どこの国の肉なら輸入ができる?洗浄国早見表

この記事は約5分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    日本に輸入できる肉の原産国は、一部の国に限られています。この国を「洗浄国」と言い、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなど、世界の中でも限られた国を指します。中国をはじめとした、その他の大部分は、この洗浄国から除外されています。

    したがって、肉類を輸入するときは「禁止対象国に含まれていないか?」を確認することが大切です。どれだけ良い仕入れ先を見つけても、輸入禁止国であれば、全く意味がないからです。

    この記事では、生肉の原産国として認めらている国かどうかを早見表でご紹介していきます。また、牛や豚、鶏以外のマニアックなお肉(ワニなど)の相場、原産国などを合わせて説明していきます。なお、ここで紹介する輸入禁止国は、ごく一部です。さらに詳しく知りたい場合は「農水省:輸入禁止国一覧」をご覧ください。

    関連記事:代替肉の輸入手続き 関税率・HSコード、メリット等を紹介

    ほとんどの国のお肉は輸入禁止

    お肉の輸入を検討するときは、輸入禁止対象国に含まれていないかを確認する必要があります。いえ、むしろ「どこの国から輸入できるのか?」を考える方が早いです。それくらい、世界中の多くの国が、生肉の輸入禁止国に指定されています。仮に輸入が認められている国でも肉の種類によって、輸入禁止になっている物もあります。

    下の図をご覧ください。左側にあるタイの行を見つけて、表の右側に視線を移動します。

    「牛肉×、豚×、鶏肉〇」となっていますね? つまり、タイでも肉の種類によって、輸入禁止地域に指定されていないことがわかります。 【注:〇=輸入OK ×=輸入禁止 △=条件付き輸入】

    対象国牛肉豚・いのしし鶏肉(鶏・あひる・七面鳥)
    ニュージーランド
    アメリカ
    シンガポール×
    スペイン
    台湾×××
    タイ××
    フランス×
    フィリピン××
    香港×××
    モンゴル×××
    ロシア×××
    ドイツ
    ブラジル
    ベトナム×××
    中国×××
    韓国×××

    生肉禁止国の特徴からわかること

    肉の輸入が認められている国を見ると、主にヨーロッパ、オセアニア、北米、南米の四地域であることがわかります。特にヨーロッパにおいては、ホルモン剤の投与禁止など、食品安全レベルが高い国が多いため、広く輸入が認められています。また、アメリカ、ブラジル、カナダなども「ホワイト国」に指定されているため、多くの肉が輸入されています。

    なぜ、禁止肉が入っているの?

    これは、法律上の定義によるものです。実は、洗浄国の指定を受けている物は「生肉」についてです。つまり、それ以外の「加工肉」等は規制から除外されるのです。

    以上が生肉の洗浄国のご紹介です。次に、牛、豚、鶏以外の肉は、どこの国から輸入されているのかをご紹介していきます。

    ワニ肉の輸入国と輸入参考価格

    Youtubeに紹介されている動画には、ワニ肉の実食レポートなるものがあります。主に「ワニの手」だけが真空パックされていて、見た目が悪いです。このワニ肉は、日本でも結構輸入されています。主な原産国は、タイやオーストラリアです。単価は他のお肉よりも高い1000円/キロが相場です。また、このHSコードは「爬虫類」でくくられていましたので、もしかすると、ワニ以外のお肉も輸入されている可能性があります。

    輸入国数量(kg)価格(千円)単価(kgあたり)
    タイ104908479808円
    オーストラリア 98429593975円

    羊肉の輸入国と輸入参考価格

    羊肉に関する輸入データです。やはりニュージランドからの輸入が圧倒的に多くて安いです。意外なことにアイスランドがランクインしています。ニュージーランドとオーストラリアは、隣どうしての国であるにも関わらず、キロ当たりの単価が二倍近くの差があります。とても気になるデータです。

    輸入国数量(kg)価格(千円)単価(kgあたり)
    ニュージーランド17847081528456円
    アイスランド8120262585770円
    オーストラリア540459541100円

    カンガルー、トナカイ、バッファローの輸入国と輸入参考価格

    正直、ここの分類データは怪しいです。HSコード上も「その他」でくくられているため「何の肉」なのかがわかりません。ここでご紹介するデータは参考程度にお願いします。

    国名数量(kg)価格(千円)単価(kgあたり)
    オーストラリア4157626103628円
    フランス30325533471759円
    ニュージーランド24060329851371円
    スペイン19569247231263円
    アメリカ18327287371568円
    イギリス7710136621772円
    ベトナム288064642244円
    台湾170020741220円
    中国114722901997円
    タイ582531912円

    まとめ

    外国の「生肉」の輸入には、原産国のチェックが必要です。多くの国では狂牛病や鶏インフルエンザの感染地域に指定されいるため、そもそも輸入ができないからです。もし、海外から肉を輸入するときは、感染していない国(洗浄国)から仕入れます。

    海外から輸入するお肉は、牛、豚、鶏がメインとなりますが、中には「ワニ肉」など珍しい肉まであります。これらは、主にタイやオーストラリアからきています。輸入価格を見る限り、他の肉類よりも相場が高いため、実は最も狙い目の分野であるかもしれません。気になる方は、ぜひお調べください。

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    【HUNADE公式パートナー】

    輸入代行
    転送サービス

    [スポンサードリンク]


    輸入の見積もりツール

    hunade

    hunadeのお問い合わせページ


    輸入ビジネス
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました