輸入通関 虎の巻 よくある疑問と答えを徹底解説!

輸入通関 虎の巻輸入ビジネス

海外の荷物を日本に入れることを輸入といいます。そして、この輸入をするときは、税関の許可が必要です。この記事では、輸入通関のよくある疑問と答えをご紹介していきます。なお、およそ10000文字で構成しているため、興味がある項目のみをご覧ください。

輸入通関の疑問集・あやふやな部分をクリアにする!

HUNADEからのお知らせ

  1. この記事は、随時情報を追記していきます。
  2. ブックマーク登録又は、お気に入り登録をお勧めします。
  3. 輸入通関に関する質問は「解説希望りクエスト」として受け付けます。
  4. 個人輸入通関の依頼→お受けします。
  5. 通関の専門家による電話相談→先払い×30分11,000円(税込み)

>>HUNADE各種サービスの申し込み先(文章末)

この記事の利用方法

この記事は、輸入通関に関する様々な疑問に応えるように「Q&A風」に記載しています。上から順番にご覧いただくのも良いですし、見たいところだけ確認されても良いと思います。記事の右側サイドバー(PC限定)は、この記事内のリンクを並べています。よろしければ、ご活用ください。

各Q&Aの大分類は、次の6つです。

1.輸入通関の基本知識
2.輸入申告実務関連
3.関税・消費税関係
4.関税減免(安くする仕組み)
5.特殊な用語
6.貿易関連用語

輸入通関の基本知識

輸入通関とは?

関税法の規定では、輸入とは「日本国内に貨物を引き取る行為」とされています。また、輸入する者が「納税義務者」となり、貨物に関わる関税などを支払う義務があるとも記載されています。(根拠:関税法6条

輸入者は、貨物を引き取るときに税関に「○○を輸入したいので許可を下さい」と申告。この結果、貨物を引き取れるのかどうかが決まります。

輸入申告→ 審査 →納税 →許可 →貨物の引き取り

上記、一連の行為を「輸入通関」といいます。

(納税義務者)
第六条 関税は、この法律又は関税定率法その他関税に関する法律に別段の規定がある場合を除く外、貨物を輸入する者が、これを納める義務がある。

引用:関税法6条

輸入者の定義? 納税義務は?

基本、輸入者は、B/L等に記載される「荷受人(コンサイニー・consignee)」です。そして、この荷受人が納税義務者です。ただし、バイヤーズコンソリ等のサービスを実現するために、フォワーダー等が輸入者となったり、保税転売により第三者が輸入者(納税者)になったりすることもあります。

例えば、保税転売を考えてみましょう。保税転売とは、日本に貨物が到着した後、日本国内に貨物を引き取らないまま(保税地に保管されている状態)、第三者に転売することです。

関税法では、納税義務者を「日本国内に貨物を引き取る者」と定義しています。この場合の引き取るとは、日本税関の管理下から離れることです。(保税地域等から貨物を引き取る行為)

  1. Aが日本保税地域まで輸入(輸送)
  2. 保税状態でAがBに転売
  3. Bが保税地域から貨物を引き取る=輸入者の扱い。
  4. Bに納税義務が発生

ポイント:貨物を日本まで持ってきた人=必ず納税義務者にはならない。

通関は誰ができますか?

通関は、ご自身の貨物をご自身で行う分には、誰でもできます。(無届・無資格・無許可でOK)。一方、他人の物を有償・無償問わず代行するには、通関業の許可を持つ「通関業者(通関業の許可を有する事業者)」しかできません。無許可で輸入通関すると、厳しく罰せられます。

例えば….

  • 個人の方が自分の荷物を輸入通関する→ OK
  • 会社の従業員が自社の貨物を輸入通関する→ OK
  • 他人の貨物を輸入通関する→ NG(通関業の許可が必要)

なお、ご自身の貨物を輸入通関する方法は「実践・自社通関記事」で紹介しています。また、弊社では「自社通関サポートサービス」も提供しています。よろしければ、ご検討下さい。

通関に必要な書類を教えてください。

輸入する商品にもよりますが、一般的には、次の書類を用意します。なお、これ以外にも必要な書類があれば、通関業者の担当者から案内がきます。(例:○○の書類が足りないなど)

  1. 委任状
  2. 税関コード(法人番号)
  3. インボイス
  4. パッキングリスト
  5. B/L
  6. アライバルノーティス
  7. 原産地証明書等(必要な場合)
  8. 貨物の補足資料

資料の詳細は、上記リンクをご確認ください。ここでは、上記の内、いくつかをピックアップして説明します。

委任状

委任状は、初めて通関業者に通関依頼をするときに必要な書類です。各通関業者ごとにフォーマットが異なり、依頼時に求められます。フォーマットは、通関業者に請求します。

税関コード

一般的には、輸入者は、輸入実績を作るために、輸入者符号(税関コード)を使い輸入申告をします。輸入実績がたまることで、税関検査の確立が下がったり、書類審査が簡素化されたりします。なお、コードは、個人事業主と法人で違います。

個人事業主の方は「税関コード」法人は「法人番号」が税関コードに該当します。

インボイス

インボイスは、輸入する商品の価格の根拠を示す書類です。通関業者は、このインボイスの価格に必要な調整をして「課税価格」を算出。この課税価格に関税率等をかけて納付するべき税額を決めます。納税額の算出に直結するため非常に重要です。

インボイスには、コマーシャルインボイスやプロフォーマインボイスがあります。プロフォーマとは「仮のインボイス」であるため、輸入通関には使用できません。必ずコマーシャルインボイスを用意します。

補足資料

補足資料とは、税関が貨物の内容を理解しやすいように添付する資料です。

例えば、商品写真が掲載されているカタログ。ウェブサイトのキャプチャ画像などです。この補足資料を充実させることが税関検査の確立を少しでも下げることにつながります。

輸入通関の費用は?(通関手数や代行手数料など)

輸入通関の費用は、通関手数料の11,800円の他、取り扱い料金や税関検査立会料など様々です。また、通関費用に関係する言葉に「大額」「少額」「葉」「件」「欄数」などがあります。この辺りは、すべて「通関費用の解説記事」で公開しています。

ちなみに、輸入通関に関わる費用の消費税は、輸入許可は免税。許可の費用は課税です。

>>HUNADE各種サービスの申し込み先(文章末)

輸入通関とインコタームズ の関係は?

インコタームズは、売り手と買い手が「すること」を明確にするものです。このすることの一つに「輸入通関」があります。各インコタームズでは、輸入通関の部分を次のように定義しています。

インコタームズ

通関に要する日数、時間、休日は?

通関の所要日数は、コンテナ輸送かLCL輸送。税関検査の有無、ホットサービス等、港の混雑具合等に影響されます。仮に、輸入実績がある場合(区分一の簡易審査扱い)は、次の日程が一般的です。

  • FCL=入港日(ETA)の翌日又は翌々日に貨物をピックアップ
  • LCL=入港日(ETA)の翌々日又はさらに+一日で貨物をピックアップ

税関の通関時間等は、手続き等を踏めば、比較的開いています。ただし、輸入許可を取ってもコンテナヤードや倉庫等が土日休みの所が多いため注意が必要です。通関関連の休日(土日、年末年始など)や営業時間は、税関と連動していると考えればいいです。

輸入手続きの流れ(フロー図)は?

輸入通関の流れは、輸入方法や輸送方法でも違います。以下は、代表的な輸入例と流れです。

  1. 一般的な商業輸入
  2. クーリエ&国際郵便
  3. ハンドキャリー
一般的な商業輸入(コンテナやLCL等)
    1. 通関業者に必要な書類を送付する。
    2. 通関業者は、書類チェック後、税関に予備申告する。
    3. D/Oの処理を完了させておく。
    4. 本船が入港する。コンテナヤードに貨物が下ろされる(搬入
    5. 搬入後、本申告に切り替える&必要な場合は、税関検査を受ける。
    6. 輸入許可&ヤードから貨物を引き取る。

LCL貨物の場合は、4と5の間に「デバン作業(コンテナ出し)」が入ります。

クーリエ&国際郵便

国際郵便は、万国郵便連合に基づく輸送サービス。他方、クーリエは、フェデックスなどの民間の国際輸送会社です。(公的配送サービスと民間配送サービスの違い)

国際郵便は、税関が常駐する「税関外郵出張所(国際交換局)」に荷物が集まり、そこで税関職員により課税処理が行われます。他方、クーリエは、各社の「保税地域」で貨物を荷受けして、税関に申告。輸入許可になった物を配送します。

上記は、公的配送と民間配送の違いとなりますが、仕組み的には、輸入者が一切輸入申告や納税等をすることなく荷物が届きます。(輸入者は、荷物が届いたときに、納税をします。)

ハンドキャリー(手荷物)

スーツケース等で荷物を運ぶ方法でも通関ができます。いわゆる「ハンドキャリー通関(旅具通関)」です。この場合、現地で購入した商品と書類等を照らし合わせながら、税関職員により課税処理(賦課課税方式)がなされます。(入国審査の次にある税関ブース)

その他、輸入の流れは、以下の関連記事もご覧ください。

輸入通関を早めるには?

通関を少しでも早くする方法は、国際郵便(一般小包)と一般輸入で大きく違います。一般小包の場合は、適切なインボイスを添付することが一つの方法です。これ以外はほとんどないと言えます。

一般輸入の場合は、貨物の輸送時にHDS(ホットサービス)B/Lをサレンダーにする。さらに、輸入通関を予備申告にする。または、AEO認定を受けている業者に通関依頼をするなどの方法により、少しでも早く荷物を受け取れます。

輸入前に気を付けることは?

輸入交渉時にまとめべき点はいくつかあります。特に次の3つは、重要です。

1.クレーム品質
2.日本側の輸入規制のために必要な書類
3.安全な梱包

最近の通関状況を見ると、海外から届いた貨物に大きなダメージがある物がたくさんあります。

粗悪な梱包等が主な原因です。実際、輸入後にできるのは、保険会社等への求償請求などに限られます。そのため、輸出者に対して、輸出国側での製品の品質維持と、貨物がしっかりと届くように安全な梱包を要求しましょう!

もし、輸出国側での品質を徹底的に維持したい場合は、サードパーティーのインスペクター会社もあるため、合わせて検討しましょう!

輸入申告実務関連

通関と関税の違いとは?

通関は、いわゆる「関所=税関」手続きの総称です。関税は、その関所を通過するときに、原産国や商品等に応じてかけられる税金です。なお、輸入時は、この関税の他、消費税(10%又は8%)も課税されます。

輸入通関の相談をするには?

必要な書類の有無や具体的な手続きの方法は、お取引のある通関業者に相談されると良いです。まだ、一度も輸入通関の依頼実績がない場合は、通関業協会のサイトで業者を探しましょう。もし、輸入全般の相談をしたい場合は、ミプロなどにも相談ができます。

植物、食品、何にどんな法律が関係するの?

特定の品目を輸入するには、税関の許可を受けるあたり、他機関の確認を必要とする物があります。代表的な物が食品、植物、肉類、乳製品などがあります。これを「他法令の確認」といいます。中には、ぬいぐるみなど、食品とは関係ない物も該当するため注意が必要です。

詳しくは輸出入他法令のまとめ記事をご覧ください。

個人で輸入通関代行をしてもらうには?

率直にいうと、通関業者は引き受けてくれない可能性が高いです。理由は「信用がない」からです。そして、この信用には、次の3つがあります。

  • 輸入諸税や費用をしっかりと支払うこと
  • 申告外の貨物を積んでいないこと
  • 輸入申告に誠実な対応をすること

例えば、通関業者は、荷主が間違った情報に基づき代行をすると、税関から呼び出しや事情確認等がなされます。通関業者は、荷主と二人三脚の立場であるため、このような扱いをうけます。これが通関業者が新規荷主を断る理由です。

弊社では、個人様、個人事業主様にも対応した「通関代行サポートサービス」を提供しています。よろしければ、ご利用ください。ただし、上記のリスク上の理由から、90%以上の費用を「先払い」としております。

税関で留められました。どうすればいいですか?

まずは、なぜ、留められたのか?を確認しましょう。税関等のハガキに問い合わせ先が記載されているはずです。そこに連絡をすれば、わかります。多くの場合、他法令違反の疑いです。

例えば、幼児が舐める可能性がある器具を輸入する。食品関係類の輸入。美容関連機器、化粧品などです。これらは、非常に身近な物があるがゆえに、極めて「簡単」に考えて輸入する人が多いです。

実際、税関で留められた商品を輸入する場合、各種申請作業や費用の関係から、荷物をそのまま破棄するパターンが多いです。特に食品届や薬機法関連の疑いがかけられている場合は、その可能性が高いと考えた方が良いです。

輸入=常に責任と費用が伴います。この意味を本当に理解しないと、非常に厳しい結果になると考えましょう!商売目的の輸入は、第一に「輸入規制の確認」です。これ以外にないです。

そもそもどれだけ儲かる商品だとわかっても輸入できなければ無意味ですよね? これは誰にでもわかるはずです。でも、一切、調べずに輸入を実行してしまう。ここが非常に不思議です。

貿易書類は、どうやって入手しますか?

輸入者の場合、貿易関連書類は、輸出者が作成した物を受け取ります。具体的には、次の流れで書類を受け取り処理をします。

  1. 輸出者がインボイス、パッキングリスト、原産地証明書等を用意する。
  2. 輸出者が船積みを完了する。B/Lを受け取る。
  3. 輸出者は、インボイス、パッキング、B/L等のコピーを輸入者にEメールする。
  4. 輸出者は、必要な書類の原本をEMA等で輸入者に送付する。
  5. 輸入者は、通関業者に貿易書類(コピー)を送付して、予備申告に入ってもらう。

自分で申告と通関業者を使う場合、どちらがいい?

通関にかける時間とコストを考えます。

例えば、ご自身で通関をする場合、業者に支払う通関代金等を削減できるかもしれません。しかし、輸入申告にかける時間も消費しているため、これを「コストゼロ」と考えるのはナンセンスです。基本、餅は餅屋です。

たった数万円の費用を節約するよりも、人ができることは、どんどんと外注化してしまい、儲けを最大にした方が賢明だと思います。

自分で申告する場合は、どこに申告すればいいですか?

輸入申告は、輸入する貨物が保管されている場所を管轄する税関長にします。AEO認定を受けている通関業者は、申告自由化が行われていますが、それ以外は、旧来通りです。

申告先の探し方は?

輸入貨物が到着したときに発行されるアライバルの中に「蔵置先」が書かれています。この蔵置先を基準にして、各税関に問い合わせをすれば教えてくれます。(税関のサイト内でも探せます)

輸入通関に依頼する基準は?

輸入通関を依頼する目安は、一度の輸入価格が20万円をこえるくらいからです。これは、個人使用目的、商売目的問わず共通です。もし、20万円以下であれば、簡易税率が適用されて、自動的に貨物が届きます。

輸入通関業者とのやり取りの内容は?

通関業者は、営業部と通関部に分かれている所が多いです。各荷主とのやり取りは、すべて営業部経由の所もあれば、通関士が対応等をするところもあります。通関業者とやり取りする内容には、次の物があります。

  1. 納期の打ち合わせ
  2. 書類の内容に関する質問
  3. D/O関連処理のトラブルなど

通関業者との間で、書類に関する質問や納期の打ち合わせなどが完了したら、後は、輸入許可と配送等されるのを待つだけです。

通関業者の業務範囲とは?

通関業者の基本サービスは、輸出入申告の代行です。しかしながら、これだけでは収益性が低いため、通関関連の作業を一緒に引き受けている場合が多いです。例えば、次の業務ができます。

  1. 通関代行(税関検査立会)
  2. 食品届、植物防疫法対応
  3. 国際物流の見積もり
  4. 輸入許可後の国内配送の手配

輸入後、貨物にダメージが!!

輸入後、貨物を受け取ったらダメージが会った場合は、通関業者にすぐに報告をします。おそらく、フォワーダー(輸送会社等)へのクレームノーティスと、保険会社に求償請求をします。

輸入申告の内容を間違えた場合は?

国際郵便等の荷物を受け取ったときに、税額が違うと感じたら「受け取り拒否」をすることで、税関に税額の正しさについて問い合わせができます。また、ご自身が輸入申告した物に間違いがあった場合は、修正申告、更正の請求又は、再調査の請求等も可能です。

輸入通関で多いトラブルは?

通関士歴20年以上のベテランが、現場で経験をした様々なトラブルをご紹介しています。

税関は怖いですか?

個人の申告者に対しては優しいです。他方、申告を代行する通関業者には厳しく、ネチネチと指摘することが多いです。

CIF? FOB? 輸入申告価格がよくわからない。

商品価格と申告価格(課税価格)は違います。日本の場合、輸入の申告価格を「CIF」としています。CIFとは、商品代金、保険代金、その他の加算するべき費用等の合計です。つまり、商品代金に「必要な調整」をした物が申告価格(課税価格)です。

輸入申告価格の加算要素 何を加算するの?

申告価格に加算するべき要素には、次の物があります。詳細は「評価申告」の記事をご覧ください。

  • 輸送費
  • 保険代金
  • 金型代
  • 無償の副資材など

値引きを受けていた場合は?

「一回目の取引で不良品が発生したから、二回目(今回の)のインボイスで価格を引いている。」

このような場合は「値引き前の本来の価格」が輸入申告価格です。

価格を何かと相殺値引きしている場合は?

例えば、売り手と買い手の相互で、何らかの理由により価格を相殺している場合は、相殺前の価格が輸入申告価格です。

例えば、本来貨物の代金は、10000円。AさんからBさんが購入します。Aさんは、Bさんに対して2000円の債務(払う金額)があるとしましょう。この場合は、次の通りです。

  • 相殺後の価格8000円(10000-2000)→申告価格とはできない。
  • 相殺前の価格10000円→輸入申告価格とする。
アンダーバリューとは?

関税や消費税は、課税価格を基準に計算します。そして、この課税価格を本来よりも低くして納税額を減らす行為を「アンダーバリュー」といいます。これは、脱税行為に当たるため注意しましょう。特に中国からの輸入品は、このアンダーバリューをしている可能性が高いです。

いつのレートが適用されますか?

インボイス等には「○○ドル」と、外国通貨で記載されているのが一般的です。輸入申告時は、このような外貨(ドル)を円に換算します。このときに適用するレートは、次の通りです。

「輸入申告する日が属する週の前々週における平均レート」

なんだか少し難しいですね!でも、税関のサイトを見ればわかります!

>>HUNADE各種サービスの申し込み先(文章末)

申告区分とは?

輸入申告をすると、輸入者の実績に応じた「区分」が表示されます。これは、税関が所有するナックスが輸入者の実績、申告内容等、他の荷主の申告内容との比較などから、判断した結果です。

区分は、次の3つがあり、輸入許可書に記載されています。この内、税関検査が行われるのは「区分3」と判定された輸入者又は、区分2と判定された後、区分落ちで3になった方です。

  • 区分1→ 十分な実績があるため簡易審査扱い(優等生)
  • 区分2→ 一般ピープル扱い。
  • 区分3→ 何だか怪しい人扱い

輸入許可書

セット品、無料貨物の取り扱いはどうなる?

セット品は、セットの中身がわかるようにインボイスに記載してもらいます。また、サンプル等、無料の貨物を受け取った場合は、貨物の個数、価格に関わらず、すべてインボイスに記載します。この記載が漏れると「無申告扱い」になる可能性があります。

また、サンプル品の価格は「本来の貨物の価値」を示します。

例えば、この取引では、サンプル品のお金を支払わないから「サンプル代はゼロと申告」するのは誤りです。貨物の価値はいくらなのか? それを示すのがインボイスです。

修正申告のやり方と加算税、期限

修正申告とは、納税した税額に「不足」が判明したときに、自ら修正する手続きです。修正申告はご自身でもできますし、通関業者に依頼している場合は、業者を通じて行います。修正申告の加算税は、修正の結果、増えることになった額「増差分」に応じて決まります。

例:差額の10%や差額の5%など(額や悪意等で判断)

加算税の種類は?

加算税には、以下の4種類があります。

  1. 延滞税
  2. 過少申告加算税
  3. 無申告加算税
  4. 重加算税

分割申告は可能?

一つの輸入で運んできた貨物を分割して申告できるのでしょうか?

結論としてはできます。ただし、分割するためには、費用や時間がかかります。

例えば、一般貨物と食品を一緒に運んできた。一般貨物の輸入審査は終了しているけれど、食品の審査が終わっていないから「両方とも引き取れないとき」などで分割申告を検討します。

原産国の表示義務は?中国産をUSA産でも良い?

原産国の表示は、輸入通関時に「○○の記載がいる」などと決められてはいません。問題があるのは、本来の原産国とは違う原産国が直接・又は間接的に表示されている場合です。

例えば、中国産の貨物であるのに、ダンボールには「Made in USA」と記載されているなどです。

ラベル等、箱の表示での注意点は?

ラベルや箱等での注意点には、原産国ルールの他「薬機法」などがあります。

例えば「これを飲めば痩せる」など、効果や効能を標榜することは問題です。日本では、効果や効能は、薬機法上の基準をクリアする物のみ表示が認められており、それ以外は、NGです。

この問題は女性が美容関連品を輸入するときに多いです。美容機器は、常に医療行為と隣り合わせの部分があり、表記内容には細心の注意が必要です。特に、箱やラベルなど、すべての文言を一文字一句確認することが重要です。少しでも効果等をうたっている文字があれば、その時点でアウトです。

薬機法上、問題があると判断されると、輸入者の手段は、破棄及び積戻しの二択です。もちろん、すべての責任と費用は、輸入者がとります。

具体的に輸入をするまえに、必ず税関等に確認することを強くお勧めします。

輸入関税等の延納はできますか?

担保を差し出すことにより、関税等の延納ができます。

延滞税は何パーセントですか?

延滞税は、年率7.3%です。

建値の意味が分かりません。

建値とは、価格を「立てる基準とする物」です。

税関検査の概要と費用例

税関は、申告内容に疑義がある場合、貨物の中身を検査する権限があります。いわゆる「税関検査」です。税関検査には、大型X線検査やコンテナの中身をあける検査などがあります。また、検査費用は無料です。ただし、検査には立会いや検査貨物の移動等があるため、通関業者は「税関検査代金」の名目で費用を請求しています。

特殊関係とは?

特殊関係とは、輸出者と輸入者が特別な関係があることにより、貨物の価格が適切に反映されない可能性がある場合に適用される考え方です。

例えば、輸出者が父親、輸入者が息子などです。この場合、親子関係があるため、例えば、本来の価格よりも50%も安い価格をインボイスに反映する可能性がありますね? 本来よりも安い価格で申告されると、税関としても、関税や諸税等が少なくなってしまいます。

この理由から、輸入者と輸出者との間に、特殊な関係がある場合は、インボイスなどの価格ではなく、別の方法で価格を算出するとしています。この親子関係以外にも本社と支社、株の所有等も特殊関係があるとみなされます。

詳細:特殊関係と評価申告

関税と消費税の納税方法は?

関税と消費税は、通関業者が立て替えた後、荷主に請求するパターンが多いです。その他、荷主がリアルタイム口座等を開設して、直接、荷主の口座から諸税が引き落とされる仕組みもあります。なお、国際郵便などの小包の場合は、自宅や会社で荷物を受け取るときに、税金を支払います。

薬事法(薬機法) と化粧品、サプリの関係を知りたい。

化粧品やサプリメントなどの輸入を始めたいと考える方は意外と多いです。どちらも薬機法や食品衛生法等が関係するため注意が必要です。共通点は「医薬成分が含まれるものは扱えないこと」です。

例えば、

  • サプリや化粧品の中に医薬に分類成分が含まれている…..
  • サプリには、日本で禁止されている添加物が使われている。
  • 化粧品には、ワシントン条約で規制されている○○が入っているなど

基本的に化粧品は「化粧品製造販売許可」を有する代行業者により輸入をして国内販売する方法しかないです。他方、サプリメントの場合は「単なる食べ物」であることを前提として輸入します。この場合もパッケージ等の効果や効能等を標榜することは認められていないです。

関連する可能性がある期間:食品検疫所、県庁にある薬務課、市区町村の保健所、消費者庁

化粧品の輸入で起業を考えないほうが良い3つの理由

ワシントン条約関連を教えてほしい!

ワシントン条約は、絶滅の危機にある動植物又は、動植物からの派生品の取引を規制するルールです。一般的な輸入にもワシントン条約が関係する可能性は、意外にたくさんあります。

例えば、次の貨物は、ワシントン条約とのチェックが欠かせません。詳しくはワシントン条約入門、又はワシントン条約とお土産特例の記事をご覧ください。

  • 革関連製品(財布、バッグ、その他)
  • 植物(蘭等、植物関連)
  • ○○エキス入り
  • ○○の木で作った○○など
  • 剥製

ワインの輸入通関を知りたい!

ワインを輸入するときは、関税、輸入諸税の他、酒税が発生します。また、輸入規制には「食品衛生法」などがあります。もし、関税等を削減したい場合は「EPA等」の情報収集も必要です。さらに、輸入するには「酒税免許」の取得も関係することにも留意しましょう!

ワインの輸入ビジネスのHow to
ワイン・ビール・酒の関税・酒税の計算ツール
ワインの輸入 関税・酒税はいくら?

関税・消費税関係

関税率の調べ方は?

輸入する商品の関税率は、実行関税率表で決められています。この中から最も適切な区分を見つけます。しかし、ご覧いただけるとわかる通り、非常に複雑で専門的です。そのため、実際は通関業者や事前教示制度を使い、関税を調べることが多いです。

お勧めの通関業者の見つけ方は?

こういう抽象的な言葉は不適切です。そもそも「何をもってお勧めといえるのか?」も不明確ですし、どこから、何を輸入するのか? 輸入実績はあるのか?等によっても変わります。一般的な商品のように単純な比較にはなじまないと考えます。

通関業者は、日本通関業連合会のサイトで調べられます。都道府県別に業者がリストアップされているため、輸入する貨物が到着する所で営業している業者に問い合わせをしてみましょう!

関税の計算方法を教えてください。

関税の計算方法は、次の通りです。

  • 商売目的=(商品価格+送料+保険代金+その他の加算費用)×関税率
  • 個人使用目的=(商品価格)×0.6×関税率

個人使用と商用の線引き 法人輸入との違いは?
個人輸入の関税は16666円以下はかからない?

軽減税率は適用されますか?

人の飲食用の食べ物(食品表示法の対象貨物)には、軽減税率が適用されます。

関税減免(安くする仕組み)

関税を安くするには?

輸入関税は、様々な仕組みで減免されます。減免の主な理由は、次の2つです。

  1. 日本独自の制度
  2. 協定による制度

日本独時の制度は、特恵関税特別特恵関税関税割当暫定税率、無条件免税制度、貨物破損時の減免、福祉関連品などがあります。他方、協定による免税や減税制度には、WTO協定税率EPA協定税率などです。この分野は、非常にテーマが広いため「関税入門記事」などを参考にして、深く読み進められることをお勧めします。

輸入する商品の関税額や消費税を知りたい!

関税は、輸入する産品、原産国、量、輸入のタイミングなどによって、非常に細かく分かれています。そのため、的確な関税額を算出するのは、プロであっても、多くの時間と資料が必要です。そこで、当サイトでは、簡易的な関税計算ツールを提供しています。

関税計算ツールは、商用、輸入価額、個人使用等、目的などに応じて使い分けられるように複数用意しています。ご自身の目的にあった物をお使いください。なお、こちらのツールによって、正確な関税額を算出することは難しいです。

より正確で適切な関税率を知るには、事前教示制度で「関税率の特定」をし、かつ、課税価格を正確に計算する必要があります。多くの場合は、これらの作業は、通関業者が代行します。

「無料」関税計算ツールを使いたい方

原産地証明書とは?

原産地証明書とは、貨物の「原産国」を証明する書類です。主な目的は、輸入国側の関税率を引き下げにあります。

例えば、ベトナムの商品を輸入。このときの関税率を削減したいときは、ベトナム側が発行する原産地証明書を日本税関に提出します。この逆であれば、日本発行の原産地証明書をベトナム税関に提出します。これにより、輸入国側の関税を大きく削減できます。

>>HUNADE各種サービスの申し込み先(文章末)

特殊な輸入

化審法関連の手続き

人の健康に害を与える可能性がある物質は「化審法関連の法」に順守する必要があります。詳しくは、経済産業省のガイドラインをご覧ください。

毒劇物関連の輸入

 毒物および劇物取締法を順守します。この他、輸入後の国内法にも注意が必要です。

バイヤーズコンソリ

バイヤーズコンソリとは、輸出国側で複数の店舗や倉庫から荷物を集めた後、一本のコンテナにのせて輸送する方法です。この場合、輸出国側のシッパー、及び輸入国のコンサイニーは、どちらもフォワーダーになっていることが多いです。

貿易関連用語

BP(輸入許可前引き取り承認)

関税相当分の担保を差し入れた後、輸入の許可前に貨物を引き取れる仕組みです。

例えば、展示会等に出店するための産品で時間的な余裕がない。特恵関税を適用するための原産地証明書が届いていないなどの状態のきに「ビフォーパーミット=BP通関」をします。

CY(コンテナヤード)

保税地域の一角。コンテナ単位の貨物を船からおろしたり、積んだりする所です。

EPA

EPAは、特定国との間で関税の免税や減免をしあう仕組みです。2020年9月現在、日本は、17のEPAを締結しています。

HSコード

HSコードは、世界共通の品目コードです。

例えば、123456をリンゴ。 567891をなしなど、世界各国で共通の品目と番号を使うことで、貿易取引を円滑にしています。インボイス、B/L、EPAなど、貿易関連の様々な書類に登場します。

MSDS

別称「安全データシート」といいます。有害な物質を含む製品を譲渡、売買するときに、製品の状態を証明するために使います。

例えば、EPAで対比表を作成するときに、MSDSの情報を基準にすることもあります。

ミルシート

主に鋼材等の品質を証明する「鋼材検査証明書」のことです。主な目的は、輸入申告価格の「アンダーバリュー」を防ぐことです。

意見書とは?

ブランド物が輸入されようとするときは、税関は、商標権リストと照合して、問題がないかを確認します。その結果、問題があると判断した場合は、輸入者に「認定手続き開始」を通知します。このときに、輸入者は「意見書」を提出して、自己の貨物の正当性を主張します。

NACCS

税関、通関業者、フォワーダー等を結ぶオンラインシステムです。このシステムを使い、輸出入申告などをします。

NET WEIGHT

ネットウェイトは、貨物のみの重量。グロスウェイトは、貨物+梱包材の重量です。

X線検査

空港などの手荷物検査で導入されているX線の大きいバージョンが「大型X線」です。20フィートや40フィートのコンテナを丸ごとスキャンできる優れものです。実際、このX線検査によって、コンテナ内部にある小さな箱も発見できます。

デバンニング

デバニングは、コンテナから貨物を取り出す作業。この逆がバンニングです。これらに関連する用語がLCL(CFS)、搬入確認、デバンニングレポート

デマレージ(デマレッジ)

倉庫やヤード等に搬入された後、一定の期間(フリータイム)までは無料で保管ができます。(おおむね5営業日)期間を過ぎた後に貨物を取り出すときは「デマレッジ(延長料金)」が発生します

フォワーダー

フォワーダーは、船舶や飛行機などを所有するキャリアからスペースを買い取り、それを各荷主に販売する仕事をしています。詳しくは「フォワーダーとは?」の記事をご覧ください。

レンジアウトとは?

輸入申告データは、日本全国から集まるため、輸入国や品目ごとに「平均値」がわかります。

例えば、ベトナムからリンゴを輸入するAさんは、一つ100円と申告。Bさんは、一つ5円と申告したとします。この場合、明らかにBさんの価格が低くなっていることがわかりますね!このように平均的な申告価格から著しく外れている物を「レンジアウト」といいます。

レンジアウト=疑義がある輸入申告

他法令

他法令とは、税関が輸入許可を出す上で、他機関からの確認を必要することです。

例えば、食べ物関連は、食品検疫所。植物関連は植物防疫所などが担当します。税関は、これらの貨物が申告された場合は、他機関から確認が取れた後に、輸入許可を出します。ちなみに、他法令は、輸出・輸入のどちらもあります。

保険はどうなるの?

輸入関連の保険には、次の2つがあります。

  1. 海上保険(マリン保険)
  2. PL保険

海上保険は、国際間の輸送時に貨物ダメージが発生した場合に補償。他方、PL保険は、輸入後、日本国内販売で不具合が発生した場合に補償します。詳しくは、それぞれのリンク先をご覧ください。

個別搬入とは?

輸入貨物は、コンテナヤードや倉庫等に保管されると「搬入」という状態になります。搬入は、一括搬入と個別搬入の2種類があります。個別搬入は、他の貨物よりも優先して行うため、より素早く貨物を引き取れます。詳しくは「HDSとは?」の記事をご覧ください。

その他の貿易用語は「ブクマ必須・貿易用語事典」をご覧ください。

HUNADEのサービス案内

輸入通関代行

 

国際輸送の見積もり

 

他法令・輸出貿易管理の相談

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました