「アフターシップ」複数ある荷物の追跡を一括で管理できます!

この記事は約4分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    「国際発送した商品は、どうなっているのか?」を追跡したいときは、各配送業者のサイトへ行き、伝票に書かれているトランキングナンバーをいれて調べます。インターネットの力は、とてもすごいですね。ただし、この方法だと、複数の貨物を調べたいときや、依頼している配送業者が複数あるときは、苦労することが多いです。

    例えば、ブラジルAさんにはDHLで発送している。アメリカDさんには、EMSで発送している。中国Zさんには、ヤマト運輸で発送している。このように送る先の国、利用している配送業者などが違うときは、上記のトラッキングナンバーによる確認方法では、大きな手間が発生します。そこでお勧めするのが「アフターシップ」です。アフターシップは、世界の国際配送業者・428社分の荷物の追跡を一括管理できます。

    そこで、この記事では、国際発送の強い味方である「アフターシップ」の使い方を説明していきます。

    DHL

    複数の貨物を一括管理・アフターシップの使い方

    国内発送の荷物を一元的に管理するソフトと言えば「配送でポン」という荷物発送管理ソフトが有名です。ただし、今回お伝えする荷物発送管理とは、国際発送物に対する管理のことです。国際発送といえば、ヤマト国際便、EMS、佐川グローバル、外資で言えば、DHL、フェデックスなどが有名どころですね。送りたい商品、送る先の国によって、様々な配送会社があります。

    国際発送をするときに困るのが「今、発送した荷物はどうなっているのか?」という確認です。すべての荷物には、追跡番号(トラッキングナンバー)がついているため、各社のサイトへいき、その番号を調べることは可能です。ただし。大量の荷物の確認をする上では、かなり不便です。そこでアフターシップを使います。

    荷物を発送する人は、アフターシップに、国際配送のトラッキングナンバーを登録するだけで、全ての状況を以下のようなダッシュボードで管理できるようになります。しかも、驚くことに、世界428事業者の荷物の追跡をこのアフターシップによって、すべて一括管理できます。荷物の配達状況も色などで表現してくれるため、とても分かりやすいです。

    AFTER SHIP HUNADE

    アフターシップの登録方法

    アフターシップを使うメリットがわかったところで、早速、アフターシップの登録をしていきましょう!まずは、アフターシップの登録画面を開きます。左上のメニュー部分を押すと、日本語表示にできます。下にある「スタートフリー」ボタンから登録作業をしていきます。

    スポンサーからのお知らせ!
    タイの高速海上便
    海上速達便
    フォワーダービジネス

    AFTER SHIP HUNADE

    グーグルアカウントがある人は、画面上の「SIGN UP WITH GOOGLE」から登録した方が楽です。グーグルカウントにアクセスする権利を与えたら登録作業は簡単です。もし、グーグルアカウントを使いたくないときは、下のEメールとパスワードを入力して登録をしていきます。
    AFTER SHIP HUNADE

    登録が済んだらアフターシップのダッシュボードが表示されます。この段階では、何も荷物を登録していため「No shipments found.」などが表示されています。画面内にある「ADD NEW SHIPMENT or IMPORT CSV」などのリンクから、追跡したい荷物を登録していきます。下がその登録画面です。
    AFTER SHIP HUNADE

    もし、一つ一つ手作業で入力するのが面倒であれば、画面の右側にある「CSV Upload」を押してから、csvファイルをダウンロード→必要事項を記入→記入したcsvをアップロードすることで、荷物情報を一括で登録できます。

    AFTER SHIP HUNADE

    無事に荷物を登録できました。今回は、日本のヤマト運輸のトラッキングナンバーを追加してみました。しっかりと、国内配送対応していますね。ヤマト運輸のサイトで調べるように、荷物の配送状況を詳しく確認できるため便利です。何度も言いますが、こちらは「アフターシップ」の画面です。であるにも関わらず、このように詳細情報までをしっかりと表示しています。
    AFTER SHIP HUNADE

    さらに追加したくなり、二個目の貨物を登録してみました。もちろん、二個目もバッチリと登録されています。画面の左側のアイコンにご注目下さい。実は、このアイコンが荷物の配送状況を示しています。上のオレンジのボックスマークは「現在、配送先周辺で配達中」を表します。
    AFTER SHIP HUNADE

    このようにグラフ等でも表示してくれるため、たくさんの荷物を管理しているときは、とても便利です。
    AFTER SHIP HUNADE

    アフターシップの価格

    さて、最後に気になるのは価格ですね。アフターシップ利用料金は、できる機能と追跡する荷物の量によって決まります。無料で利用したいのであれば、フリープランを選びます。この場合、月間の合計で100個の追跡まで無料で利用できます。それ以上の数を追跡したいときは、プレミアムプランを申し込みます。

    プレミアムプランは、最大10万個/月まで追跡ができます。そのさいの料金は月額10万円(月額料金は、自由に設定できます。トラッキングする貨物数に応じで設定できます。)です。まずは、フリープランを試してみて、プレミアムプランを考えるようにしましょう!

    まとめ

    今回お伝えしたアフターシップは、国際発送を一括で管理するために便利なサービスです。このサービスを使えば、一つ一つの配送状況をトラッキングナンバーを頼りにして負う必要もありません。アフターシップに登録するだけで、約500社分の配送状況を集中管理できます。また、アフターシップは、クラウド型で提供されているため、アカウント情報さえあれば、どこのパソコンからでも操作できるのが大きなポイントです。

    これからECによって世界へ販売され用としている方は、ぜひ、このアフターシップの活用をご検討ください。

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました