貿易書類(EPA関連資料含)のダウンロード

貿易書類 ひな形海外出張/貿易サービス
この記事は約2分で読めます。

貿易関連資料のテンプレート(サプライヤー証明書など)を配布しています。ご自由にお使いください。なお、書類の二次配布は、気分が悪くなりますのでおやめください。

貿易ビジネスで必要な書類

通関時に必要な資料

輸入通関依頼書

特定原産地証明書(EPA関連)で必要な書類

こちらでは、特定原産地証明書を取るときに用意するワークシートと、関連する証明書類のひな形をダウンロードできます。なお、日本商工会議所が公開している書式については、日本商工会議所の該当ページからダウンロードをお願いします。また、こちらの書類は、経済産業省が公開する「EPAの保存すべき資料の例示」を基に作成しています。証明者の状況により資料に過不足が発生する可能性があります。

留意点:日本商工会議所へ原産資料を出すときの注意点

特定原産地証明書に関係する書類一覧

書類名カテゴリ関連記事
サプライヤー証明書
原産判定書
A、B、Cサプライヤー証明書の書き方
対比表(原産材料のみ)B原産材料のみの証明書
委託生産しているときの書類B、C委託生産者とは?
対比表(CTC/僅少/VA対応)CCTCルールとは?

僅少(デミニマス)とは?

VAルールとは?

CTC/僅少 材料原価計算書
VAルールワークシート
製造工程フロー図
総部品表・原材料表(CTC&VA)

証明書類のカテゴリ

商品は、カテゴリA~Cの間のいずれかに分類されます。それぞれの意味は、下の通りです。

  • カテゴリA=完全生産品 / 域内(日本と相手国)でとれた一次産品(農林水産物、鉱物、鉄のスクラップなど)
  • カテゴリB=原産材料のみで製造した品 / 域内(日本と相手国)の材料のみを使った産品 一次材料と二次材料の考え方にも注意
  • カテゴリB=非原産材料を使って製造した品 / 域外(日本と相手国以外の国)の材料を使って製造した品が該当。

日本商工会議所が配布する資料

  • 農林産品に係る生産証明書
  • 農林産加工品に係る製造証明書
  • 漁獲・養殖証明書
  • 加工証明書

公開ページ(日本商工会議所)

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました