【WFR】貿易者必見!世界中の海上運賃を検索!

海上運賃を調べる方法国際輸送
この記事は約5分で読めます。

海上コンテナの輸送するときに気になるのが運賃です。海上運賃は、他の商品とは異なり、様々な価格が比較しがたいです。そこでお勧めするのが「WFR」です。

WFRを使えば、世界中の海上運賃を簡単に調べられます。日本の港から海外の港までの輸送料金の他、第三国間の海外間の輸送料金も調べられます。見積もりには、会員登録も不要なため、およその海上運賃を調べたい人には、とても便利なサイトです。

そこで、この記事では、海上運賃の基礎知識、WFRを使って海上運賃を検索する方法などをご紹介していきます。

*2020年9月現在、料金を取得できなくなっています!→弊社の「海上輸送の見積もりサービス」をご利用ください。

世界中の海上運賃をかんたんに検索する方法

海上コンテナの輸送をするときは「海上運賃」が気になります。「日本の〇〇港~タイのバンコクまではいくらだろう?」と疑問に感じますね。しかし、この疑問をすぐに解決することは難しいです。海上運賃は、秘密の部分が多く、検索サイトを使って調べてもなかなか出てこないです。

なぜ、料金が出てこないのでしょうか? それは、海上輸送の歴史にあります。

海上運賃は独占禁止法から除外

ある商品を単体の企業だけが販売すると、好きなだけ値段を吊り上げられます。これを防ぐ法律が「独占禁止法」です。

例えば「きゅうり」を生産する農家が日本に10社だけだとします。この場合、1社が値上げをしたとしても別の企業が値下げなどを行い、一定の価格競争が行われます。消費者は、業者間の価格競争によって、適正な値段のきゅうりを買えます。

では、仮にきゅうりを生産する農家が1社だけの場合はいかがでしょうか?

供給する側が1社だけだと、他社との価格競争がなくなるため、好きなだけ価格を吊り上げられます。当然、消費者は、他に選択肢がないことから、値段を吊り上げられたきゅうりを買わなければなりません。これでは、生活が大きく脅かされます。これを守るのが「独占禁止法」です。

独占禁止法はさまざまな業種、製品に対して適用されます。しかし、実は「海上輸送業界」は、過度な競争を避けるため、独占禁止法から除外されてきた経緯があるのです。そのため、他の業界よりも排他性が高く、海上運賃を調べても適切な情報を得られにくくなっています。

しかし、ご安心ください。ときはIT全盛時代です。このように秘密に扱いされている海上運賃も「World Freight Rates(WFR)」が無料で公開をしています。それでは、さっそく、WFRの使い方について説明をしていきます。

WFRで海上運賃を検索する方法

WFR」へアクセスします。図中にある各番号と照らし合わせてご確認ください。

  1. 海上運賃を調べるため「Ocean」のままでokです。
  2. 出港地(日本、海外問わず指定ok)
  3. 到着地(日本、海外問わず指定ok)
  4. 貨物の中身を選択。運ぶ物によって値段が変わる(冷蔵品など)
  5. コンテナの中に入れる商品の総額(インボイス価格・US$基準)
  6. コンテナ輸送の場合は、FCL、それ以外はLCLを選択
  7. 危険物に該当する場合は、Hazardousにチェック。海上保険を加える場合は「Add insurance」にチェック
  8. 条件の設定が終わったら「GET RATE」をクリック

Hunade

名古屋港からジャカルタまでの40フィート海上運賃は?

実際の価格を確認するために以下の条件のもと、海上運賃を調べてみました。すると…

■検索条件:

  • 名古屋~ジャカルタ(インドネシア)
  • 貨物の中身=アパレル品
  • コンテナサイズ=40フィート

Hunade

海上運賃は「421ドル~465ドル」であることがわかりました。この分かりやすさが素晴らしいです。ここに表示されている料金は海上運賃だけであるため、それ以外の諸費用を考えると、この価格よりも高くなると考えておいた方がいいです。

例えば、400ドルであるなら、実際の請求は600ドル以上になると考えておきましょう。→「subject to additional charge fees such as taxes, duties,etc」

Hunade

WFRの入力に関する2つの注意事項

WFRで入力するときに、戸惑いそうな部分を説明しておきます。

1.出港地や入港地の入力は、候補欄から選択します。

出港地などを指定するときです。ここは、港の名前を「英語」で入力してください。入力内容と連動して検索されます。入力欄の赤枠部分に希望の港がでてきたらクリックします。このように、候補欄から場所を指定するようにしましょう。

Hunade

2.貨物の中身は、正確に入力!

貨物の中身は、できるだけ正確に入力します。貨物によっては、大幅に値段が変わる可能性があります。

例えば、冷蔵や冷凍が必要な製品を運ぶときは、通常のコンテナでは運べないため「リーファーコンテナ」と呼ばれる冷蔵や冷凍機能があるコンテナを使います。リーファーコンテナを使うときは、大幅に価格があがります。また、冷凍品など以外にも運ぶ物によっては、通常のコンテナでは運べないことがあります。この意味で、貨物の中身が重要です。

Hunade

WFRの運賃は、世界の平均的な相場です。実際の運賃を知りたいときは、WFRから見積もりをお願いするか、日本の通関業者やフォワーダーと呼ばれる業者にお願いをします。WFRで表示される料金は、海上運賃のみであるため、それ以外の諸費用(サーチャージ、CTH、YAS、DO費など)を加えると、倍額くらいになると考えた方がいいです。関連記事:海上運賃の内訳って何がある?

東京、大阪、名古屋から世界の主要な港までの海上運賃例

最後に東京、大阪、名古屋港から世界の主要港までの海上運賃を試算してみました。参考程度にご覧ください。

40フィートコンテナの海上運賃の目安

40フィートバンコク上海ジャカルタロサンゼルスニューヨーク
東京52025050014002200
大阪45025044013002000
名古屋48025046013002000

まとめ

2020年9月現在、WFRの見積もり機能は停止しています。もし、海上輸送の見積もりが欲しい場合は、以下の見積もりサービスをご利用ください。

【HUNADE】海上輸送の見積もりサービス

この記事もぜひ、お読みください

フォワーダーランキングもチェック

「Freightos」海上輸送と航空輸送の比較が簡単にできる!

商売目的で貿易するときの費用まとめ

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


カイコン

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました