化粧品の輸入代行会社 個人かつ小資金でも可能?

この記事は約5分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    「海外で見つけた化粧品を輸入したい」と考えたら、化粧品を輸入代行する会社を利用すると良いです。輸入代行を利用すれば、個人では難しい商売目的での輸入ができます。この記事では、輸入代行を使うメリット、輸入代行会社の一例をご紹介していきます。

    化粧品の輸入代行業者

    海外で販売されている化粧品(コスメ、シャンプー、石鹸など)を日本に輸入して販売するときは「化粧品製造販売業の許可」を取得する必要があります。「販売目的であるのか?」がポイントであり、自分が使用するために輸入するときは、販売業の許可は不要です。近年、フリマアプリなどを使い、海外で購入した化粧品を出品している人がいますが、それらは「違法行為」です。非常に危険な行為であるため、今すぐやめることをお勧めします。

    海外の化粧品を輸入する方法はないの?

    化粧品の輸入ビジネスを考えない方が3つの理由でも説明した通り、個人事業レベルで化粧品製造販売業の許可を取得するのは難しいです。人的要件、資金的な要件、さらに設備要件などの厳しい基準をクリアしてはじめて許可が下りるからです。端的に言えば、個人では不可能です。ただし、実は、化粧品販売業の許可を取らず、外国の化粧品を輸入して販売する方法があります。それが「化粧品の輸入代行会社」を使う方法です。

    輸入代行会社とは?

    輸入代行会社とは、上記の「化粧製造販売業の許可」を取得している所が、あなたの代わりに化粧品を代行輸入する仕組みです。もう少し正確に申し上げると、輸入の時点では、代行会社の名前で行い、国内販売の時点で、代行会社とあなたの会社との連名で販売する形です。

    商品ラベルには、次のような形で表記されます。(製造販売業者の部分は、法定で決められているため、削ることはできません。)

    • 造販売業者:輸入代行業者名(製造販売業の許可がある会社)
    • 販売元:あなたの会社

    代行業者が薬機法の基準を満たして輸入することで、輸入化粧品を販売したい人が化粧品製造販売業の許可を取らず輸入できるのが最大のメリットです。

    輸入代行業者の依頼すると何をしてくれる?

    輸入代行業者にもよりますが、大きく分けて次の5つのことをしてくれます。ざっくりといえば、薬機法の基準と照らし合わせて、日本国内で対象の輸入化粧品を販売できるのか?の判断、商品の成分の分析、分析情報に基づき、薬機法の許可の申請などをします。輸入後は、薬機法に定める事項を盛り込んだラベルなどの貼り付けや商品管理などを提供しています。そのため、この方法であれば、個人事業レベルの小さな規模でも化粧品の輸入ビジネスは立ち上げができます。

    1. 販売できるかの判断
    2. 成分分析
    3. 薬事の許可申請
    4. ラベルの貼り付けなど
    5. 製品試験

    化粧品輸入代行業務の費用例

    化粧品の輸入代行業務費用の例は、次の通りです。

    • ※化粧品の輸入代行は弊社及び提携会社の2社にて対応させて頂きます。
    • 成分確認(薬機法規制成分等):1種 ¥ 5,000
    • 化粧品申請料金(初回時):1-5種 ¥ 50,000 ※メーカー毎 ※5種以上、追加¥ 10,000/1種
    • シール印刷:別途見積り
    • シール貼り付け:@50/個
    • 輸入代行手数料:CFR×10% (CFR=商品仕入価格+送料)
    • ※最低手数料 ¥ 50,000
    • 分析費用:保存料、色素(成分により相談) ※1種 ¥ 80,000(参考費用)
    • 通関時 通関費用、税金:別途(関税,消費税他)
    • 国内送料:別途(宅急便 サイズにより価格変動)
    • お支払い:前払い、ご入金確認後の着手

    引用元:パワースポット株式会社

    輸入代行業者の一例

    以下にご紹介する業者の内容は、まったく知りません。インターネットで「化粧品 輸入代行」と検索したときに表示された所をピックアップしただけです。あとは、各社のサイトへ行き、ご自分の責任の下、業者にコンタクトしてください。なお、いくつかのサイトを見たところ、ダイアド・トレーディングさんと、シリスジャパンさんのホームページが見やすいと感じました。

    また、輸入代行料金が気になる方も多いかと思いますが、この料金面については「ダイアド・トレーディング」さんが非常に細かく例示しています。参考までにお伝えしておきます。(何度も申し上げますが、以下に紹介する業者の良し悪し等は全く知りません)順番も特に意味はございません。

    • ダイアド・トレーディング http://trading.dyad.jp/
    • シリスジャパン https://www.silis-jp.info/import/
    • 化粧品輸入代行 – ブルーム https://www.bloom-jp.com/import
    • 化粧品輸入代行 – ピコモンテ・ジャパン https://picomonte.co.jp/import/
    • 化粧品の輸入代行はICI http://www.inter-cosme.co.jp/cost/index.shtml
    • サンデケミカル株式会社 http://www.sunde.co.jp/sunde_yunyu.html
    • SDC http://star-cosme.net/charge.html
    • 阪急阪神エクスプレス https://www.hh-express.com/jp/

    まとめ

    • 海外の化粧品を商売目的で輸入するときは、化粧品製造販売業の許可が必要
    • 個人目的で輸入したものを販売する行為は、すべて違法!
    • 個人ビジネス規模で輸入販売をしたければ、輸入代行会社がお勧め
    • 輸入代行会社を使えば、薬機法に関する規定などをクリアした合法的な輸入販売ができる。
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    【HUNADE公式パートナー】

    輸入代行
    転送サービス

    [スポンサードリンク]


    輸入の見積もりツール

    hunade

    hunadeのお問い合わせページ


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました