「PL保険」輸入した商品の責任は誰にある?

この記事は約5分で読めます。

海外から輸入した商品に関するすべての責任は、輸入した人が負います。この責任は、商品自体の欠陥はもちろんのこと、不良商品が起因して発生した事故などの賠償も含まれます。そのため、本格的に輸入ビジネスを始めるときは、必ず輸入した商品に対するリスク対策を行う必要があります。そこでこの記事では、輸入する商品に対する責任と、その責任を果たすために、輸入者として加入しておきたい「PL保険」についてご紹介していきます。

輸入品の責任は、その商品を日本へ輸入した輸入者にあります。

アマゾン、メルカリをはじめとして商品販売用のプラットフォームの発達により、これまでよりも手軽に商売を始められる方が増えてきました。そんな状況の中でひときわ注目されているビジネスが「輸入→アマゾン販売」や「輸入→メルカリ販売」または「輸入→ヤフオク販売」などです。海外にあるショッピングサイトの価格と、日本で販売しているショッピングサイトにおける価格差が大きい物を仕入れて販売するというモデルです。

当サイトは、このような「誰でもできる」輸入商売を推奨しているつもりもないですし、否定するつもりもありません。ただし、ビジネスに参入できる障壁は、きわめて低く、それだけライバルが増えやすいことはしっかりと考えておく必要があります。ビジネスモデルの話はおいておき、それよりも危険だと感じることがあります。それは「輸入者の知識不足による法律違反をしていること」です。

よく目にすることとして、海外で購入した化粧品、石鹸類、ボディソープなどを堂々と販売している方がいらっしゃいます。もちろん、これらの行為は、完全な法律違反であり、最悪の場合、「薬機法違反」で逮捕されることもあります。この詳しい理由については「お手軽だからといって化粧品を輸入販売してはいけない理由」で記載しています。化粧品などの美容製品を「販売目的」で輸入することは、完全な違反行為です。

美容品以外にも目に着く物はあります。しかし、一つ一つ上げるとキリがないため、ここではやめておきます。もし、ご自身で輸入&販売している商品が「法律違反をしていないか心配なとき」は、他法令データベースというサイトを使って調べることもできます。ここで調べた結果、食品衛生法対象や、植物防疫法対象、または家畜伝染病、薬機法対象などと表示されている物であると、あなたは法律違反をしている可能性が高いです。

誰でも商品を購入することが簡単にできるようになった反面、知識不足による法律違反をする方が多くなっているように感じます。輸入ビジネスは、手軽に挑戦できる反面、輸入した商品に対して「全責任を持たなければならない」としっかりと認識することが重要です。

輸入品の責任とは?

輸入品は、日本へ輸入した人が「その商品を製造した人」とみなして、商品自体の欠陥に責任を取ることが求められます。

例えば、あなたから「不具合がある商品」を購入した人は、あなたに対して「商品の返品」を求める権利があります。このとき、あなたはそれを拒むことは許されず、消費者からの要求に応える義務があります。この考え方を「製造物責任法」、通称、PL法と言います。PL法によって、消費者は粗悪品を買わされるリスクが小さくなり、安心して商品を購入できることになります。

ただし、ここで注意していただきたいことは、製造物責任法は、単なる商品自体の責任には留めらないことです。具体的には、商品を購入したことにより「消費者にけがをさせてしまった」「具合を悪くさせてしまった」などの責任も負わなければならないことになっています。

例えば、アメリカからスケートボードを輸入して販売しているとしましょう。消費者がスケートボードを購入して使用していたところ、突然、車輪が取れてしまい、大きなけがをしてしまいました。もちろん、通常、使う範囲での使用方法であり、消費者側に落ち度はありません。このようなとき、商品を販売したあなたは、スケートボードの取り換えはもちろんのこと、ケガに対する治療費や慰謝料までを支払う必要があります。

つまり、単なる物に対する責任だけではなく、不良商品の販売による発生する責任を含めて負わなければならないということです。これは、商品の輸入者を「輸入品の製造者」とみなして、すべての責任を負わなければならないとする「製造物責任法」からきている考え方です。あなたは、ここまで考えて輸入ビジネスを行っていますか? 「茶のしずく石鹸」という大きな騒動がありましたね。これも製造物責任法が関係している事件です。

では、輸入ビジネスをする方は、どのようにして、この製造物責任法へ対処すればいいのでしょうか。もちろん、なるべく品質が確かな仕入れ先から輸入することはもちろんのこと、賠償責任が発生してしまったときに保障される「製造物責任保険」、通称、PL保険に加入しておくことが重要です。

PL保険とは?

PL保険とは、輸入した商品について何らかの責任が生じてしまったときに、それを「金銭面」から補償してくれる保険のことです。

例えば、先ほどのスケートボードの欠陥事件であれば、スケートボードの不良によって起こるすべての金銭的責任(被害者への治療費の支払いや、慰謝料などの支払い)をカバーしてくれます。輸入ビジネスは、お金を稼ぐために行っているのに、人に多額の賠償をしていては、商売をする意味が全くなくなりますね。だからこそ、PL保険を使って、万が一のリスクを小さくすることが重要です。

PL保険は、全国の商工会議所による「中小企業PL保険制度」などがあります。ある程度、輸入ビジネスの軌道がのったら、必ず加入しておくようにしましょう!

■豆知識
輸出者によっては、すでに日本地域を含むPL法をかけていることもあります。輸入交渉をするときに合わせて確認しておくようにしましょう!

まとめ

インターネットが発達した今日では、誰でも簡単に外国の商品を輸入することができます。ただし、この手軽さがある反面、知らない間に法律違反をしたり、責任問題を軽視したりしがちです。日本へ商品を輸入するときは、その商品に関する責任は、輸入者であるあなたがすべて負います。この責任は、商品自体の品質上の責任だけではなく、商品を使用したことによる発生した責任も含むため注意が必要です。必ず製造物責任法を意識しておくことが重要です。

製造物責任法へ対処するための有効な方法は「PL保険への加入」です。万が一に事故が発生してしまったときに、金銭的な補償を行ってくれる強い味方です。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました