【海外】EMSを使って植物(果物)を発送する方法

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    郵便局の国際宅配便サービス(EMS)は、世界中に商品を送れて便利です。最大重量30キロまでであれば、どんなものでも発送ができる点が良いです。ただし、どんな物といっても、食品や植物を発送するときには、ある一定の条件があるため注意が必要です。

    近年、外国人の日本への旅行を契機として、日本産の食品、特に果物などの需要が高まっています。しかし、EMSの場合であると、果物は「禁制品(輸出禁止)」の指定を受けているため、個人が手軽に発送することはできません。そのため、いわゆるテストマーケティングをするために「少量の貨物を輸出」するときに困ります。

    しかし、ご安心ください。実は、EMSでの植物(野菜・果物)の発送は、植物検疫所にて必要な検査を受ければ可能です。そこで、この記事では、EMSを使って海外へ果物を輸出するときの手続きをご紹介していきます。

    EMS(国際スピード郵便)で植物を発送する手順

    国際スピード郵便は、発送できない商品として「果物」などを指定しています。しかし、全ての果物の発送が禁止されているわけではありません。以下のステップをふむことにより、国外へ発送できる物もあります。

    1.発送できる国・果物であるのかを確認します。
    2.植物防疫所へ「植物検査」の申し込みをします。
    3.検疫所にて検査を受けて「植物検疫証明書」を交付してもらいます。
    4.植物検疫証明をもって、クールEMS対応の郵便局へ行きます。

    1.発送できる国・果物を確認

    外国へ植物を発送する場合は、次の2つを確認します。

    • その果物を発送できる国なのか?
    • 送ることができる果物なのか?

    です。これを確認できる所が「植物検疫早見表」です。こちらの表は、植物の輸出入を管理する植物検疫所が発行しています。以下の画像をご覧ください。

    例えば、EMSを使って、タイにリンゴを発送できるかを確認してみましょう!

    表の上部から「リンゴ」を見つけます。その後、左列の国名にある「タイ」を見つけた後、それらの交点を確認します。交点は「Q」と表示されています。さらに表の右側にある備考欄を確認すると「Qは植物検疫証明書を取得すれば輸出できる対象品目」であることがわかります。つまり、タイ向けのリンゴは、植物防疫所で検査を行った後に、発送ができます。

    植物防疫早見表2-HUNADE

    2.植物検疫所に「輸出のための植物検査」を申し込む。

    早見表で「Q」品目に指定されている物は「植物検疫証明書」が必要です。この証明書を取得するために、全国各地にある植物検疫所にて「輸出のための植物検疫」を受けます。申し込みは「植物等輸出検査申請書」に必要事項を記入して、検査を受ける植物検疫所に郵送・ファックス・Eメールなどでおこないます。

    植物検疫所に申込書が届くと、係官がチェックを行い「植物検査の日程」を決めます。植物検査の申し込みをした人は、係官からの連絡を待ちます。一日経過しても連絡がこない場合は、こちらから問い合わせをして、申し込みが完了しているのか確認してください。

    関連記事:EMS等を使って植物を輸出!植物検査申請書の記入方法

    3.植物検疫所にて検査を受けます。

    いよいよ検査の当日です。検査は、最寄りの植物防疫所にて実施されます。EMSで発送する果物を検疫所へ持ち込み検査を受けます。検査時間は15分ほどです。書類に不備がなかったり、果物に害虫が発生していなかったりすれば、この時間内に終了します。無事に検査が完了すると「植物検疫証明書」が発行されます。

    植物検疫所で検査を受けるには?

    植物等検査申請書に必要事項を記入した上で、検査を受ける予定の植物防疫所にFAXします。記載内容について植物防疫所にてチェックをします。その後、電話連絡がきます。このとき、合わせて「検査日の予約」をします。

    「何月何日、何時から~どこで検査を受けるのか~、即日発行を希望するのか」などを伝えます。特に重要な点が検疫証明書の発行を即日で希望するかどうかを伝える点です。この部分を先方に伝えておくだけで、スムーズな発行へとつながります。

    関連記事:植物(果物)を輸出 植物防疫所における植物検査をレポート

    4.クールEMSを申し込みます。

    植物(果物)を発送するときは、通常のEMSではなく「クールEMS」を使います。通常のEMSは「常温」で配送するため、外気温の影響を強く受けて品質が落ちてしまいます。クールEMSであれば、外国の指定場所まで「低温状態をキープ」して配送できます。つまり、鮮度が命である農産物の品質を保ちながら届けられます。

    まとめ

    • EMSで果物を送るときは「送れる国」「送れる果物」かを確認します。
    • これらを確認できるのが「植物検疫早見表」です。
    • 植物検疫早見表で輸出検査が必要なときは、植物防疫所で手続きをします。

    オススメの記事:「初心者」知識ゼロからの国際郵便入門

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    国際郵便(EMS)輸出ビジネス
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました