国際物流/輸送と貿易の違い。どこから何を依頼できる?

この記事は約8分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    貿易(輸出や輸入)について調べていると、国際輸送(物流)の言葉を目にすることが多いです。また、これとあわせてフォワーダーなる言葉もあります。一体、これらは、どのような違いがあるのでしょうか? 一緒と考えていいのでしょうか?

    実は、国際輸送(物流)と貿易は、貿易>>国際物流の関係があり、これを理解していないと、必要としている業務に対して、適切な依頼先を見つけることが難しくなります。そこで、この記事では、貿易業務と国際輸送業務の職域とできる事/すべき事について詳しくご紹介していきます。

    国際物流/輸送と貿易の違いは?

    いきなりですが、あなたは、街のパン屋さんだとしましょう。パンを作るためには、小麦粉などの原材料が必要です。そのため、あなたは、この原材料を専門業者から仕入れます。次に、パンを焼くためには、様々な厨房機器も必要ですね。やはり、これも別の専門業者から仕入れます。

    • 原材料の業者から、小麦粉等を仕入れる。
    • 厨房機器の業者から、調理機器を仕入れる。

    上記2つの結果、あなたは、パンを作ることができ、販売ができます。ん?当たり前ですか? でも、よく考えて下さい、別に小麦粉を自分で作ることもできます。畑で小麦を栽培すればいいですね! また、調理機器も頑張れば自分で製造できるかもしれません。

    でも、それをせず、それぞれの専門業者から原材料や調理器具を仕入れていますね!

    なぜですか? 餅は餅屋の言葉がある通り、専門の分野は専門にお任せした方が価格面や作業コスト面などから考えて、有利であるからですね!

    実は、貿易や国際物流の分野にも、このような専門領域や職域があります。この専門領域を理解せず、貿易や国際物流などの言葉で一つにまとめて理解していると、余分な費用を支払ったり、相手側の企業に煙たがられる存在になったりします。

    貿易や国際物流を細分化し、携わる業者の専門性や職域を理解する事。

    貿易と国際物流の細分化

    では、早速、貿易と国際物流/国際輸送の細分化していきましょう。まずは、貿易と国際物流の違いを確認していきます。

    貿易を辞書で確認すると、外国と商業取引をすることと記載されています。他方、国際物流とは、輸出や輸入に伴って発生する貨物の輸送、保管、加工、通関等の流通の総称と記載されています。言葉だけの意味なら、貿易業務の中に国際物流があると考えればいいでしょう。

    貿易業務と国際物流の業務内容と関連企業の職域を理解すること

    では、なぜ、貿易業務と国際物流の違いを理解する必要があるのでしょうか? この答は、第三者へ依頼するタイミングにあります。

    例えば、貿易や国際輸送を依頼するときに、通関業者やフォワーダーを使う方も多いでしょう。では、彼らの職域や専門領域は、どこからどこにあるのですか? あなたは、それを正しく把握されていますか?

    例えば、サプライヤーに対して商品価格の交渉を依頼したいときは、フォワーダーなど依頼をすれば良いのですか? それは、適切な依頼だと思いますか? もちろん、不適切ですね!

    なぜか? その答えは、売買交渉は、国際物流業務ではなく、貿易業務。つまり、輸入者(輸出者)であるあなたが行うべき業務だからです。パン屋の店主がパンの製造を誰かに依頼しますか? 昨今は、ファブレスメーカー等も流行っていますが、基本は、パン屋さんであれば、ご自身でパンを作るはずです。

    このように、本来は、ご自身でやるべき業務を第三者であるフォワーダー等に依頼する方が非常に多いです。

    • ご自身でするべき貿易業務
    • フォワーダー等の第三者が請け負う業務

    を区別できていないため、少し頓珍漢なことをしてしまいます。このようなことを防ぐために、貿易業務と国際輸送業務の違いと、各業者の専門領域を正しく理解することが重要です。

    下記にその違いをご紹介いたします!

    貿易業務に該当すること(基本はあなたがやるべきこと)

    実際の貿易業務を照らし合わせて考えると、貿易業務には、次の物があります。

    • 取引先の開拓と交渉
    • 取引先との売買交渉
    • 取引先との折衝(クレームや何かの変更等含む)
    • 入出金の管理
    • 書類の管理
    • 国内販売活動
    • 国際輸送の手配や管理(輸出入の手配)

    国際輸送業務に該当すること(一部を他社に依頼できること)

    国際輸送業務は、上記の貿易業務の一つです。そして、この国際輸送業務に該当する内、フォワーダーや通関業者等が業務として請け負う範囲は、黒文字部分のみです。(話を単純にするため、付帯業務を省略)

    • フォワーダー・通関業者、インコタームズの選定
    • ダメージ貨物の管理
    • 必要書類の準備と修正依頼等
    • 海上保険手配(求償請求含む)*一部対応
    • 国際輸送に見積もり
    • 通関関連の管理
    • 日本の国内輸送手配の管理

    フォワーダーや通関業者等は、国際物流を細分化した業務の一部を引き受けてくれます。つまり…..

    フォワーダーや通関業者は、貿易に関する様々なことを引き受けてくれる

    と考えるのは、間違いなのです。彼らは、貿易業務>>国際輸送の一部の業務を引き受けてくれるだけであり、専門域から出すぎる部分は、断る可能性が高いです。

    例えば、フォワーダーに対して….

    • 中国のサプライヤーとの売買交渉を依頼する。
    • 船積み書類の書き換えを依頼する。
    • インボイス、パッキングの内容を理解できないため確認を依頼する。

    などは、すべてフォワーダーの業務外のことであり、これは、輸入者(輸出者)本人が行うべき貿易業務に該当します。もし、その業務が自身でできなければ、別に貿易業務の代行サービスに依頼するべきです。何でもフォワーダーに相談すれば良い!との考えはやめましょう!

    フォワーダーや通関業者には職域があることを覚えましょう。かつ、あながするべき業務を正しく理解することも重要です。

    各業者と専門領域の紹介

    最後に貿易と国際輸送に関連する企業と職域例をご紹介します。この表を参考にして、あなたがやるべき事、フォワーダー等に任せられることを把握して、適切な依頼ができるようにしましょう!

    関連業者業務範囲例ワンポイント
    フォワーダー
    • 国際輸送の見積
    • 国内配送の手配
    • 中間流通の手配
    • 通関(一部対応)
    主に国際輸送サービスを提供。自社の施設(船や飛行機等)を所有しないまま、国際輸送を提供する。自社サービスを充実させるため、通関等を提供することもある。フォワーダーの中でも特に「独立系フォワーダー」は価格競争力があると言われています。
    通関業者
    • 通関業務
    • 国内配送
    • 国際配送(一対応)
    基本は、輸出入の通関業務を提供。付帯業務として国際輸送までカバーをする。国際輸送の見積は、フォワーダーに依頼をした方が価格競争力があります。
    貿易業務代行
    • 売り手との売買交渉など
    • 書類修正の依頼
    • 入金の管理や催促
    • インボイス等の確認
    • 通関業者やフォワーダーなどへの依頼
    昔、通関業者やフォワーダーなどで勤務していた経験を活かし、個人で業務を請け負っている方が多いです。英語が堪能な方が多く、海外への交渉から書類の整理等まで幅広く対応しています。イメージは、貿易業務の秘書。一部は、貿易コンサルタントの配下に入り、外注として働いています。全く貿易経験がない方は、貿易業務の代行を依頼すると良いです。
    貿易コンサル
    • 貿易業務から販売支援等
    • 貿易全般の質問への回答
    • 業務効率化の支援等
    貿易コンサルは、自らの経験や知識・コネクション等を使い、一括で貿易のサポート業務を受注。貿易コンサルは、各貿易関連企業に対して「下請け」のような形で発注している。

    それぞれの職域を理解し、適切な所へ依頼することが重要

    貿易と国際輸送の中には、様々な職域があります。そして、この職域ごとに専門企業が存在します。近年は、ワンストップサービスで、一つの所に依頼をすれば、様々なサービスを受けられる所も増えています。しかし、結局、そのワンストップサービスは、大元で一括で受注をしているだけで、蓋を開けてみたら、専門企業が下請けとして動いているだけのパターンが多いです。

    やはり、どのような企業がどのような業務までを提供しているのか?を正しく理解し、ご自身の力で適切な業者に依頼する力が求められています。

    お金さえ支払えば、何でも提供してくれる

    との考え方は、やめましょう! いくらお金を支払っても対応できない物はできないです。フォワーダーや通関業者は、不適切過ぎる依頼を受けると、その対応に膨大な時間がとられます。つまり、業務効率が下がるため、結局、依頼を断る可能性が高くなります。特に次のパターンに当てはまる方は、職域を無視し、何でもフォワーダー等にぶつける方が多いです。

    • クーリエ等の小包輸送から本格的な貿易に切り替える人
    • CIFからFOBへ切り替える方など

    貿易と国際物流の専門領域を正しく理解し、適切な業務を適切な業者へ依頼することが国際輸送の最適化につながります。今一度、ご自身の経験等を振り返り、業務範囲外のことを依頼していないかを自問自答してみましょう!

    中国から輸入する?輸出する?中国輸送のプロ集団が対応します!

    まとめ

    • 貿易業務と国際物流/輸送業務のするべきことを理解する
    • 自身がすべきこと。他社に任せられることを理解すること
    • 有償でも引き受けてくれない業務があることを理解すること
    • 適切な業者に適切な業務を依頼することが国際物流の最適化につながる。
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    見積もり依頼

    ■入力例 *わかる範囲でご記入ください。

  • 品目:マスク
  • カートンの大きさ: 10cm×20cm×5cm(不明の場合は不明と記載)
  • 重さ: 0.5kg/ケース
  • 個数: 100ケース
  • 備考: 輸送の際、●●が欲しい。通関を希望するなど
  • その他、国際物流の関連記事

    カイコン


    hunadeのお問い合わせページ


    [スポンサードリンク]


    国際輸送
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました