。

理由は、インコタームズの方が売り手と買い手の責任範囲が明確に定義されているからである。当然、インコタームズで売買すると決めた場合、あなたは、インコタームズの定義通りに実行する義務を負う。もちろん、それは、あなたを守る仕組みでもある。

貿易取引に適切なインコタームズを設定することは必須だ。間違った物を設定していると、万が一のときに思わぬトラブルに巻き込まれる可能性がある。

トラブル例→ 【韓国の海運破綻】韓進海運や小山海運の倒産から学ぶ事

ビジネスは、常にイレギュラーを前提(最大リスク)にするべきだと思う。ようはバッファの考え方である。私は、どうしても定義にこだわりたくなる。それは、通関サポートの経験上、貿易の失敗は、大きな資金負担につながることを知っているからだ。

貿易は、手軽そうに見えるけれど、ウィーン売買条約等の履行義務に束縛される一面があることも十分に理解するべきだ。だからこそ、私は、不明確なフリーハウスデリバリーよりもインコタームズを好む。あなたは、どう考えるだろうか?

最後までお読みいただきありがとうございました! バイチャ!

まとめ

  • フリーハウスとは、売り手が買い手に商品を届けるまでの全ての費用を負担すること
  • フリーハウスチャージ(デリバリー)は、インコタームズではない。
  • 本来は、DDP等を選択するべき
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

種別積み地揚げ地品目輸送モード
法人大阪寧波プレス 100トン海上輸送
法人パース横浜植物 1トン(1000万円分)相談希望
法人神戸・大阪マルセイユマット 240kg海上輸送
法人大阪寧波プレス 100トン海上輸送
法人パース横浜植物 1トン(1000万円分)相談希望
法人神戸・大阪マルセイユマット 240kg海上輸送

>>他の見積もり例

[スポンサードリンク]


国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先

国際輸送の見積もり

\ 通関代行、国際輸送の見積もり依頼受付中 /
お問い合わせ・見積依頼はこちら!
タイトルとURLをコピーしました