「関税」暫定税率とは?期限付きで設定している税率

この記事は約5分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    商品を輸入するときにかかる関税は「国定税率」と「協定税率」に分かれます。国定税率は、日本の国会で決められる日本政府独自の関税率です。一方、協定税率は、多国との合意の下(WTOやEPAなど)で決まる関税率です。

    国定税率の中には、さらに「基本税率」と「暫定(ざんてい)税率」の二つがあります。この内、今回は、暫定税率をご紹介していきます。

    暫定税率とは?

    基本税率は、一度定めたら基本的に変更がありません。一方、暫定税率は、法律により、ある一定の期間だけ設定する特別な税率です。恒久法ではないため、期限がくる度に必ず延長するかを審議します。

    なぜ、このような暫定税率があるのでしょうか? 一言で申し上げると、日本国内における需給バランスの調整をする意味があります。

    下の画像は、ほうれん草などの関税表です。赤枠の中にある「暫定」という欄の所に数字がある場合、対象の品目には暫定税率があることを意味します。この部分が空欄であれば、暫定税率は設定されていません。

    関税の種類-HUNADE (3)

    画像元:日本関税協会のWEBタリフ

    暫定税率が存在する理由

    暫定税率は、税関のホームページで以下のように記載されています。

    一時的に基本税率によりがたい事情がある場合に、一定期間基本税率に代わって適用される暫定的な税率(暫定税率)が定められており、常に基本税率に優先して適用されます。平成25年4月現在433の税率が設定されています。

    引用元:税関

    この文章によると「一時的に基本税率によりがたい事情がある場合」と設定すると書かれています。より具体的に確認していきましょう!

    2016年8月現在、約500の品目について「暫定税率」が設定されています。どの品目に対して暫定税率が適用されているかは、関税暫定措置法の別表に記載されています。それらの一部をまとめた物が以下の表です。

    暫定税率が設定されている品目例

    イカミルク・クリーム砂糖
    バターミルク・ヨーグルトホエイチーズたまねぎ
    乾燥した豆えんどう小豆インゲン
    そら豆小麦・大麦トウモロコシ
    落花生海藻こんやくトマトの加工品
    パイナップルコーヒー・お茶アルコール革製品(原皮・革など)

    段階的に暫定税率を下げている物

    暫定税率には、年度ごとに暫定率を引き下げている品目があります。最初は平成七年から始まり、平成二十九年にかけて少しずつ関税率が下がっています。

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス

    暫定税率-HUNADE-

    肉製品(豚や牛)ミルクヨーグルトホエイ
    バター小麦・大麦調整食料品

    暫定税率が設定されている品目を考察

    それでは、上記の暫定税率が設定されている品目をいくつかピックアップしてみたいと思います。

    事例1.たまねぎの暫定税率

    玉ねぎは、農家が出荷する価格との調整をしています。2016年現在、北海道産の玉ねぎは、スーパーマーケットで1キロ当たり170円ほどで販売されています。

    この価格には、農家の生産費はもちろんのこと、店頭に並ぶまでのさまざまな業者の手数料が含まれています。それらの手数料は、ざっと50%前後と計算ができます。したがって170円の玉ねぎの場合、農家の出荷価格は1キロ当たり90円前後と予想ができます。

    下の図をご覧ください。赤枠は、玉ねぎの輸入価格が1キログラム当たり73円70銭を超える物については、無税を設定しています。それ以下価格の場合は、別枠の関税率が設定さています。例えば「課税価格が1キロクラムにつき67円以下のもの」については、暫定税率の部分が「空欄」です。この場合は、協定税率の「8.5%」を適用します。

    また、青枠はEPA(経済連携協定)税率です。多くの場合、EPA税率は大きな優遇をしています。しかし、玉ねぎの場合は、優遇措置が少なくなっています。いずれの場合であっても、1キログラムあたり73円70銭をこえる物を無税としていることから、国内価格とのバランスを強く意識していることわかります。

    暫定税率例-HUNADE (1)

    事例2.ヨーグルトの暫定税率

    下の画像の青枠はヨーグルトに関する基本税率です。対する赤枠は暫定税率です。「限度数量以内のもの」を基本税率よりも低くしています。このことから、生活を支える上で必要。しかし、必要以上に入れたくないとの考えがわかります。

    暫定税率例-HUNADE (2)

    事例3.小麦の暫定税率

    小麦は明らかに必要以上を輸入したくないことがわかります。基本税率で「1キロあたり65円」かかるのに、暫定税率で「無税」または「9.8円/キロ」に設定していることから、その意向を読み取れます。

    また、青枠は本来、EPA(経済連携協定)の税率が表示されているところです。小麦に関しては、EPA税率が一切設定されていないことから、小麦に対する「保護的要素」が強いことがわかります。

    暫定税率例-HUNADE (3)

    事例4.ミルクの暫定税率

    ミルクの関税も基本より暫定の方が圧倒的に低いです。ただし、これについてもやはり「輸入数量」がコントロールされています。ここから、日本の酪農産業を守りたい意向を読み取れます。

    暫定税率例-HUNADE (4)

    四つの品目例から読み取れること

    上記の暫定税率例を見ると、政府が言う「一時的に基本税率によりがたい事情がある場合」の表現には、以下のような目的があることが推測できます。

     国内産の流通量だけでは賄いきれない量を「補う意味合い」で、該当する輸入品を「一定の数量内」のみ「低い関税」で調達することです。これを言い換えるのなら、国内産で必要量を満たせる場合「輸入品を入れたくない」というです。

    基本税率と暫定税率が両方とも設定されている場合

    基本税率と暫定税率の両方が設定されている場合は「暫定税率」を優先して適用します。

    まとめ

    暫定税率は、国内流通量が不足して物価が上昇することを防ぐために「一時的」に設定している関税です。この暫定税率があることによって、安いパンやお肉を食べられます。

    暫定税率は、基本税率やWTO協定税率よりも優先的に適用されます。暫定税率よりも優先されて適用されるのは「特恵関税」「特別特恵関税」「EPA」などです。

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認



    epaまとめ記事
    hunadeのお問い合わせページ

    [スポンサードリンク]

    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました