革製バックを輸入するバイヤーは必見!おススメの仕入れ先国一覧

革製バッグ輸入ビジネス
この記事は約9分で読めます。

海外産の革製ハンドバッグを商業的に輸入する場合は、8%~14%もの関税がかかります。これは、日本に入ってくる貨物の平均的な関税率(5%前後)よりも高い方に分類されていることになります。海外産の革製バッグを輸入している方は、この高関税に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、高関税率が適用される革製ハンドバッグを「関税面、仕入れ先の国、現状の輸入状況」から総合的に判断をして、どこから仕入れるのがお勧めであるのかをご紹介していきます。

結論から申し上げると、革製ハンドバッグで最も輸入されているのはイタリアであり、一個当たりの平均単価も突出しています。しかし、イタリア以外に目を向けてみると、価格的に大きな魅力がある国がたくさんあることに気づきます。ぜひ、視野を大きく持って、これらの国から仕入れられないかをご検討ください。

革製ハンドバッグの輸入状況

日本へ革製ハンドバッグを輸入する場合は、輸入する価格に応じた「関税」を支払います。

例えば、一つ10万円のバッグを10個輸入するとします。これに送料と保険料金などで10万円かかったとします。このとき、関税を計算するための根拠は以下のようになります。

「10万円のバッグ×10+運送代金+保険代金」×関税率です。今回の場合であれば、合計で110万円に対して関税がかかります。仮に関税率が10%であれば、11万円の関税を支払わなければなりません。一方、関税率が5%であれば「55,000円」の関税を支払えばいいことになります。ここで覚えていただきたいのは、関税率がたった数パーセント違うだけでも、支払う関税額に大きな違いが生まれるということです。

この事実を考えると、できるだけ安い仕入れ先を見つけるのと同時に、できるだけ関税率が低くなるように工夫しなければならないことがわかります。特に高関税がかかる革製バッグの場合は、工夫次第でライバルと圧倒的な関税率の差をつけることができる商材でもあります。

では、工夫とは何なのでしょうか。簡単な方法としては、申告する価格を偽って支払う関税額がごまかす方法があります。しかし、これはビジネス上、長続きはしません。いつか関税法違反で検挙さるのが落ちです。そこで合法的に関税率を削減できる「特恵関税制度(とっけいかんぜいせいど)」や「EPA(経済連携協定)」が重要になります。これらの制度を利用すれば、日本に輸入するときに「特別な関税率」を適用することができます。

例えば、革製ハンドバッグであれば、基本的には14%の関税がかかります。しかし、特別特恵制度を利用して輸入をすれば、なんと関税が無税になります。同じ製品であっても「どこの国で生産された商品なのか」によって、かかる関税率が大きく異なることを覚えておきましょう。

統計データから革製バッグの輸入状況を把握します

2016年の輸入データを基にして、革製ハンドバッグの輸入状況を解説していきます。革製ハンドバッグは、どこの国から、どれくらいの相場で輸入されているのかをご確認下さい。なお、表中にある「一個当たりに換算」と「1キロ当たりに換算した価格」とは、日本へ輸入された総額から数量や重量を基準にして割った数値になります。あまり正確とは言えませんが、相場観を知る上では十分なデータになります。

例えば、表中の一番上にあるイタリア部分を見ていきましょう。そこには「¥63,896」や「79,099」などがあります。個数は、そのままバッグ一個あたりの平均値であると考えてください。一キロ当たりの価格であれば、バッグの重さ(KG)をそのまま乗じる(かける)ことで求めることができます。(例:1.5キロのカバンであれば、ざっくりと「79099×1.5」が平均的な価格になります。)

一個当たりに換算1キロあたりに換算
イタリア¥63,896¥79,099

一個当たりに換算した価格、一キロあたりに換算した価格、どちらの場合も「商品代金+日本までの送料」が含まれているため、商品自体の価格は、これらよりさらに安いことになります。この大前提を考えた上で表中のデータを読み解くようにしてください。

革製ハンドバッグパターン1(4202.21.110)

革製のハンドバッグには、大きくわけると「豪華な装飾をしている物」と、そうでない物に分かれます。「豪華な物」にあたる定義は、実行関税率表に次のように記載されています。ようは、豪華な装飾などをしていて一個の価格が6000円を超える物(仕入れるときに商品代金)がこちらに該当することになります。

1 貴金属、これを貼り若しくはめつきした金属、貴石、半貴石、真珠、さんご、象牙又はべつこうを使用したもののうち、課税価格が1個につき6,000円を超えるもの

引用:税関

「HSコード:4202.21.110」に分類されるハンドバッグの関税率は、以下の通りとなります。よって、ここに分類される貨物は、関税上は特別特恵国(LDC)から選ぶか、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシアのいずれかから選ぶことをお勧めします。

基本暫定WTO特恵特別特恵シンガポールメキシコマレーシアチリタイ
 17.514
インドネシアブルネイアセアンフィリピンスイスベトナムインドペルーオーストラリアモンゴル
2.5 23.83.15.15.110.2

では、実際の輸入状況を確認してみましょう。表の上から輸入数量が多い順になっています。イタリアや中国製品については、WTO協定税率の14%が適用されますが、実際の輸入数量では一位、二位になっています。三番のベトナム、六番のインドネシアは、関税上のメリットが受けられる協定国になります。

このように表を順番に見ていくと、インドネシア産の革製ハンドバッグだけ突出して安いことがわかります。したがって、4202.21.110の革製ハンドバッグを輸入するときは、インドネシアから探すことをお勧めします。(価格上のメリット)

一個当たりに換算1キロあたりに換算
イタリア¥63,896¥79,099
中華人民共和国¥10,510¥14,197
ベトナム¥10,499¥11,154
ブルガリア¥11,437¥24,357
フランス¥219,374¥272,622
インドネシア¥7,095¥7,681
トルコ¥17,983¥18,613
ルーマニア¥16,652¥27,110
スペイン¥68,958¥103,724
チュニジア¥17,880¥22,173
フィリピン¥9,676¥12,395
ポルトガル¥15,437¥27,093
タイ¥17,696¥20,002
大韓民国¥13,738¥18,500
インド¥15,696¥17,012
ハンガリー¥26,592¥41,155
ミャンマー¥16,917¥13,533
マレーシア¥20,800¥14,857
モルドバ¥48,833¥73,250
ドイツ¥230,000¥460,000

革製のハンドバッグ2(4202.21.210)

先ほどのハンドバッグは、豪華な装飾が施されていることが条件でした。「HSコード:4202.21.210」に分類されるバッグは、いわゆる「何の装飾もない一般的な革製の物」です。2017年3月現在の関税率は以下の通りです。*EPA税率(薄い緑部分)は毎年下がっていくため、これらの関税率は変動するとお考えください。

特徴としては、先ほどのバッグと変わらず、特別特恵やメキシコ、マレーシア製品などが関税無税で輸入できます。

基本暫定WTO特恵特別特恵シンガポールメキシコマレーシアチリタイ
10 8 無
インドネシアブルネイアセアンフィリピンスイスベトナムインドペルーオーストラリアモンゴル
 無1.51.2 2.21.7 2.92.95.8 7

実際の輸入状況は、以下の通りです。やはり相変わらず中国製品が圧倒的ですね。その下をベトナムが続きます。「HSコード:4202.21.210」に分類される製品は、最初に解説した革製バッグよりも低額です。そのため、発展途上国の製品がランキングの上位に並んでいることがわかります。価格だけで判断をすると、インドネシア、バングラデッシュ、ラオスなどがねらい目であることがわかります。

インドネシアは「日インドネシアEPA」を適用すれば関税無税です。ラオス・バングラデッシュは、特別特恵国に指定されているため、何の手続きも不要で関税無税で輸入ができます。

1個あたりの換算料金1kgあたりの換算料金
中華人民共和国¥5,228¥8,387
ベトナム¥9,879¥13,244
イタリア¥31,590¥40,179
フィリピン¥8,661¥13,787
インドネシア¥3,842¥5,618
フランス¥223,786¥227,078
インド¥6,348¥10,350
バングラデシュ¥3,508¥4,720
タイ¥6,328¥12,821
スペイン¥61,300¥76,236
ミャンマー¥10,052¥19,364
ラオス¥3,814¥6,453
ブルガリア¥14,023¥23,392
ルーマニア¥20,475¥30,302
トルコ¥18,363¥28,361
ポルトガル¥14,241¥27,381
大韓民国¥16,167¥19,807
モロッコ¥11,656¥19,600
チュニジア¥14,363¥24,861
アメリカ合衆国¥11,250¥26,973

ハンドバッグの輸入ビジネスのまとめ

日本輸入する商品のうち、革製品については高額な関税がかかります。そのため、これらの商品を輸入するビジネスを考える場合、どのようにして関税を安くするのかを考えることが重要です。関税を安くするためのポイントは、特恵関税やEPA(経済連携協定)にあります。これらの制度をしっかりと理解した上で、輸入時に支払う関税が最小になるに検討しましょう。

また、海外の仕入れ先を見つけるときは、現状の輸入状況を丹念に調べることが大切です。その製品は「どこから来ていて、どれくらいの価格で入っているのか」を把握しておきます。これを行うと、ある程度、国の選定などができるため、仕入れ先の検討をよりスムーズに行えます。

2つのポイント:関税を安くする制度は使えないのか? それは、どこの国からどれくらいの値段で輸入されているのか?
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]



hunade

\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました