食品を輸入するときに食品検疫所にチェックされるポイント

この記事は約6分で読めます。

外国の食品を輸入するときは、食品衛生法(食品の安全性を保つための法律)により「日本へ輸入しても問題ない食品なのか」が審査されます。審査でチェックされる項目は、どこの国から、どのような物を輸入するのかによって異なるため、各地の食品検疫所に事前相談することをお勧めします。これは、あなたが利用している通関業者などに尋ねるより、早くて確実な方法です。

ただし、まったく事前準備がない状況で食品検疫所に相談をお願いしても、得られる情報が少なくなってしまいます。そこで、食品検疫所に事前相談をする前に「食品検査は、どのような観点で審査されるのか?」を簡単な表にまとめてみました。

食品を輸入するときにチェックされるポイント

食品全般でチェックされる主なポイントは「使用している添加物」と、「規格基準への合致」です。通常、加工食品などには、添加物が含まれています。この添加物には、天然由来の物、指定成分の物、禁止成分の物などに分けられており、輸入しようとする食品は、どこに該当する添加物が含まれているのかがポイントになります。

例えば「禁止成分に該当する添加物」が含まれていると、その時点で輸入ができない食品になります。また、薬効成分の指定がされている物も「薬機法」の対象になり、ほぼ輸入できないと考えた方が良いです。添加物は、外国で認められているけれど、日本では認められていない物もたくさんあります。つまり、外国で商品として流通している物であっても、日本では禁止対象になる商品もあるため、十分に注意が必要です。

特定の食品については「規格基準」など決められています。(清涼飲料水や食肉製品など)規格基準が設定されている食品は、この基準に適合した物であることが絶対的な条件になります。規格基準から外れている物は、輸入することができません。以上の2点からまずは、輸入する食品の「成分リスト」を取り寄せることが必要です。

ポイント:まずは、あなたが輸入しようとしている食品の成分リストを作ることからスタートします。

食品を輸入するときのチェックポイントまとめ

食品全般に適用されるポイント以外にも個別の品目種別ごとに重点的にチェックされるものがあります。

例えば、農産品全般であれば「残留農薬」「遺伝子組み換え」「カビ」などが大きなポイントです。残留農薬であれば、禁止されている農薬が使われていないのか? 認められている農薬であっても基準以下(0.01ppm)に抑えらえているのかが問われます。そのため、農産物を仕入れるときは、事前に相手国の生産者などと農薬の使用に関するルールを決めておくなどの工夫が必要になります。

農産品以外にもよくあるのが健康食品(サプリメント含む)の輸入です。サプリメントを輸入するときは、サプリメントの中に「薬効成分」が含まれていないのか?が重点的にチェックされます。輸入するサプリメントが「食べ物としての取り扱いを受けるのか? それとも薬としての取り扱いを受けるのか?」のかが重要になります。もし、薬であると判断されると、該当するサプリメントは輸入禁止です。

hunadeのサービス

では、事前に食べ物か、薬かの判断は、どのように行えばいいのでしょうか。これを行うときは、まずはサプリメントに含まれる原材料リストをすべて取り寄せます。このサプリメントの原材料リストと、食薬区分リストを照合して、薬効成分の指定を受けている成分が含まれていないのかを確認するようにします。

このように、食品を輸入するときは、輸入する商品ごとに細かい作業が必要になります。もし、実際に輸入を検討するときは、必ず各地にある食品検疫所に相談をして、どのような書類を用意した方が良いのかを事前相談するようにしましょう!

主な観点 対象製品例 ワンポイント
食品全般に適用される観点 有害・有毒物質の含有
腐敗していないか?
微生物による汚染
指定外添加物の使用 添加物は、自然由来の成分、禁止されている成分、許容範囲の成分の3つに分類されます。
使用可能な添加物の規定量以下
規格基準にあっているのか? 清涼飲料水、食肉製品、冷凍製品など 食品の内、ある一定の物については、具体的な成分規格が決まっています。
農産物やその加工品における観点 アフラトキシン、パツリンなどのカビ毒 穀類、豆類、香辛料、ぶどうジュース等
有害植物による自然物の除去 シアン配糖体 未熟な果物に含まれていることがあります。
放射性物質汚染 きのこ、ベリー類濃縮品、ハーブなど キノコ類は、放射性物質を貯めこみやすい農産物です。
O157などの微生物の有無 生食用の野菜
残留農薬 仕入れ先と打ち合わせを行い、日本で禁止されている農薬使用をやめてもらったり、使用回数の削減をしてもらったりします。
遺伝子組み換え食品 とうもろこしなど
品質や鮮度などを誤認させる添加物の使用 生野菜 何らかの添加物をつけることにより、品質が悪い物を「良い物」にみせかけていないのかがチェックされます。
畜産物やその加工品における観点 0157などの大腸菌
放射性物質 トナカイ肉、ビーフエキス 生産している場所が汚染地域でないことお
衛生証明書の不備 食肉、食肉製品一般
狂牛病 狂牛病が発生している国や地域の肉ではないこと 狂牛病は、家畜伝染予防法にも関係してきます。仕入れる所が狂牛病発生地域であるのかを確認します。洗浄国と非洗浄国とは?狂牛病の発生状況とは?
動物の残留農薬、医薬品、添加物の使用状況は大丈夫か?
品質や鮮度を誤認させる添加物の使用 着色など
水産物における観点 腸炎ビブリオなどの病原体の有無
生食用かきの成分規格と加工基準を満たすのか?
貝毒の有無 貝類
有毒フグの混入 輸入が認めれている種類であるのか?
シガテラなどの毒魚ではないか? ハタ、ブダイ、カマス
ヒスタミン アレルギー症状の原因になる物質
健康食品における観点 医薬成分の含有 サプリメントを輸入する人はチェック!そのサプリメントの中に「医薬品成分」が含まれていると輸入はできません。サプリメントは、単なる食品であることが大前提です。
添加物における観点 指定外添加物ではないか?
規格基準に適合しているのか?
器具、容器、包装、おもちゃ 規格に適合しているのか? 対象年齢にも注意 口に入れる可能性がある物が対象になります。食器、ぬいぐるみ、幼児用具、容器、包装などです。

*上記の表は、厚生省のホームページを参考にして作成しました。

検査の参考例

食品の輸入検査でチェックされる内容

抗菌性物質 抗生物質、合成抗菌剤、ホルモン剤
残留農薬 有機リン系、有機塩素系、カーバメイト系、ピレスロイド系
添加物 保存料、着色料、甘味料、酸化防止剤、防ばい剤
病原性微生物 O26,O103,O104,O111,O121,O145,O157
成分規格 成分規格で決められている項目に合致しているのか?
カビ等 アフラトキシン、デオキシニバレノール、パツリン
遺伝子組み換え食品 安全性が確認されていない遺伝子組み換え食品
放射線照射 放射線の有無

関連記事:輸入できないときのリスクを考えていますか?積戻しと滅却処分

まとめ

食品を輸入するときは、どのような観点で食品検疫所の審査を受けるのかをご紹介してきました。審査される内容は、輸入する食品ごとに細かく決められていますが、大きく分けると、次の3つです。「1.禁止されている添加物が配合されていないのか?」「2.薬効成分が含まれていないのか?」「3.カビ、残留農薬、遺伝子組み換えが決まり通りか?」です。そのため、まずは輸入する食品の原材料リストを取り寄せることからスタートします。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]


通関代行・対比表作成支援、輸送見積もり等
お問い合わせはこちら!
タイトルとURLをコピーしました