目次アイコン目次
×

【一問一答】通関業者が採番ミス(HSコードの特定)した結果、税金増し!責任はどうなる?

この記事は約3分で読めます。
種別積み地揚げ地品目輸送モード
法人名古屋香港日本酒 200kg相談希望
個人韓国千葉幼児用スプーン 30kg相談希望
法人名古屋香港日本酒 200kg相談希望
個人韓国千葉幼児用スプーン 30kg相談希望

スポンサードリンク



貿易の「一問一答コーナー、本日は、通関業者の採番ミスによる責任問題に関するご質問です。

■ご質問内容

通関業者に通関を依頼しています。もし、通関業者の申告にミスがあり納税額に過不足が発生した場合は、どうなりますか?

株式会社ト●●●様

■答え

基本的に採番ミスは発生しにくい仕組みになっています。仮に発生しても、通関業者は、加算税部分の負担に留まると考えた方が良いです。

通関業者と採番ミスのお話

貨物を輸出入するときは、税関の許可が必要です。貨物は、この税関の許可により外貨又は内貨に切り替わります。

外国貨物を不正に取得して日本国内に流通させること。逆に内国貨物を外国に持ち出すことは、どちらも法律違反です。

  • 輸入許可を持って、内国貨物に切り替えて日本国内へ
  • 輸出許可を持って、外国貨物に切り替えて海外へ

必ず、上記の原則に従い、税関の輸出又は輸入の許可を受けます。そして、この許可を受けるために輸出者(輸入者)は、税関に輸出入申告をします。

輸出又は輸入申告をする方法

輸出又は輸入申告は、次の2つの方法があります。

  1. 自社による申告
  2. 通関業者による申告

多くは、手間や費用の関係から2番の通関業者に依頼して、輸出入申告をしています。

通関業者がすること

輸出入者から依頼を受けると、通関業者は、貨物の適切なHSコードを特定し、税関に申告及び納税をします。そして、このHSコードの特定作業のことを「採番」と言います。

採番ミスとは?

採番ミスとは、通関業者が不適切なHSコードを特定することです。HSコードと関税率は、密接な関係があり、最終的に輸入者の納税額に大きく関係してきます。

例えば……

  • HSコード〇〇番は、関税率5%
  • HSコード××番は、関税率10%

上記の通り、HSコードごとに細かく関税率が決められています。つまり、通関業者が不適切なHSコードを特定した場合は、輸入者が支払う輸入諸税が増えたり、減ったりするのです。

今回の質問・採番ミスによる責任は、どこまで負う?

では、今回の質問に戻りましょう。

もし、通関業者が採番ミスをした結果、依頼者の納税額が増えたり、減ったりした場合の責任は、どのようになるのでしょうか? この点、現役の通関業者によると、次の通りです。

*業者ごとに運営方針はバラバラであることが前提です。

例えば、ある通関業者の場合なら、基本的に採番は、ダブルチェック体制で行っています。最初に通関士歴が少し浅めの人が行い、それをベテランがチェックしています。

また、AEO(認定通関業者)の場合は、ミスに厳しいため、採番により、大きく関税率が変わる可能性がある場合は、申告前に、必ず関税監査官に相談します。

  • ダブルチェック体制
  • 少し微妙な物は関税監査官へ

それでもミスが発生。加算額が発生した場合は?

上記の体制でも採番ミスが発生。不適切なコードにより、輸入諸税の増額があり、さらに過少申告加算税等が上乗せされた場合は、まずは事情を説明し協議に入ります。

協議の結果、通関業者ができる最大の妥協点は、加算税部分の負担のみです。仮に通関業者の採番ミスでも、本来の輸入所税額に修正されただけであり、加算部分以外は、当然、申告者(輸入者)が負担するべきだと考えています。

見解の相違を防ぎたければ事前教示を利用べし

このように税関や通関業者により、若干、見解が分かれる物は、輸入税額を確定させる意味(HSコードの確定)でも事前教示を利用するべきです。

事前教示×書面であれば、審査を担当する税関職員の見解よりも優先して適用されるため、HSコードの見解の差によるブレをなくせます。つまり、より正しい輸入原価計算ができます。

まとめ

  • 通関業者の採番ミスは、ダブルチェック体制及び関税監査官への相談により発生し難い環境を整えている。
  • 採番ミスにより納税額の過不足が発生した場合、通関業者は、加算税の負担が最大の妥協点
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
【K】 海外販路・仕入先開拓【A】 タイの仕入先開拓&販売戦略【O】 国際輸送の専門家【T】 肉の輸入・各種貿易トラブル解決【Y】 20年通関士 税関対応はお任せを!

【説明】荷物情報の入力方法

■商品1
商品:ダンベル
商品サイズ:10cm×20cm×5cm
商品の重さ:5kg
輸送数量:100個

商品1の記載例(商品単体)
  • 商品:ダンベル
  • 商品サイズ:縦10cm×横20cm×高さ5cm
  • 商品の重さ:5kg
  • 合計数量:100個
■商品例2
商品:ダンベル
梱包サイズ:50cm×60cm×30cm
梱包の重さ:50kg
輸送数量:10個

商品2の記載例(箱に入っている場合)
  • 商品:ダンベル
  • 梱包サイズ:縦50cm×横60cm×高さ30cm
  • 梱包の重さ:50kg
  • 合計数量:10個

輸入相談

国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました
 
×
貿易支援の申込・質問を希望する方はこちら
HUNADEへのお問合せはこちら