【食品を製造する機械の輸入】申請の注意点、必要書類等を解説!

この記事は約5分で読めます。

輸入相談

種別積み地揚げ地品目輸送モード
個人レムチャバン横浜コーヒー生豆 300kg海上輸送
法人上海浜松/静岡マグネット 100kgLCL
個人東京香港クラフトビール 1トン航空輸送
個人レムチャバン横浜コーヒー生豆 300kg海上輸送
法人上海浜松/静岡マグネット 100kgLCL
個人東京香港クラフトビール 1トン航空輸送

>>他の見積もり依頼例

海外から食品の製造装置を輸入。日本で製造装置を使い、食品を製造&販売するビジネスを検討している方もいらっしゃるでしょう。食品製造装置を輸入する場合は、食品衛生法が関係します。

ここでは、食品製造装置にかかる食品衛生法の知識をご紹介していきます。

関連:知識ゼロからの食品の輸入手続き

食品の製造装置の輸入

アリババ等のサイトを見ると、様々な食品製造装置がありますね!

例えば、クラフトビールの醸造装置

アリババ

@画像引用元:アリババ

どら焼き?パンケーキ?の製造装置

食品 機械 輸入

@画像引用元:アリババ

もう少し一般的な物なら、こういう商品も食品衛生法が関係します。

アリババ

@画像引用元:アリババ

 

これら食品を製造・調理する器具を輸入する場合、どのような基準で食品衛生法に該当するのか?を判断すればいいのでしょうか?

 

食品申請のポイントは”触れる部分”の有無 食品申請が不要なケース

食品衛生法は、口に入る食べ物等を規制する法律です。そして、この食べ物と直接、触れる部分がある機械も食品衛生法の対象です。逆にいうと、食品と接する部分がないように調理器具を工夫することで、食品衛生法に該当しない形で輸入できます。

食品衛生法(食品申請)から除外される可能性があるパターン
  • 食品が触れる部分を国内調達する。
  • トレイ等を介し、直接食品にふれないようにする。

具体的な品目は….

  • バーベキュ―コンロ:焼き網は国内調達する
  • ベーカリーオーブン:トレイにパン生地を載せて焼く、トレイは付属していない

などです。上記の条件を満たせば、食品届は不要で輸入ができます。

直接、食べ物に触れる部分が食品検疫の対象です!

食品製造機械を輸入するときに必要な情報と書類

食品製造機械を輸入するときは、次の情報等を確認できる資料を用意し、最寄りの食品検疫所に提出します。ここで食品検疫を受けて「食品届出済証」をもらいます。なお、一般的には、輸入者が必要な資料等を用意し、申請部分は、通関業者が代行します。

食品製造装置の食品申請で必要な資料例
  • 製造者名、住所
  • 製造所名、住所
  • 食品に触れる部分の材質
  • 製品の写真、カタログなど
  • 材質・色が確認できる資料(パーツリスト)
  • 食品が触れる部分の材質名を確認できる資料
  • ※食品に触れる部分(部品)を明示
各資料は輸入者が用意するべき物

*勘違い注意

  • 書類の準備・情報の取得や交渉=輸入者のするべきこと
  • 実際の輸送や通関等=上記の準備された書類を基に通関業者等が行う。

輸送の様々な準備は、輸入者自身が行います。難しい場合は、「【有料】ゼロイチコンサルサービス」をご検討ください。

 

提出資料はこの点に注意する!

食品検疫所に提出する資料は、輸入品目と紐付けできるよう、商品名(輸入時の英語品名)が明記されたものを準備します。各種資料は、現地国の製造者から入手し、作成者の役職名や署名等がされた物が必要です。(社名入りのレターヘッド付きに書面に記載されたものが望ましい。)

もし、書類等が英語以外で記載されている場合は、日本語訳を用意し、輸入者の社印を押します。

食品製造機械における食品分析の成分

食品製造装置の食品分析では、特に以下、3つの成分分析が必要です。

  • ゴム(例:ビール醸造用の樽等にも使われている)
  • プラスチック
  • 鉛を含有する金属

情報元:厚生労働省

食品製造装置で重点的にチェックされるポイント

  1. 装置の構造上で鋼や鉛が削り取られ食品に混入する恐れがない事
  2. ゴム、プラスチック等の部分からの鉛等の有害成分が検出されない事

情報元:大阪食品検疫所

機械類の食品分析について

食品製造装置を輸入する場合は、輸入時に組み上げた状態だと、該当部品を抜き取ることが難しいです。そのため、部品のみを先行して送付&分析。その後、機関本体を輸送するのが一般的です。いずれにしろ、輸入を実行する前に、色々と食品検疫所と打ち合わせをすることが大切です。

その他、食品製造装置の食品分析に関するポイントは、次の通りです。

  1. 機械ごと分析することはできないので、使用される部品単位で分析する。
  2. 同一素材の部品はまとめて1件の分析とすることができる。
  3. 色違いの同一部品は別物として扱う。
  4. 分析は外国の公的検査機関でも受けられる。

多くの食品機械は食品に触れる部分の材質はSUSのみです。この場合は、特に問題がありませんので即許可となります。本当に簡単です。

参考情報:最終輸入コストをしっかりと計算しよう!

例えば、アリババ等で食品製造装置一式があるとしましょう。アリババ内に記載されている価格には、国際送料が含まれていないことが多いため、十分に注意しましょう。

例えば、引き渡しは、工場で行う「EXW」であったり、中国側の最寄り港で行う「FOB」であったりします。売り手側の都合によっては、日本の港までつける「CIF」での契約もあります。インコタームズによって、最終的に支払う価格が変わるため注意しましょう。

もし、相手がEXWやFCA又はFOB等を指定してきたから、この場合は、自分で国際輸送を手配します。これを生業にするのがフォワーダーです。

まとめ

  • 食品製造装置は、直接、食品にふれる部分が食品分析の対象
  • 装置の構造上、鉛などが削られないか?
  • ゴムやプラスチック部分から、有害な成分が検出されないのか?
  • 食品分析は、部分単位で行う。
  • 同一素材の部品はまとめて一件とする。
  • 単なる色違い場合は、同一とみなす。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

HUNADEがオススメするサービス!

転送サービス

【スポンサードリンク】


輸入相談

種別積み地揚げ地品目輸送モード
法人横浜プログレッソ大型家具FCL
法人上海浜松/静岡マグネット 100kgLCL
法人東京モンパサ防カビ剤 400kg海上輸送
法人横浜プログレッソ大型家具FCL
法人上海浜松/静岡マグネット 100kgLCL
法人東京モンパサ防カビ剤 400kg海上輸送

>>他の見積もり例


国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
\ 通関代行、国際輸送の見積もり依頼受付中 /
お問い合わせ・見積依頼はこちら!
タイトルとURLをコピーしました