×
タイ貿易の相談をする方はこちら
HUNADEへのお問合せはこちら
#関税計算ツール#インコタームズ#貿易書類#アリババ等#品目別の輸入方法
#特定原産地証明書#リーファー#ドレー#危険品輸送#食品届#貿易費用#貿易資格>>その他

【副業開始OK】タイから輸入して月5万円稼ぐ方法 初心者は古着一択

初心者がタイ輸入に参入。無理なく継続し、収益を得るために

  • タイの現地在住の方で収入を増やしたい方
  • 日本在住の方で収入を増やしたい方

そんな方々に「タイに関する副業」について解説します。

 

 

結論:まずは、タイから古着を輸入しましょう!それだけで月5万円の収入を増やせる可能性が十分にあります。

 

タイに関する副業をお勧めする人

タイ 輸入コンサル

タイに関する副業を探されていますか? この記事では、このような方を対象にしています。

  • 追加の収入源を探している
  • 経済的な余裕を持ちたい
  • 現在の収入が不十分だと感じている
  • 自分のスキルや趣味を活かしたい
  • 自由な時間を有効活用したい
  • ライフスタイルの改善を目指している
  • 投資やビジネスの機会を探している
  • 将来の不確実性に備えたい

当サイトのおススメ タイ副業は古着一択

当サイトのおススメの副業は、タイに集まる古着を仕入れて日本で販売することです。最初は、小さな仕入れ資金で行うことができる魅力の他、古着独特の「隠れお宝」の存在により、利益率を高められる魅力もあります。他、万が一、失敗したとしても仕入れ単価が安いため、損失も最小にできます。

ここからは、副業を始めてみたいと考えてはいるが、持ち前の警戒心から踏み出すことのできないコバヤシ氏と、タイ輸入サポーターの泰助くんに登場してもらいましょう。

二人の問答を通じて、悩める初心者のタイ輸入を深掘りしていきます。

コバヤシ
コバヤシ

「お宅が勧めるタイ輸入(副業)とは、なぜ初心者にグッドなのか?」

泰助
泰助

「ライバルが少ないことだね。ハンドメイド製品などが中心だから、アリババ仕入れの中国輸入とは異なり、価格競争に巻き込まれづらい。つまり、資金の乏しい初心者でも勝ち目のある戦いができるってこと

コバヤシ
コバヤシ

「というと?」

泰助
泰助

「アリババ仕入れは誰でもネットで参入できるよね。誰でも同じ商品を買うことができるよね。であれば、安く大量に仕入れる財力のある資本家が圧倒的に有利だ。また、最安値でも販売できる耐久力があるから、彼らは盤石。値下合戦になれば真っ先に脱落するのは資金のない初心者だ。だから、そうではない場所から仕入れて、そうではない方法で販売できるタイ輸入は、初心者に適しているということなんだ」

コバヤシ
コバヤシ

「ライバル不在のフィールドで勝負するのか」

泰助
泰助

マネーゲームには参加しない、ということ。大リーグでいうならば、貧乏球団レイズが良い例だ。FA市場には参加せず、独自のスカウティングや育成システムを用いて毎年のようにプレーオフに進出。金満球団とは異なる戦略を採って結果を出し続けている」

コバヤシ
コバヤシ

「おいらみたいな一介のサラリーマンが、資本力のあるセラーと同じ土俵で対等に戦える訳はないわな。ちびっ子力士が関取にまわしを掴まれ、片手でポイっと外に追いやられる光景が思い浮かびましたよ。じゃあ、タイ輸入はいくらから始められるのか?」

泰助
泰助

5万円程度から始めることができるよ。初心者がコツコツ貯めた百円玉貯金やボーナスを元手にタイ輸入を始め、ゼロイチで利益を上げる。そこから更にジワジワと規模を大きくしていけば、安定した副収入の道が拓けるだろう」

月に数万円の副収入は古着ビジネスが手堅い理由

コバヤシ
コバヤシ

「よし、ならばここに5万円があるとしよう。何をどう始めるのか?」

泰助
泰助

「5万円が軍資金ということだから、これはゲリラ戦になる。商品は、タイの個人事業主や小企業から仕入れるんだ。個人的な繋がりを構築しやすいので、最恵国待遇をしてくれる場合も多々ある。中国輸入のネット仕入れではこうは行かないよ

コバヤシ
コバヤシ

「初心者でも安く仕入れられ、差別化が図れて、しかも不良在庫になる可能性が低い夢のような商材。さぁ、そのものズバリを教えてくれ。早く早く!」

泰助
泰助

「そう慌てなさんな。その商材の一つが古着

コバヤシ
コバヤシ

「古着? それの何がいいのか?」

泰助
泰助

「タイには世界各国から多くの古着が集まってくる。そして、古着を売る大きな倉庫もあれば、小売店舗もたくさんある。中には1枚数十万円もするようなヴィンテージTシャツを扱う店もある」

コバヤシ
コバヤシ

「メルカリなんかを見ると、千円から1万円くらいがボリュームゾーンだった」

泰助
泰助

「それらがタイ仕入れだと、Tシャツ1枚あたり数十円で買えたりする」

コバヤシ
コバヤシ

「仮に100円で仕入れ、メルカリで3,000円で売れたとしたら……。こりゃ利益率はエグいことになる

泰助
泰助

「事実、日本人のバイヤーを案内している現地タイ人のおばさんガイドは、こう話していたよ」

いつも案内するシャチョーさん、パタヤにミヤノイ(愛人)持ってるネ。やることないから、マイニチ遊んでるネ。古着がイチバン、儲かってるネ。

泰助
泰助

「この社長さんは、ナイキやアディダスのスポーツ系、有名アウトドアブランドなどを安く大量買い付けし、日本の実店舗で堂々たる値付けをして販売していると思われる」

コバヤシ
コバヤシ

「おいらは手持ち5万円ですよ。それでも大丈夫なのか?」

泰助
泰助

「古着とは、いうまでもなく一点モノだよね。この世に2つとして同じ状態のものは存在しない。これが初心者でも戦えるキーポイントなのさ。つまり、ある消費者にとっては値段は二の次、是が非でもあなたから買いたい(買わざるを得ない)商品となり得る訳さ」




問い合わせ

こういう古着を仕入れられるよ

コバヤシ
コバヤシ

「一体どんな古着を仕入れられるのか、見ることはできるか?」

泰助
泰助

「実際には、ベール買いすることになるでしょう。ベールとは、古着を専用の機械で圧縮し、まとめて詰めたものになる。このようにして販売されているので、個別の古着を選りすぐって購入するものではない。ポケモンカードのパック買いのようなイメージかな。シリーズは分かっても、中にどのようなレアカードが眠っているのかは分からない」

タイ 輸入コンサル

▲これがベール。見るからに、お宝Tシャツが潜んでいそうな予感がする。

コバヤシ
コバヤシ

「え? じゃあ、ハズレばかりが封入されているかもしれないじゃないか」

泰助
泰助

「確かにそういう場合もある。ベールには、スポーツ系、アニメ系、ロック系などに分かれていて、さらにグレード付けされていたりする。つまり、状態が良く、値がつきそうな古着が詰まっているベールは高く、そうでないベールは安く購入することができる訳さ。もちろん、  “信頼できる販売者から仕入れなければならない” という大前提はある。ポケカでレアカードをサーチして抜き取り、価値のないカードだけを販売する悪質な販売者を見分けなければならないことと同様だね」

コバヤシ
コバヤシ

「優良業者を見つけるのはおいらには不可能だ。こうなるからタイ輸入はやりたくないんですよ、そりゃそうですよ」

泰助
泰助

「だからこそ私のような “お助けタイ” がいるんじゃないか。あなたの状況、好み、軍資金、こういったことをヒヤリングし、学習机の横に寄り添って指針を示す、家庭教師のお姉さんのような存在だと思って欲しい

コバヤシ
コバヤシ

「我々はどこで何を仕入れる、という最初の問題。それにどうやって交渉するかという関門を次々とクリアしなければならないが、いわばフリーパスで通過できるということか」

泰助
泰助

「これまで築いてきたネットワークを活かして、コバヤシ氏の希望する商材を仕入れることが可能だ。初めての道でも伴走しながら進むから、コバヤシ氏を路頭に迷わせることはしない」

5万円で仕入れてみよう

コバヤシ
コバヤシ

「じゃあ、5万円使って古着を買おう。たとえば、何を仕入れるのが良いか?」

泰助
泰助

「この時期、秋冬物を仕入れてみることを勧める場合がある。南国のタイでは見向きもされないが、日本ではこれからグッと需要が高まってくる。まさに、安く仕入れて高く売ることのできる商材と言えるのではないかな」

タイ 輸入コンサル

▲スポーツ系のベールを開封した一例。日本人好みのデザインが詰まっていた。

コバヤシ
コバヤシ

「ほォ。NIKEのフーディーは掘り出し物だな。これらはいくらで仕入れられるのか?」

泰助
泰助

「1ベールに100枚ほど入って、5,500バーツ(約22,000円)だ」

コバヤシ
コバヤシ

「するってぇと、一着あたり220円! デザイン性やレア度が高ければ、1万円近い値段でも売れそうだ。それに、おいらの軍資金内でも収まるじゃないですか」

泰助
泰助

「スチームアイロンで綺麗にシワを伸ばぜば、より高値で売れるから、一手間を惜しまないことですな」

コバヤシ
コバヤシ

「嫁はいま、毎日家にいるんですよ。だから、一連の作業を嫁に任せてみるのも面白いかもしれない」

泰助
泰助

「それは良い考えだと思う。女性目線でレディース物も扱えるようになるだろうから、より多くの水揚げが見込めるようになる。パートに出てストレスを溜められるよりも(それは帰宅後、あなたが嫁の愚痴を延々と聞かされることを意味する)、趣味と実益を兼ねたフリマ販売の方が、よほど健全だ。夫婦和合にも一役買う、という寸法さ」

やはり初心者は古着仕入れが最適解!

泰助
泰助

一般に、あなた個人と会社との大きな違いは何かな?

コバヤシ
コバヤシ

そりゃ資金ですよ。そりゃそうですよ

泰助
泰助

大人買いできる会社と1個しか買えないあなたが、マルカワのガムを同じく仕入れたとしても勝負にならないことは理解してもらえるはずだ。これは万年ペンでも腕時計でも何でも同じこと

 

コバヤシ
コバヤシ

「どういうこと?」

泰助
泰助

新品は、世の中にいくらでもある。仕入れが不能になることは理論上ない。一方、消費者はなるべく安く、しかも安心できるところから買いたい。そうすると、安く大量仕入れすることができて、なおかつ最安価格で販売することもできる資本力のある法人が、新品販売では圧倒的に優位だ

コバヤシ
コバヤシ

なるほど。大量買付で1個あたりの単価を安くできる分、最安値での販売も可能。一方、個人買付ではそうはいかないわな。消費者は、必然的に法人から購入するだろうな

泰助
泰助

では中古品はどうか。それは最早、この世に1つしかない限定品だ。であるから、それを所持しているあなたに主導権がある。あなたが自由に値付けでき、自由に販売することができるのだ。あなたが以前、中古車を購入した時のことを思い出して欲しい

コバヤシ
コバヤシ

私はあの時、三菱ギャランVR-4を血眼になって探していた。情報誌で見つけた、縁もゆかりもない中古車屋から購入したっけ。確かに値段も相手も度外視していた。その特定の車、が欲しかったからね

泰助
泰助

大会社も個人事業主も関係ない中古品販売こそ初心者向けだ、という理由がそこにある。大きく分けて、仕入品は次の四種に分類できるが、この2でノシ上がっていこう、というのが基本戦略だ。

 

1.中古品・高単価(厚利小売) 3.新品・高単価(厚利小売)

2.中古品・低単価(薄利多売) 4.新品・低単価(薄利多売)

 

2のうち、安く良いものが仕入れられ、ときにお宝も混ざっている商材。それこそが “タイ仕入れの古着” なのである

コバヤシ
コバヤシ

タイでは、世界中から集まってきた古着を仕入れられると前回聞いた。素人が、たったの200円で仕入れた古着が、その数十倍で売れたりする。見かけの利益額は小さいが、利益率はデカい。それになにより、売れる楽しみ、利益が出る喜びを感じられるから、継続することができるというもんだ

「今、売れています! 厳選タイ商品」その残念な中身

コバヤシ
コバヤシ

実は以前、好奇心に駆られ “タイ商品ベストセラー○選” みたいな商材を購入したことがあったんですよ。売れている商品を見つけたら、あとはそのまま仕入れたらOK、みたいなキャッチコピーに惹かれてね。でも、その内容とやらが、酷かったんですよ

泰助
泰助

おおかた予想がつく。思うに、革製品の財布か何かをずらっと並べただけだろう

コバヤシ
コバヤシ

そうなんですよ。革財布ばかりが並べられていたんですよ。なんか、タイといえば革製品という安易な着想から、ネットで適当に拾ってきただけの情報に感じましたよ。最新でも詳細でもないデータだったから、説得力があるとは、とても言えない代物だった

泰助
泰助

そもそも、小資金の初心者がリストと同じものを仕入れても勝負にならないことは、すでに話したとおりだ。あなたが買ったリストは、コンサル大先生があなたを釣り上げるための撒き餌でしかない




問い合わせ

古着ビジネスの相談先

古着の仕入れビジネスをする場合は、全てご自身で行うこともできます。NIPPON47さんのようなタイ現地に根付く日系の古着専門会社に相談をするだけで色々なことがわかります。

一切何もわからない。一から手ほどきを受けたいなど、ゼロからスタートされる場合は、コンサルサービスもございます。但し、コンサルサービスは、非常に千差万別である点には注意が必要です。まだ利益が全くない状態であるにも関わらず、最初に何十万円もコンサル費を取られるなどの被害も多いです。

 

  1. 基本的に古着ビジネスは、自分でできます。必要な場合はNIPPON47さんへ相談しよう
  2. 何もかもわからない場合は、コンサルを依頼しましょう。但し、コンサルの選定には注意

 

こんなコンサル被害事例

コバヤシ
コバヤシ

「ネットで調べると、いくつものタイ輸入コンサルやら代行やらが見つかるのだが、お宅とそれらでは、何が違うのか?」

泰助
泰助

「まずはコンサル大先生との違いからお答えしよう。彼らは実際には、現地との繋がりも薄ければ最新事情にも疎い。だから、少し突っ込んだ質問をすると “自己責任でやってください” と、お決まりのセリフが飛び出してくる。内容の薄っぺらなブログには決まって “いかがでしたか” が出てくるのと同じ構造だ」

コバヤシ
コバヤシ

「でも、無料相談などでやりとりすると、とても感じが良い人たちなのだが……」

泰助
泰助

「コバヤシ氏にも経験があるはずだ。女性に甘い言葉を囁き、優しくもてなし、プリンセスとして扱ったのはベッドインする前までだったことを。その後は彼女への興味を失い、他の女性に目移りしたのではなかったか」

コバヤシ
コバヤシ

「そりゃそうですよ、男なら誰でもそういうもんですよ……。あっ! コンサル大先生を男、おいらを女となぞらえてみると、ベッドイン、すなわち高額なコンサル費を払った途端に態度を急変させられてしまう。そういうことか!」

泰助
泰助

「御意。具体的なプランを前もって示すこともしなければ、質問が来るまで自分から様子を見ようともしない(あまつさえ、質問は相手の時間を奪っているなぞと宣う)。そして最後には、件のセリフが待っている。彼らにとっては、コンサル費を払わせることまでがゴールであり、あなたが成功するもしないも関心はない

コバヤシ
コバヤシ

「ぬゥ、こんちくしょう……。では、お宅はどうなのか?」

泰助
泰助

「仮に初心者に対してのゴールなら、まずはゼロイチを達成してもらうことである。ヒヤリングを経て具体的な作戦案を提示し、実際に稼いでもらうための参謀役となる。作戦の実行は、連合艦隊長官たるあなたの責任となるのは事実だが、目的遂行までの情熱が全く異なる。コンサル大先生とは一緒にしないでもらいたい」

コバヤシ
コバヤシ

「あーそうですか。では、代行会社との違いも尋ねたい。代行会社には、買い付けサービスもあると聞く」

泰助
泰助

「確かに代行会社は現地の事情にも強ければ仕入れルートもあり、さらには日本までの発送もしてくれるので大変便利である。ただし、あなたにタイ輸入の知識と経験がある程度備わっている場合に最大活用できるのであって、全く初心者の段階では使いこなせない蓋然性がある

コバヤシ
コバヤシ

「なるほど。今のおいらでは “何を聞いたらいいのか、分からないところが分からない” という状況でもあるし、タイ輸入のイロハを教えてもらうことは代行会社のサービスの射程から外れているわな」

泰助
泰助

「こういうものを仕入れて頂戴、というあなたの依頼にはすぐに応じてくれたとしても、彼らはボランティアの教育機関ではない。金にならない質問に、いちいち応じていられないのは当然というものだ」 但し、NIPPON47さんに限っては、自社サービス(古着の輸入代行又は発送代行)を利用する前提で色々と相談に乗ってくれます。まずは、高額なコンサル契約をする前に、まずはNIPPON47さんへ問い合わせすることをお勧めする。




問い合わせ

 

 

FavoriteLoadingこの記事を登録
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました