EMSの集荷サービスとは? 土日祝日、正月も対応している?

この記事は約3分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    EMS(国際スピード郵便)などの荷造りが終わったら、郵便局へ持ち込むか、集荷サービスを使います。集荷サービスを使えば、郵便局員が自宅まで集荷に来てくれます。最寄りの郵便局まで遠い方、または、荷物の運搬が難しい方には便利なサービスです。この記事では、郵便局の集荷サービスについてご紹介していきます。

    国際郵便の集荷サービス

    郵便局は、どんな田舎にもあるライフラインの一つです。郵便局が運営する配送ネットワークをうまく使えば、地方からでも世界各国への国際発送ができます。

    国際発送を利用するときに気になるのが「荷造り後の荷物の移動」です。最寄りに郵便局がある方は、比較的、簡単に荷物を持ち込めます。しかし、郵便局から離れていたり、荷物を運ぶための手段がなかったりする方は、郵便局まで荷物を運ぶのは大変です。そんなときに便利なのが「集荷サービス」です。

    集荷サービスとは?

    集荷サービスとは、国際スピード郵便(EMS)やゆうパックなど使うときに利用ができる「荷物引き取り」サービスです。具体的には、郵便局に、集荷の希望日と時間を伝えます。伝え方は、電話による方法とウェブによる方法の2つがあります。いずれかの方法で予約すると、郵便局員がご自宅まで荷物を引き取りに来てくれます。しかも、この集荷サービスには、お金がかからないため、非常に便利です。

    集荷の流れ

    集荷サービスを使うときの流れは、以下の通りです。

    1. ウェブまたは電話で予約する。
    2. 希望の日と時間に合わせて郵便局員が訪ねてくる。
    3. 荷物を引きわたす。このとき受領印をもらい発送完了

    この1~3のステップで集荷サービスは提供されています。では、集荷サービスの予約方法を確認しておきましょう。

    集荷の依頼方法

    郵便局への集荷の依頼方法は、次の2つです。

    1. 電話による方法
    2. ウェブ集荷による方法

    1.電話による方法

    電話で集荷を依頼するときは、下記の電話番号に電話します。電話を掛けたら、郵便番号を入力します。最寄りの集荷担当の郵便局へつながり、希望日時と時間を伝えます。

    電話番号: 0800-0800-111

    2.ウェブ集荷による方法

    電話をするのが煩わしい方は、ウェブによる集荷依頼があります。ウェブ集荷ページにアクセスして、必要事項を記入するだけです。

    集荷対応曜日と時間は?

    集荷対応している曜日と時間は、最寄りの郵便局により異なります。多くの場合は、土日祝日、年末年始にかかわらず、9時~19時まで受け付けています。土日対応の郵便局の探し方は、次の通りです。

    郵便局のサイトに行きます。ページ下の部分を次のように操作します。

    郵便局 土日対応 (1)

    検索結果に土日対応の郵便局が一覧で表示されます。

    郵便局 土日対応 (1)

    まとめ

    • EMSを含めて、郵便局の配送サービスを使うときは、無料で集荷してくれます。
    • 集荷サービスは、電話による方法とウェブによる方法の2つがあります。
    • 集荷サービスは、土日祝日にかかわらず、9時~19時の間で行っています。

    オススメの記事:「初心者」知識ゼロからの国際郵便入門

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    国際郵便(EMS)
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました