#関税計算ツール#インコタームズ#貿易書類#アリババ等#品目別の輸入方法
#特定原産地証明書#リーファー#ドレー#危険品輸送#食品届#貿易費用#貿易資格>>その他
目次アイコン目次
×

目次

ベトナムの「テト」に向けた海外販売のポイント(贈り物需要等)

ベトナムでは、毎年、一月下旬から二月上旬にかけて「テト(テト・ヌイ)」と呼ばれる新年を祝うお祭りがあります。この前後期間、ベトナム国内は、お祭りムードとなり、商品の購買欲が高まります。

今回は、テトの特徴、風習、贈り物、食べ物、飾りなどテト期間で需要が高まる商品群をご紹介していきます。

ベトナムのテトに向けた海外販売

ベトナムでは、テトの期間中、家族や友人、親せき等が集まり新年を祝います。普段、家族と離れて暮らす方もテトの期間中は、故郷に帰省し、家族で過ごすことを重視します。年末年始の日本のしきたりがより強く、鮮明であると考えても良いでしょう。(=家族の皆で過ごすことが重要)

テトの期間中は、商業活動が停止

テトの期間中は、商業活動が停止します。企業や商店等も閉まり、労働者も帰省する為、国全体が休暇ムード一色になります。

商品需要自体は一気に高まる

テトの前後期間中は、商品の需要は、一気に高まります。もし、テト期間の需要を狙う商品を輸出する場合は、テトの買い付け需要が高まる期間迄(最低限、テトが始まる5週間前まで)には、ベトナム国内で商品が展開できるようにした方が良いです。

例えば、テト期間中にクッキーを販売する場合は、当然、ベトナム側の輸入に関する法規制を考えて、テト需要が高まる時期よりも前から準備をする必要があります。

テトに関するその他の特徴・風習

テトに関するその他の特徴(習慣)は次の通りです。

習慣主な要点
お祝い料理バイン・チュン等のお祝い料理を食べる。
紅包(お年玉)日本のお年玉です。子供たちに赤い封筒にお金を入れて渡します。赤い封筒は、幸運を祈るためです。 →幸運を祈るためのグッズに関する需要
家や周りを装飾をする新年を祝うための装飾を行います。→装飾関連グッズの需要
大掃除をする。新しい年を祝う為に大掃除をする。掃除には昨年の古い不運を追い払い、新年を迎える意味があります。→掃除関連グッズ
墓参りをするお墓や寺院などに訪問します。

テト期間と需要が高まる商品の特徴

テト期間は、大切な家族や友人と過ごすことを重視します。人と人があう為、当然、贈り物(プレゼント用品)の需要が高まります。例えば、輸入ブランドのクッキー缶などです。

他、交流が活発になるため、自らを着飾る商品(衣類や靴、化粧品、香水など)や家を装飾するための商品の需要も高まります。また、ベトナム各地に旅行をする方も増える為「お土産品」への需要に対応する商品を開発するのも面白いかもしれません! 例:ご当地クッキーなど

意外なことにベトナムのテトを体験するための外国人観光客も多いです。当然、彼らが旅の最中に必要とする商品の需要も上がります。

日本のお正月がもう少し強烈になったものだと考えると良いです。その間、どこにどのような需要が高まるのか?を考えると、ベトナム市場に受け入れられやすいかも?な商品を予想できると思います。

テト期間に狙いたい商品例

最後にテト期間に狙いたい商品例をご紹介していきます。

  1. ギフト系商品(プレゼント)
  2. 幸運祝う系商品
  3. 装飾系商品

1.ギフト系商品(プレゼント)又は迎えるための商品

テトの期間中は、家族や友人、親せきへの贈り物(プレゼント)を送りあいます。その為、プレゼント品の需要が高まります。

例えば、パッケージ缶に入っているお菓子、キャンディー類。アルコール類、化粧品や香水、靴などです。この分野は、日本企業が得意だと思います。特に日本では、ギフト用のお菓子は非常に豊富にあるため、ベトナム側の需要を反映させれば、贈答用市場の製品としても売り出しができる可能性があります。そういえば、中東でヨックモックさんが大活躍されていますよね!

他、家に招くときに使う商品(おもてなし商品)の需要もあがります。

例えば、お茶、コーヒー類ですね!最近では、ハーブフラワーティーがトレンドです。

参考情報:ベトナム側にクッキーを輸入する際の法規制や税率

ベトナムにクッキーを輸入するときの情報は、こちらのサイトに詳しく記載されています。

ベーカリー関連品
  • 代表HSコード: HS 1905
  • 輸入税:15~40%(日本製品は、フォームAJで5%)
  • 付加価値税 (VAT): 8%
キャンディー製品
  • 代表HSコード:1806又は1704
  • 輸入税: 20-25% (日本製品は、フォームAJで3~4%)
  • 付加価値税 (VAT): 8%

日本の商品は、パッケージデザインも豊富です。ご存じの方も多いと思いますが、実は、海外のデザイナーは、日本の空のパッケージすら欲しがります。

2.幸運と希望を象徴する商品

ベトナムでは、旧正月を新年の幸運、希望、成功を祝う期間としています。よって、それらに関連する商品には、強い需要があります。

  • 好む色:赤
  • 桃の花:ピンク色で幸運や金運を願う。
  • 赤い封筒(幸運をもたらす封筒):大人が子供に対してお金を渡す。=幸運を祈る

日本も幸運や金運上昇を象徴するような商品があります。それらをベトナム側の風習にあわせて改良するのはいかがでしょうか?

例:お年玉袋(干支の動物を入れると良い)、門松(フェイク)、お酒の樽など、幸運や縁起もの商品

3.装飾系商品

金柑の木、モモの木、家へ装飾する為のイルミネーションライト、造花の需要も高まります。家や家の周りを飾る為の商品ですね! 但し、これらの商品は、中国勢や韓国勢が非常に得意な分野であるため、取り扱うのは厳しいと思います。

まとめ

  • テトに関する情報を収集しましょう
  • 結局は人です。お祭りムード時、人は何を欲しがるのか?を考えましょう。
  • プレゼント品市場に挑戦するのもいいかもしれません!
FavoriteLoadingこの記事を登録

ベトナム倶楽部 ベトナム倶楽部

ベトナム輸出
ベトナム輸入

ベトナム輸入


国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました