×
国際輸送の見積を希望する方はこちら
HUNADEへのお問合せはこちら
#関税計算ツール#インコタームズ#貿易書類#アリババ等#品目別の輸入方法
#特定原産地証明書#リーファー#ドレー#危険品輸送#食品届#貿易費用#貿易資格>>その他
目次アイコン目次
×

目次

プライバシーポリシーの英語化。コピペと少しの変更でOK!

 

 

種別積み地揚げ地品目輸送モード
法人東京ドバイ盆栽相談希望
法人イギリス東京生活雑貨相談希望
法人東京ドバイ盆栽相談希望
法人イギリス東京生活雑貨相談希望


海外向けサイトを運営するときは、サイト内に「プライバシーポリシー」を記載したページを用意します。プライバシーポリシーとは、サイトに訪れた人の個人情報(クッキー情報、検索キーワードなど)の取り扱い方を明示するものです。もちろん、日本国内向けのサイトでもプライバシーへの配慮が必要ですが、特に欧米系の人が訪れるサイトは、注意が必要です。

海外バイヤー向けに用意!自社商品のサイトに掲載するべき情報

この記事では、海外向けサイトの運営で役立つ、プライバシーポリシーの英語版をご紹介します。なお、このプライバシーポリシーは、コピペをした後、必要な箇所を修正すれば、そのまま使えます。また、記載内容も一般的なサイト向けの為、新しく何かの項目を加えるなどの対応は不要です。

■この記事を見ると、役立つ方

  • 英語は本当に苦手。でも、海外向けのサイトを立ち上げなければならない方
  • 海外向けのネットショップを運営している方
  • 海外向けに情報サイトを運営している方

プライバシーページの英語版を作ろう!

プライバシーポリシーは、サイトに訪れるユーザーの個人情報の収集について、その取扱い方針を定めるものです。ページを設けることで、ユーザー側は、自らの個人情報の取り扱われ方が分かり、運営者側は、プライバシーポリシーに関する「同意」を得た形となり、ユーザー側からのクレームを回避できます。

プライバシーポリシーページを用意するべき理由

ポリシーページは、昨今、厳格化しつつある個人情報保護の流れと関係します。特に個人情報保護に厳しいのがヨーロッパ(EU)です。EUは、EU圏内に所属する人、会社、団体名などの個人情報を勝手に収集することに厳しいです(GDPR)もちろん、この個人情報保護の流れは、世界的な動きでもあります。

 
国際輸送の見積もり依頼 国際輸送の見積もり依頼
 

日本も、アメリカも、その他の国々も、個人情報の収集に関する規制を強めています。そのため、サイトの管理者は、ポリシーページの設置が必要になってきています。このようなことを言うと「うちの会社(サイト)は、そんな個人情報なんて収集していないよ…」と感じる方もいらっしゃるでしょう。ですが、実は、この個人情報には、サイトを訪れた際に収集するアクセス履歴なども対象になっています。

  • ユーザは、どこから来ているのか?
  • どこのページを見ているのか?
  • どんな検索キーワードで来ているのか?

など、ウェブサイトの訪問によって得られるすべての情報です。その他、お問い合わせフォームを通して収集した情報、Eメールを介して得た情報などもあります。個人情報の収集は、積極的な収集であるのかは関係ないです。消極的でも収集している時点で規制の対象です。したがって、すべてのサイト管理者は、プライバシーページを設置する必要があるといえます。

プライバシーポリシーのひな形

英語版のプライバシーポリシーの作成方法をご紹介していきます。すでに完成しているプライバシーポリシーの型に、いくつかの変更を加えてオリジナルページを作成します。

ひな形は、こちらのサイトが公開しています。テンプレートをダウンロードした後、下の変更箇所を変えれば完成です。まずは、以下の部分をクリックしてテンプレートをダウンロードしましょう!

プライバシーポリシー 英語

ダウンロードした後、ファイルを開きます。1~5の箇所を変更していきましょう!

ひな形の変更箇所とポイント

1日付を入力します。 2019年1月28日なら…Jan 28, 2019
2会社名、屋号、またはサイト名
3ウェブサイトのアドレス
41番と同じく日付
5ログデータの収集に関すること(多くの方は、そのまま記載)
6メールなどのやり取りにおける情報収集に関すること(多くの方は、そのまま記載)

5番、6番の項目は、ビジネスによって削除しても良いです。必要であれば、文章に追記します。多くの方は、このままの状態で使えばいいです。なお、5番、6番のセクションにある以下の部分は、削除します。上記の変更を行えば、一般的なサイトにおけるプライバシーポリシーは完成です。

ポリシーページはNO INDEX設定

もし、サイトをワードプレスで作成しているときは、ポリシーページは「No index」にします。間違ってグーグルにインデックスされると、低品質な記事扱いされます。

まとめ

  • 海外向けのウェブサイトを運営するときは、英語版のプライバシーポリシーを作成する。
  • 英語版プライバシーポリシーの作成は、ひな形の活用が便利
  • ひな形を活用すれば、英語が苦手でも、簡単に作成ができる。
FavoriteLoadingこの記事を登録

 

国際輸送の見積もり依頼

国際輸送の見積もり依頼

カテゴリ

>>記事の一覧はこちら

もっと見る

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
">
種別積み地揚げ地品目輸送モード
法人バンコク東京コーヒー生豆 300KG相談希望
法人广东江门横浜鋼材のコイル海上輸送
法人バンコク名古屋生鮮果実リーファー
法人バンコク東京コーヒー生豆 300KG相談希望
法人广东江门横浜鋼材のコイル海上輸送
法人バンコク名古屋生鮮果実リーファー



国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました