海外へのお土産として果物を持ち出す方法

この記事は約6分で読めます。

海外へのお土産として「果物」を持ち出したいとき、どのような手続きが必要なのでしょうか。果物というと何かと難しい手続きが必要な気がします。実は、海外へ果物を持ち出す場合は「持ち出す国」「持ち出す果物」によって細かくルールがあります。

例えば、アメリカ、オーストラリアへの持ち出しは、精米と緑茶のみが許可されています。これ以外の物は持ち出せません。他方、タイであれば、輸出検査に合格すれば「りんごや日本梨」など、およそ14種類の果物を持ち出せます。持ち出す果物、持ち出す先の国により、輸出条件が大きく変わります。

そこで、この記事では、日本の果物を海外へ持ち出す場合に確認すべき「輸出ができる国」「輸出ができる果物」などを国ごとにご紹介をします。海外から日本に果物を持ち込むときは「ゼロから覚える植物の輸入ビジネス」の記事をご覧ください。

日本の果物を海外へ持ち出すには?

日本の果物を海外へ持ち出す場合は、以下の三点を確認します。

  1. 日本の果物を持ち出せる「国」なの?
  2. 持ち出せる「果物」なの?
  3. 持ち出しに「検査」は必要?

1.持ち出すことができる「国」なの?

日本の果物を相手国に持ち出せるのかは、お互いの国で決められている植物に関するルールに基づきます。この相互ルールが確立していない国の果物は、持ち出しも持ち込みもできないです。

2.持ち出せる「果物」なの?

相互ルールにより、持ち出せる国であっても、持ち出せる「果物」にも規制があります。

例えば、日本とA国との間には、植物に関する相互の決まりがあるとします。この場合も日本の全ての果物の持ち込みを許可しているわけではなく、スイカ、メロン、梨は持ち込み可能。しかし、ぶどうは持ち込み禁止などと指定されています。持ち込み禁止は、国と合わせて果物ごとにも細かく設定されています。

3.持ち出すには「輸出検査」が必要なの?

日本の果物を持ち込める国であっても「日本側で輸出検査に合格していること」を条件とする国もあります。この場合は、各地の空港内にある動植物カウンターで検査を受けて合格をしてから持ち出す必要があります。

この1~3の観点で、植物防疫所が公開する「輸出入条件の早見表」と照らし合わせて確認します。この結果、日本から果物を持ち出せるのか?がわかります。

参考例:持ち出す国→香港、持ち出す品→唐辛子

早見表を確認すると「◎」です。これは、植物検疫証明書なしで輸出ができます。

空港での手続き / 搭乗までの流れは?

実際に早見表で確認OK。当日における空港での流れを確認しておきましょう。

  1. 空港にある動植物検疫カンターに出向く
  2. 搭乗手続き
  3. 税関手続き
  4. 出国
  5. 搭乗

通常の空港での手続きと違いはありません。大きく異なるのは、1番の動植物検疫カウンターです。このカウンターは、肉類や植物類を海外に持ち出すときに手続きをする専用のカウンターです。果物を持ち出す場合も、出国時にこのカウンターで手続きをします。植物検疫カウンターは、次の流れです。1~3とありますが、意外にすぐに終わります。

  1. 輸出検査申請書の記入
  2. 輸出検査を受ける。
  3. 植物検疫証明書が発行される。

参考情報:海外へ持ち出せる果物リスト

こちらの表を見るだけで持ち出しができる国、果物(野菜含む)、輸出検疫の有無を確認できます。赤文字なっている物は、別に何らかの規制がある品目です。

 国/地域 輸出検査不要で持ち出しができる品目 輸出検査+合格で持ち出し可能な品目
台湾  精米、玄米、緑茶  キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、カンショ、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶
香港、シンガポール、アラブ首長国連邦  カキ、キウイフルーツ、サクランボ、日本ナシ、西洋ナシ、ビワ、ブドウ、ウンシュミカン、モモ、りんご、イチゴ、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、トウガラシ、トマト、ピーマン、メロン、キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶
マレーシア カキ、キウイフルーツ、サクランボ、日本ナシ、西洋ナシ、ビワ、ブドウ、モモ、りんご、イチゴ、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、トウガラシ、トマト、ピーマン、メロン、キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶
 タイ カキ、キウイフルーツ、サクランボ、日本ナシ、西洋ナシ、ブドウ、モモ、りんご、イチゴ、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、トウガラシ、トマト、ピーマン、メロン、キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶
インドネシア カキ、キウイフルーツ、サクランボ、日本ナシ、西洋ナシ、ビワ、ブドウ、ウンシュミカン、モモ、りんご、イチゴ、かぼちゃきゅうり、スイカ、トウガラシ、トマト、ポーマン、メロン、キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶
欧州連合(EU) キウイフルーツビワ、ブドウ、イチゴ、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、トマト、メロンキャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶 カキ、サクランボ、日本ナシ、西洋ナシ、ウンシュミカン、モモ、りんご、トウガラシ、ピーマン
スイス キウイフルーツ、ビワ、ブドウ、イチゴ、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、トウガラシ、トマト、ピーマン、メロン

キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶

カキ、日本なし、西洋ナシ、ウンシュウミカン、りんご
ロシア カキ、キウイフルーツ、サクランボ、日本ナシ、西洋ナシ、ビワ、ブドウ、ウンシュミカン、モモ、りんご、イチゴ、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、トウガラシ、トマト、ピーマン、メロン、キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶
米国、オーストラリア、ニュージーランド  ショウガ、精米、玄米、緑茶
カナダ カキ、キウイフルーツ、ビワ、ウンシュミカン、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、メロン、キャベツ、ネギ、

カンショ、ショウガ、ダイコン、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶

 ブドウ、ピーマン、タマネギ、トウガラシ、ネギ
ブラジル  精米、緑茶
ノルウェー カキ、キウイフルーツ、ビワ、かぼちゃ、きゅうり、スイカ、トウガラシ、ピーマンキャベツ、ネギ、ミョウガ、ショウガ、ダイコン、ナガイモ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶 サクランボ、日本ナシ、西洋ナシ、ブドウ、ウンシュミカン、モモ、りんご、イチゴ、トウガラシ、トマト、メロン、レタス、タマネギ
チリ 精米、緑茶
中国 緑茶
韓国  カキ、キウイフルーツ、さくらんぼ、ブドウ、イチゴ、カボチャ、トマト、メロン、キャベツ、ネギ、ミョウガ、レタス、ショウガ、ダイコン、タマネギ、ニンジン、ワサビ、精米、玄米、緑茶  ウンシュウミカン、ナガイモ

まとめ

日本の果物や野菜は、高品質であり、味だけでいうとかなりの競争力を持っています。問題はコストであり、これを解決すれば、大きな飛躍ができる産業であると言えます。今回の記事では、日本の農産物をお土産として海外へ持ち出す方法をご紹介しました。持ち出せる国、果物は細かいルールがあり、必ず早見表などの資料を事前に読み込み必要があります。国によっては、または果物によっては、別の規制を受けている可能性も十分にあるからです。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

[スポンサードリンク]



Translate »
タイトルとURLをコピーしました