インドネシア/ジャカルタの宝石市場 ヒスイなどの購入に便利!

この記事は約3分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    インドネシア/ジャカルタの東側「Jatinegara Station」の近くには、巨大な宝石市場(Jakarta Gems Center)があります。この記事では、ジャカルタの宝石市場の場所と市場内の写真をご紹介します。

    ジャカルタの宝石市場

    ジャカルタと東ジャカルタの近くには、宝石商が軒を連ねた市場があります。市場というより、巨大な建物の中に小さな商店が軒を連ねるイメージです。下の写真がその宝石市場です。外観が黄色で、かなり目立つため、すぐに見つけられるかと思います。

    Jakarta Gems Center

    ヒスイからダイヤまで実に様々な商品が販売されています。小さな商店がいくつも並んでおり、お店ごとに特徴があります。

    Jakarta Gems Center

    宝石市場を階層別にみると….

    一階は、きれいな石(サファイヤ?)やそれをはめ込むための指輪の型など

    二階は、ゴールド関連の商品

    三階は、地元向けフードコート

    の構成です。ワンフロアは非常に大きく、一階から少しずつ確認していき、二階に行くようにした方が良いです。

    Jakarta Gems Center

    Jakarta Gems Center

    市場内は熱気がすごいです。熱中症にならないように、水分補給に気を付けてください。フロアが非常に広く、様々な商店が所狭しと並んでいます。

    Jakarta Gems Center

    Jakarta Gems Center

    Jakarta Gems Center

    Jakarta Gems Center

    例えば、ヒスイであれば、500円ほどで販売されています。

    Jakarta Gems Center

    Jakarta Gems Center

    Jakarta Gems Center

    Jakarta Gems Center

    なんと、宝石を研磨する方々もいらっしゃいます。

    Jakarta Gems Center

    疲れたら市場内にある地元向けの足つぼマッサージを受けてみましょう!30分で250円ほどで格安です!しかも、かなり本格的なツボ押しのため、悶絶します。

    Jakarta Gems Center

    注意点とビジネスモデル例

    市場内の商品は、良い意味でも悪い意味でも自由です。そのため、この市場内で販売されている商品には「偽物」が混じっている可能性があります。ある店員は「サファイヤ」と言った。しかし、実際は、それに似せた「フェイク品」だった。というケースが十分に考えられます。もし、こちらの宝石市場に行くときは、ある程度、宝石について勉強をするか、宝石の知識がある人に指導を受けながら周った方がよさそうです。

    また、この市場内には、宝石を研磨して、希望の完成品に仕上げるサービスもあります。この仕組みをうまく使えば、安いヒスイを場内で手に入れた後、インドネシアの安い人件費を利用して、完成品に仕上げるビジネスモデルを作れます。いわゆるファブレスメーカーのようなポジションで受注して、それを市場内の業者に依頼して仕上げるモデルです。ファブレスメーカーときくと、事業規模がある程度、要求されますが、この形であれば、小さなオーダーでもモデルを作れそうです。

    ポイントは….

    • 場内で本物を調達する目利き力
    • 調達した物を日本側のニーズに合わせて加工する力(指示する力)

    だと思います。ぜひ、様々な方向から、宝石市場の活用を考えてみてください。単なる転売であれば、市場が見つけられた瞬間に、ライバル企業との勝負に至ります。しかし、そこに上記2つの力が組み合わされれば、他の方がマネしずらい商売が出来上がるはずです。

    市場の場所

    インドネシアで宝石を探している方は、こちらの市場をのぞいてみましょう!

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました