オーストラリアと日本の貿易品目は何がある?

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    オーストラリアなどに旅行や留学などにいくと、その物価の高さに驚きます。もしかすると、オーストラリアの物価は、日本よりも安いと考えている方も多いのではないでしょうか? しかし、実際にオーストラリアに行くと、それは単なる「思い込み」であることがわかります。

    例えば、お祭りの屋台などで目にする「焼きそば」があります。あなたは、この焼きそばに、一パックいくらまで出せますか?平均的には、500円当たりと答える方が多いのではないでしょうか?オーストラリアでは、同様の形で焼きそばを販売すると、一パック1000円や1500円でもバンバンに売れます。もちろん、これは単なる一例に過ぎませんが、その他の部分でも物価の高さを感じられます。

    基本的に物価の上昇=経済発展をしていると考えても良いです。日本は、そんなオーストラリアと「日オーストラリアEPA」を結び、様々な商品を関税無税や減税でやり取りできる関係にあります。そこで、この記事では、オーストラリアと日本の間で、やり取りされている貿易品目をご紹介していきます。

    オーストラリア

    オーストラリアと日本の貿易

    オーストラリアの「Department of Foreign Affairs and Trade(通商部)」が発表している情報をもとにして、オーストラリアと日本でやり取りされている物品をご紹介します。

    オーストラリアから日本への輸出品

    まずは、オーストラリア全土から日本への輸出品です。オーストラリアとの間には、機密保持品と呼ばれる物が多くやり取りされています。いわゆる武器などの装備品のやり取りだと思います。食品でいえば、やはり牛肉などの輸出が盛んです。以下に示す8項目を中心で日本に輸出されています。

    1石炭
    2機密保持品
    3鉄鉱石および濃縮物
    4牛肉
    5アルミニウム
    6砂糖、糖蜜、蜂蜜
    7ウッドチップなど
    8チーズ&カード

    地区別の輸出品

    オーストラリアを地区別に分けた上での輸出品です。この一覧から、どの地方では、どの商品の生産が盛んであるのかを理解できます。

    オーストラリア西側 パースなど機密保持品
    鉄鉱石および濃縮物
    小麦
    銅鉱石および濃縮物
    原油
    貴金属鉱石&コンクール(exclゴールド)
    動物用飼料
    液化プロパンとブタン
    無機化学元素
    油糧種子および油性果実、ソフト
    メルボルン周辺チーズ&カード
    液化プロパンとブタン
    機密保持品
    牛肉
    アルミニウム
    牛肉以外の肉
    動物用飼料
    食用製品および調合、味付け
    トランスミッションシャフト&パーツ
    ミルク、クリーム、ホエイ&ヨーグルト
    タスマニア牛肉
    アルミニウム
    機密保持品
    チーズ&カード
    鉄鉱石および濃縮物
    亜鉛
    野菜、f.c.f.
    動物用飼料
    牛肉以外の肉
    オーストラリア南部精製石油
    機密保持品
    牛肉
    フルーツ&ナッツ
    牛肉以外の肉
    動物用飼料
    アルコール飲料
    油糧種子および油性果実、ソフト
    クイーンランド(ケアンズなど)石炭
    機密保持品
    牛肉
    アルミニウム
    その他の鉱石および濃縮物
    牛肉以外の肉
    無機化学品
    小麦
    甲殻類
    穀物の準備
    New South Wales(シドニーなど)石炭
    機密保持品
    銅鉱石および濃縮物
    アルミニウム
    牛肉
    医療器具(獣医器具を含む)
    牛肉以外の肉
    その他の鉱石および濃縮物
    医薬品(獣医を含む)
    澱粉、イヌリンおよび小麦グルテン

    日本からオーストラリアへの輸出品

    一方、日本からオーストラリアには、どのようなものが輸出されているのでしょうか? やはり車関係が最も多いです。パーツ、付属品、タイヤなどですね。また、オフィス機器なども盛んに輸出されているようです。

    1乗用車
    2精製石油
    3ゴールド
    4自動車用品
    5土木機器および部品
    6ゴム製タイヤ
    7自動車部品および付属品
    8オフィス機器
    9機密保持品
    10電気機械および部品

    以上、オーストラリアと日本との貿易品目でした。

    まとめ

    • オーストラリアは、物価が高い。
    • オーストラリアと日本は、日オーストラリアEPAを締結している。
    • オーストラリアから日本は、鉄鉱石や牛肉などの輸出が盛んです。
    • 日本からオーストラリアは、自動車関連品の輸出が盛んです。
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    東南アジアと世界
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました