BASE(ベイス)のアクセス解析 グーグルアナリティクスの設定方法

BASE グーグルアナリティクス輸入ビジネス
この記事は約6分で読めます。

無料ネットショップ構築サービスのBASEには「どれだけの訪問者が訪れているのか」を確認できる機能が標準でついています。しかし、このアクセス解析は、どこまで正しく計測されているのか不明です。そこでお勧めするのが「グーグルアナリティクス」です。ウェブサイトのアクセスを解析するために、検索エンジン大手のグーグルが無料で提供している解析ツールです。

グーグルアナリティクスは、サイト制作をしているプロの方が分析するときに使うほど、精度が高い物です。このグーグルアナリティクスを「ネットショップのBASE」に導入すれば、同じように質の高いアクセス解析ができます。具体的には、BASEの標準では、日ごとのアクセスしかわからない所、アナリティクスを使えば、以下の情報を入手できるようになります。

  • どこから来ている?
  • どんな端末から?
  • 男女の構成比は?
  • どのページまでアクセスしている?
  • どこで離脱している?
  • 売り上げにつながるキーワードは?

そこで、この記事では、BASEにグーグルアナリティクスを導入する方法をご紹介していきます。

BASEにアクセス解析を導入

インターネット上で何かの商品を販売したり、情報を提供したりする場合は、どのようなアクセスが来ているのかを調べることが大切です。アクセスは、ウェブサイト改善のためのヒントをくれるからです。ただ、ベイスに標準で搭載されている解析では、日ごとのPV(ページビュー)しか調べられないたえめ、実査にどれだけの訪問者が来ているのかを知るのは難しいです。

PVとは?

一人の訪問者がサイト内にある1ページを開くと1PV、2ページ開くと2PVです。一人で5つのページを開いても5PV、5人が1つのページずつ開いても5ページニューになります。そのため、PV=訪問者の数と考えてしまうと、大きな誤差が生まれてしまいます。

下の図をご覧ください。こちらがベースのアクセス解析の画面です。日ごとのPVしかわかならないです。これでは、どんなユーザーがサイトを訪れているのか知ることが難しいですね。

BASE アクセス解析 HUNADE

一方、こちらは、BASEにグーグルアナリティクス(アクセス解析サービス)を設置したときに解析できる内容です。赤枠部分をクリックすると、様々な切り口からサイトにきたアクセスを解析できます。

BASE アクセス解析 HUNADE

例えば、グーグルアナリティクスの中にある「ユーザー」という指標をクリックすると、以下の画像のようにアクセスしている年代、男女比率を確認できます。サイト運営者は、このアクセス解析の結果から、自分が想定している男女や年代との差を知ることができます。つまり、何かしらの改善のヒントを知ることができます。もし、ターゲットにしているのが50代以上にも関わらず、以下のようなグラフになっていたらサイトに問題があるとわかります。

HUNADE

その他、グーグルアナリティクスは、様々な切り口からサイトのデータを解析できます。ぜひ、BASEのショップには、このアナリティクスを導入して売り上げにつながるユーザーを取りこぼさないようにしましょう!それでは、アナリティクス導入の重要さが分かった所で、実際にBASEにアナリティクスを設置してみます。とはいえ、ベイスにおけるアナリティクスの設置は、難しい操作も不要で誰でも簡単に行えます。

BASEにグーグルアナリティクスを設置する手順

アナリティクスの設置は、誰でも簡単にできます。設置をするまでの手順は次の3ステップです。

  1. グーグルアナリティクスの初期登録をする。
  2. BASEのグーグルアナリティクスAPPSをインストールする。
  3. 専用タグを登録する

1.グーグルアナリティクスの初期登録

まずは、グーグルアナリティクスの初期登録をします。グーグルアナリティクスは、グーグルさんが提供する解析ツールです。BASEとは直接関係がないため、新たにグーグルアナリティクスの初期登録をしなければなりません。グーグルアナリティクスは、グーグルアカウントを所有している人に対して無料で提供されています。まだグーグルアカウントを所有していない方はグーグルアカウントを取ります。

グーグルアカウントを取得した後、検索エンジンで「グーグルアナリティクス」と検索してサイトを訪問してください。画面の指示通りにすすめていき、BASE専用の解析タグを取ります。解析タグとは、UAから始める数字のことです。これをBASEの中にあるグーグルアナリティクスAPPSに登録すると、アクセス解析がスタートする仕組みになっています。

■ここの要点

  • グーグルアカウントを所有している人が、グーグルアナリティクスを使える。
  • グーグルアナリティクスでショップ専用の解析タグを設定&取得する。
  • アナリティクスで取得した解析タグをBASEのグーグルアナリティクスAPPSに設定する

2.BASEのグーグルAPPSをインストールする。

次にベイスのグーグルアナリティクスAPPSをインストールします。

BASE 登録方法 HUNADEAPPS一覧から「Google Analytics 設定」を探してください。

BASE 登録方法 HUNADE

こちらのappsをインストールします。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

3.専用タグを登録する

グーグルアナリティクスアプリのインストールが終ったら、先ほどグーグルアナリティクスの登録時に取得した専用コードを以下の部分に貼り付けて保存します。これで、アクセス解析が行われるようになります。

グーグルアナリティクス 設定 hunade

アクセス解析を見るには?

BASEに登録したアクセス解析の情報は、BASE上の画面で確認するのではなく、グーグルアナリティクスの画面上で確認をします。先ほどと同じように「グーグルアナリティクス」と検索をして、アナリティクスの操作画面を開きます。左側に表示されるメニュー項目をクリックしていくと、その結果が右側の大きな画面に表示される仕組みになっています。

左側には様々な切り口が用意されているため、ご自身が解析されたい情報をクリックしてみてください。グーグルアナリティクスで解析できる情報の一例は次の通りです。この他にも無数にあるため、ご自身でグーグルアナリティクスについて勉強されるか、専門のアドバイザーに相談をして決めるようにしてください。

セッション数ほぼ純粋な訪問数と同じと考えて良いです。
ユーザ年代や男女比がわかります。
デバイスどんな機器(パソコンやスマホ)からアクセスしているのかがわかります。
検索クエリどんなキーワードでサイトを訪れているのかわかります。
コンバージョン商品の購入に至ったユーザの経路・キーワードなど
離脱率や直帰率内容に問題があるページを知ることができます。

まとめ

BASEにグーグルアナリティクスを設定して解析精度を上げる方法をご紹介してきました。今回の内容は、大きく分けると3ステップにわかります。まずはグーグルアナリティクスに登録すること、次にBASEにグーグルアナリティクスAPPSを導入すること、最後に導入したAPPSに、グーグルアナリティクスの専用タグを登録します。これで標準搭載されているアクセス解析よりも詳細で質が高い情報を取得できるようになります。

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

【HUNADE公式パートナー】

転送サービス

[スポンサードリンク]



hunade

\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました