海外通販で詐欺にあった場合の相談先・対処方法

この記事は約8分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    日本で海外の商品を購入すると、非常に高い場合が多いです。そこで少しでも安く手に入れるために個人輸入に挑戦します。2020年現在、個人輸入は、ネットの発達によって非常に簡単にできます。しかし、簡単にできるがゆえに、詐欺被害も増えています。そこで、この記事では、海外通販の詐欺被害の注意点と対処方法をご紹介していきます。

    海外通関と詐欺被害

    人をだまして金銭等を搾取すれば詐欺です。仮に日本国内で詐欺被害にあった場合、警察等に被害届を出せば、被害に対する救済は、比較的見込めます。しかし、購入先が海外となると、日本の「国外」となり、日本の法律を適用するのは難しいです。あなたの被害に対する救済措置は基本的にないと考えた方が良いです。

    ただし、詐欺被害にあうことを恐れるがゆえに、海外通販をしないのは損です。海外通販の詐欺被害や守るべきポイントを学び、事前と事後の対処方法を知ることが重要です。これにより、必要以上に海外通販におびえることもなくなり、あなたのライフスタイルをより良くしてくれます。

    海外通販の詐欺サイト一覧及び情報収集

    この記事をお読みになっている方は、すでに海外通販で何らかの詐欺被害に遭われている方だと思います。もし、詐欺被害を回避するためにお読みになっている場合は、消費者庁が公開する「海外詐欺サイト一覧」をご覧ください。こちらのリストに掲載されているサイトは、悪質な模造ブランド品の販売、詐欺などをしています。その他、国境を越えた詐欺被害を防止する国際的なネットワーク「econsumer.gov」があります。

    econsumer.govは、世界35か国以上の消費者保護機関が情報を共有し、越境するオンライン詐欺の情報を集約しています。このサイトにある「ニュースとトレンド」などを確認して、世界的な詐欺被害の傾向を確認するのも有効な方法です。

    econsumer

    画像:econsumer

    詐欺被害にあわないために確認するべきポイント

    詐欺被害にあわないための対策や確認するべきポイントは次の6つです。

    1. 名の通ったサイトで購入する
    2. 販売プラットフォーム外での決済をすすめていないか?
    3. 運営者情報はしっかり記載されているのか?
    4. 理解不能な日本語表記になっていないのか?
    5. 極端に安く販売されていないか?
    6. 支払い方法が現金のみ

    1.名の通ったサイトで購入する

    海外通販で詐欺被害にあわないためには、信頼できるサイト、名の知れたお店で購入することです。

    例えば、海外サイトで有名な所はアマゾンです。各国にあるブランドの直営店が運営するネットショップ、デパートが運営するショップなども良いですね!また、エスクローと呼ばれる安全度が高い決済方法を導入するサイトも安心です。

    ネット上では、ebay等で売買を楽しむ方も多いですが、海外通販初心者の方は、まずは名の通ったサイトでの購入をお勧めします。アリババには、次の「トラストマーク」があります。このマークは、ある一定の基準を満たす業者しか付与されないため、悪質な販売者を見分ける一つの基準にできます。

    アリババ トラストマーク

    2.販売プラットフォーム外での決済を進めていないか?

    販売フォームとして有名な物にアリババアリエクスプレス、アマゾンなどがあります。この中でも卸売りで有名なのはアリババです。アリババ内の取引は、売り手と買い手との間にアリババが入り決済の安全性を高める「エスクロー」があります。アリババを通して取引することで、エスクローにより決済の安全性が担保されます。詐欺をする人は、このエスクローから逃れるためにアリババ外の取引に誘導します。

    例えば、WeChatというSNSツールを使い、直接メッセージのやり取りをする。その後、ウェスタンユニオンなどの銀行名を伝えられて、そこに振り込むように指示してきます。そして、いくつかのチャット上だけで相手を信じてしまい見事、お金を奪われます。この場合、詐欺による被害は、ほとんど救済されないです。

    *仮に直接取引をするなら、必ずペイパルを使います。ペイパルには、買い手保護プラグラムがあり、詐欺被害の申し立てにより、資金が保護されます。

    相手を信用しないこと。オンラインプラットフォームから出て直接取引をしない。振り込んだから最後です!

    3.運営者情報はしっかり記載されているのか?

    海外通販サイトには、必ず運営者の情報が記載されている部分があります。名前、住所、運営者、電話番号など、必要な情報を確認します。サイト上のどこにも掲載されていない場合は、怪しいです。また、情報が掲載されていても、必ずグーグル検索などで住所や会社名などを検索します。できれば、知恵袋などの検索窓に入れてみると良いです。仮に詐欺被害が出ている場合は、知恵袋でも情報が見つかりるはずです。

    4.理解不能な日本語表記になっていないのか?

    どんなに日本語を学んでもネイティブ(日本人)を超えることはできません。これは、私たちが「自称英語ができる人」と言っていることと同じです。海外通販サイトには、覚えたての日本語または、グーグル翻訳などの機械翻訳の日本語をそのまま貼り付けているところがあります。(中国サイトに多いです。)意味不明・不自然な日本語を記載しているため、すぐにわかります。少しでも違和感を覚えたらすぐにサイトから立ち去ります。

    5.極端に安く販売されていないか?

    定価が10万、同じ物が海外のショップでは一万円で販売されている。通常、このような価格差は、おかしいです。いくら日本側の価格が高いといっても、不自然なほど価格に開きがあるものは詐欺販売の可能性が高いです。

    6.支払い方法が銀行振り込みのみ

    「海外通販は危険だからクレジットカードを使わず、銀行振り込みで決済している!」とまじめに主張される方がいますが、完全に間違っているため気を付けましょう。それ、完全に逆の考え方です。銀行決済程、危ない物はありません。必ずクレジットカードなどで決済をするべきです。銀行振り込みで詐欺被害にあった場合は、ほぼ100%お金は返ってきません。他方、クレジットカードの決済であれば、いくつかの手段により支払いを止められます。

    現金信者の方は危険です。海外通販はクレカやペイパルなど、第三者を仲介させるべきです!

    詐欺被害にあった場合の対処方法

    では、実際に海外通販で詐欺被害にあった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか? 実際の所、海外通販の詐欺被害に実行力をもって対処する方法はありません。その前提でご紹介するなら次の5つの方法があります。

    1. クレジットカード会社に連絡
    2. 越境相談センターに相談
    3. 裁判外紛争解決手続(ADR)を利用する。
    4. econsumer.govに詐欺被害を報告
    5. ソーシャルメディアに被害届をだす。

    1.クレジットカード会社に連絡をする

    クレジットカード決済をした後、詐欺被害に気付いた場合は、できるだけ早くクレジットカード会社に連絡をしましょう。チャージバックなどの仕組みにより相手側に資金がいかない、または回収ができます。私が「銀行振り込みは危険、クレカの方が安全」というのは、こういう救済的な仕組みがあるためです。

    2.越境相談センターに相談をする

    消費者庁が管轄する中に「越境相談センター」があります。このサイト中で海外通販の詐欺被害に関する相談ができます。もちろん、公的機関であるため、相談料等は一切ありません。ただし、海外通販は、日本の国内法を適用できないため具体的な実行力はありません。過度に期待はせず、トラブルにあっている状態から少しでも冷静になるために相談できる所と考えましょう!

    越境消費センター

    越境消費センター
    輸入で詐欺られないための2つの方法
    ネットの口コミはウソばかり!アマゾンレビューを信じない!

    3.裁判外紛争解決手続(ADR)を利用する。

    「裁判まではできない。でも、誰か専門家に仲裁に入ってもらいたい!」このような場合は裁判外紛争解決手続き(ADR)の利用します。詳細:「独立行政法人国民生活センター

    ADR(裁判外紛争解決手続)

    画像:ADR(裁判外紛争解決手続)

    4.econsumer.govに詐欺被害を報告する。

    econsumer.govに苦情を投稿することで、さらなる詐欺被害の発生を防止できます。ここは助け合いの精神で、ご自分の被害情報を申告&共有しましょう!

    econsumer

    4.ソーシャルメディアに詐欺被害を投稿する。

    詐欺被害が明らかなときは、自分が利用するソーシャルメディアに詐欺被害について言及することも一つの方法です。多くの販売店は、ソーシャルメディア担当者を配置し、自社にとってネガティブな情報に気を配っています。

    例えば、ツイッターであれば、#詐欺被害、#購入店の名前、#ページのURLなどを加えて投稿します。

    詐欺被害の申し立て方法を理解しよう!

    アリエクスプレスの申し立て方法

    アリエクスプレスの苦情は、右上にある「H!○○」>>My orders>>Open Disquteからできます。

    アリエクスプレスの苦情

    アリババの申し立て方法

    アリババは詐欺被害の連絡用ページから手続きをします。

    1) Trade Assurance Order Dispute
    2) Offline Trade Dispute

    アリババ

    ebayの申し立て方法

    ebayはこちらのページから申請をします。

    ウエスタンユニオンバンクの申し立て方法

    ウェスタンユニオンバンキングは「詐欺被害の申し立てフォーム」から詐欺の連絡ができます。緊急性が高いときは「0120961623」のホットダイヤルに電話をします。

    ウェスタンユニオン

    まとめ

    1. 海外通販における詐欺被害への救済措置はほとんどないです。
    2. 詐欺被害にあわないための回避知識が大切です。
    3. 詐欺被害にあった場合は、冷静になるために「越境消費センター」に相談をしよう。

    海外通販のポイント

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    【HUNADE公式パートナー】

    輸入代行
    転送サービス

    [スポンサードリンク]


    輸入の見積もりツール

    hunade

    hunadeのお問い合わせページ


    個人輸入(海外通販)
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました