アメリカの港湾一覧 主要なコンテナターミナルは、どこ?

港 国際輸送
この記事は約3分で読めます。

世界最大の経済大国であるアメリカには、どのような港(コンテナターミナル)があるのでしょうか? そこで、この記事では、アメリカ国内にある主要な港をご紹介していきます。日本であれば、東京、名古屋、大阪、神戸、横浜、博多のような存在の港です。

港

アメリカの港一覧

アメリカの港を大別すると、ロサンゼルスを始めとする西海岸とニューヨークを中心とする東海岸に分かれます。コンテナターミナルの他、内陸部はダブルスタック鉄道輸送により「IPI=主要鉄道拠点」で接続されているのが特徴です。

*ダブルスタック鉄道輸送とは?→コンテナを上下に重ねて鉄道で輸送する方法

下記の表をご覧下さい。西海岸と東海岸に分類されいている所がアメリカの主要な港です。特に重要な港が西海岸にあるロサンゼルス、ロングビーチです。これらの港は、成長著しいアジア側の港として機能しており、東海岸側よりも存在感が大きいです。これは、全米におけるコンテナランキングを見ても明らかです。

西海岸 東海岸 その他
オークランド サバンナ オマハ タンパ
サンフランシスコ チャールストン クリーブランド デトロイト
タコマ ニュージャージー コロンブス デンバー
ヒューストン ニューヨーク ジャクソンビル ナッシュビル
ロサンゼルス ノーフォーク セントルイス ニューオーリンズ
ロングビーチ ハンプトン・ローズ ソルトレイクシティ ピッツバーグ
ポート・エバーグレーズ ダラス フィラデルフィア
ミネアポリス ポートランド
メンフィス マイアミ
ルイビル

上記の港名を見ても位置関係がわからない方が多いと思いますので、グーグルマップに落とし込みをしました。マップには、レイヤー機能(主要港とその他)が設定されています。地図の左上部にある赤枠の部分をクリックして、地図の表示をコントロールして下さい。

グーグルマップでアメリカの港の位置関係を確認

アメリカ国内の上位コンテナターミナル一覧

アメリカのコンテナターミナルの上位は、次の通りです。ランキングは、コンテナの取扱量(TEUベース)を基準としています。情報元は「The Journal of Commerce annual Top 50 World Container Ports」です。やはり、西海岸の所属する港の方が活気があるようです。

1.ロサンゼルス
2.ロングビーチ
3.ニューヨーク
4.サバンナ
5.タコマ

各港を動画で巡る

Port of Los Angeles: America's Port®
Long Beach Container Terminal – Safer, greener and more productive
Profile of the Port of New York & New Jersey
Garden City Terminal Expansion
Port of Tacoma – Washington State

まとめ

  • アメリカの主要な港は合計で10個ほどです。
  • 西海岸と東海岸を比べると、成長著しいアジアの窓口である西海岸の方が活気があります。
  • IPI=主要鉄道拠点をポイントとした鉄道輸送にも注目です。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました