コンテナヤード(CY)とコンテナフレイトステーション(CFS)の図解

この記事は約6分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    貿易をしていると「CY」や「CFS」または、コンテナターミナルなどの言葉を聞くことが多いです。貿易では、これらは、どのような意味を持つのでしょうか? そこで、この記事では、コンテナヤードとコンテナフレイトステーションについて図解していきます。

    コンテナヤード(CY)とCFS

    コンテナターミナルとは、外国からくるコンテナをおろしたり、積んだりする所です。そして、この「コンテナターミナル」には、コンテナヤードとコンテナフレイトステーションの2つがあります。

    1.コンテナヤードとは?

    コンテナヤードは、外国から来た貨物(コンテナ)をおろしたり、輸出する貨物(コンテナ)を荷揚げしたりする場所です。

    例えば、外国へ貨物を輸出する人は、指定の期日(CYカット日)までに、このヤードにコンテナを搬入します。ヤードでは、この輸出前のコンテナを保管しています。もちろん、この逆の輸入コンテナの保管もしています。

    輸入コンテナは、税関の許可とともに「内国貨物」に変化します。内国貨物に変化したコンテナは、初めてコンテナターミナルからの搬出ができます。つまり、コンテナヤードとは、輸出、輸入に関わらず「外国貨物(内国貨物に変化する前の物も含む)」を一時的に保管する所です。

    コンテナヤード
    輸出許可を受けたコンテナ(内国貨物→外国貨物)や輸入許可前(外国貨物)を一時保管する場所

    2.CFS(コンテナフレイトステーション)

    コンテナフレイトステーションとは、コンテナヤードの近くにある「小口輸出入貨物」を捌く所です。この「捌く」には、次の2つの意味があります。どちらの「捌き」もコンテナから貨物を取り出したり、つめたりすることです。

    1. 輸出のバンニング(貨物をつめる)
    2. 輸入のデバンニング(貨物を取り出す)
    コンテナフレイトステーション
    コンテナ一本未満の貨物を取り扱う施設
    CYとCFSのの言葉が持つ意味は、上記の通りです。それでは、次にコンテナターミナルの各部を図解していきます。

    コンテナターミナルの全体図

    下の図をご覧ください。こちらがコンテナターミナルの全体図です。この場所は、保税地域に指定されているため、一般の人は入場できません。時々、税関などが主催する見学会もあるようですが、いずれの場合も特別な入場許可が必要です。下の図の中にある番号と表は対応しています。番号とそれぞれの役割をご確認ください。

    コンテナヤードCYとコンテナフレイトステーション

    番号名称役割
    1ガントリークレーンコンテナ船から(に)コンテナをおろしたり、上げたりするクレーン車
    2コンテナバースコンテナ船を岸壁に係留する部分
    3エプロン荷揚げをするためのガントリークレーンなどが設置されている場所
    4コンテナヤード(マーシャリングヤード)荷揚げ前、荷揚げ後のコンテナを保管するスペース
    5CFS(コンテナフレイトステーション)コンテナの中身を出す。または、入れる作業をする施設
    6ゲートコンテナを出し入れするトラック(ドレー)の出入りを管理するゲート
    7バンプール輸出用の空コンテナを保管する場所

    各施設のポイント

    上記1~7の施設の内、ここでは、1、6、7をピックアップして説明していきます。

    1.ガントリークレーン

    ガントリークレーンは、ターミナルのバースやエプロンにあります。外国から船が到着すると、荷下ろし計画に基づき、次々とコンテナをおろします。輸出の場合は、本船にコンテナを積み込みます。

    2.コンテナバース

    本船が接岸する場所の総称です。係留杭や1で紹介をしたガントリークレーンなどを装備しています。バースの全長は、コンテナ船の大型化によって300m前後、水深は、15mほどが一般的です。

    4.マーシャリングヤード

    エプロンのすぐ後ろに位置するエリアです。荷揚げされたコンテナの保管や、本船に積み込む予定のコンテナを保管・整理するエリアです。写真の通り、三段又は、四段に重ねて並べられています。このマーシャリングヤード+エプロンの総称が「コンテナヤード」です。

    5.CFS(コンテナフレイトステーション)

    コンテナ1本未満の貨物を受けたり、引き渡したりする場所。これらの業務は、CFSオペレーターが担当している。ちなみに、コンテナに荷物を入れることを「バンニング」、取り出すことを「デバンニング」という。

    6.ゲート

    コンテナヤードの入り口にはゲート(7番)があり、ここでコンテナの入出庫を管理しています。このとき、コンテナ自体の破損状態を確認しています。実際にコンテナの運搬をするのはドレー」と呼ぶ特殊なトラックです。このドレーの運転手がヤードのゲートから入場、コンテナを受け取り、再度、ゲートから出て配送先に向かっています。

    例えば、空のコンテナがゲートから出るときは、空コンテナに破損がないか?をチェックしています。このチェックの結果、異常があれば「EIR」に記入します。この破損によって貨物にダメージが発生している可能性があるため、何らかの貨物ダメージがあったときは、EIRの請求が欠かせません。

    7.バンプール

    バンプールは、輸出用の空コンテナを保管する場所です。

    例えば、ある荷主が「○○国へ輸出したい」と、船会社に手配したときは、ドレー会社がこのバンプールにあるコンテナを引き取った後、バンニング場所まで空のコンテナを移動。バンニング後、身が入ったコンテナを再びターミナルに搬入します。余談ですが、このバンプールの近くには、コンテナを修理する所もあります。

    その他

    メンテナンスショップ→コンテナの点検や修理、保守などをする場所

    管理棟→ヤード内のすべての指示をする場所

    以上、コンテナターミナルの紹介でした。

    よくある疑問

    CYとCFSの違いは?

    CY(コンテナヤード)は、コンテナ単位で荷物を取り扱う場所。コンテナフレイトステーション(CFS)は、コンテナ単位未満の貨物を取り扱う場所です。具体的には、次の役割があります。

    輸入の場合
    1. 本船が到着する
    2. CYでコンテナを下ろす。
    3. CYからCFSにコンテナを移動
    4. CFSでコンテナの中身を取り出す。

    なお、コンテナ単位で輸入する人は、コンテナ単位のままCYから搬出をして、自社の倉庫等へ移動し、そこで中身を取り出すことが多いです。

    輸出の場合
    1. 輸出する貨物をCFSに入れる。
    2. CFSで他の荷主の荷物とまとめてコンテナにする。
    3. CFSからCYにコンテナを移動する。(まとめられたコンテナ)
    4. 輸出許可後、コンテナを本船に積み込む。

    コンテナヤードとバンプールの違いは?

    コンテナヤードは、エプロン、マーシャリングヤードをまとめた総称です。他方、バンプールは、荷物を取り出した後の「空のコンテナ」を保管するエリアです。少しあやふやな部分もありますので、用語の定義にこだわる必要はないと思います。

    ガントリーの意味は?

    ガントリーとは、下の写真のような構造物を言います。港のクレーンはもとより、巷では、鉄工所などでもみかけることが多いです。

    ガントリーの意味

    コンテナヤードを英語にすると?

    コンテナヤードは英語で「Container Yard」と書きます。これを略して「CY」と言っています。CYは、貿易書類にもたくさん登場してくる用語です。

    FCLとLCLの違い!

    まとめ

    • コンテナターミナルにはCYとCFSの2つがある。
    • CYは、コンテナ一本単位を取り扱う所
    • CFSは、コンテナ未満の小口貨物を取り扱う所
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    見積もり依頼

    ■入力例 *わかる範囲でご記入ください。

  • 品目:マスク
  • カートンの大きさ: 10cm×20cm×5cm(不明の場合は不明と記載)
  • 重さ: 0.5kg/ケース
  • 個数: 100ケース
  • 備考: 輸送の際、●●が欲しい。通関を希望するなど
  • その他、国際物流の関連記事

    カイコン



    [スポンサードリンク]


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました