リーファーコンテナで輸送するべき品目例とその理由

この記事は約7分で読めます。

リーファーコンテナでは、どのような品目を輸送すればいいのでしょうか? この記事では、コーヒー豆、ワイン等の一般的な物から「え!? そんな物も運ぶ?」と、意外な物までご紹介していきます。

この記事をみると、リーファーコンテナで輸送するべき品目と考え方がわかります!

*この記事は、リーファーの実務経験者のみがわかる情報を紹介しています。当サイトの情報を加筆、修正等をし、独自の記事として公開する行為をお断りいたします。*例:記載内容の前後を入れ替えて加筆等をする→ 編集著作物侵害行為に該当する可能性有り。

リーファーコンテナで輸送する品目例

■この記事で分かること

  • リーファーコンテナを利用する代表例
  • リーファーコンテナを利用する意外な品目
  • 航路や季節を考慮したリーファーコンテナの選択

リーファーコンテナとは温度管理ができるコンテナです。温度は低温に限らず、約-30℃~+30℃程度の温度設定が可能です。また、-60℃の極低温に設定できる特殊仕様のコンテナもあります。

リーファーコンテナで輸送される最もメジャーなものは「食品」です。しかし、実は、食品以外にも様々なものがリーファーコンテナで定温輸送されています。輸送される品目は、温度変化や湿度変化などにより品質が劣化する物が多いです。

例えば、医薬品、ワクチン、美術品、電子機器などです。その他、次の貨物もリーファーで輸送されています。

リーファーコンテナで輸送する代表的な品目

  • フルーツや野菜などの青果物
  • 乳製品
  • 肉類や魚介類
  • ワイン
  • ビール
  • コーヒー豆
  • 医薬品やワクチン
  • 電子機器

意外な品目

  • 危険物
  • 生物
  • 化学製品
  • インテリア用品
  • 化学用品
  • スキーウェアなど

それでは、品目ごとにリーファーを使う理由をご紹介していきます!

フルーツや野菜などの青果物

フルーツや野菜などの青果物は一般的に海上輸送されます。しかし、海上輸送は長期間になることが多く、収穫した果物や野菜は徐々に劣化し、鮮度が低下します。リーファーコンテナを使い適切な温度管理や酸素濃度などの管理を行うことで老化など劣化の進行を遅らせられます。

CAコンテナとリーファーコンテナ 温度管理ができる輸送

乳製品

牛乳やヨーグルトやチーズなどの乳製品もリーファーコンテナによる低温輸送が行われています。高温での輸送は製品が腐るなど著しい劣化に繋がります。

牛乳やチーズなどは厳密な温度管理を行い運びます。一方で、アイスクリームやバターなどは約―18℃の低温で冷凍して運びます。

肉類や魚介類

肉類や魚介類も低温輸送されます。肉類や魚類など、冷凍して運ぶイメージがありますが、実際には多くの商品は―1℃くらいのギリギリ凍結しない温度で運ばれます。

リーファーコンテナの設定温度は―30℃から+30℃程度ですが、マグロに関しては味・鮮度をより高めるために特殊なリーファーコンテナを利用して-50℃以下の極低温で運びます。

極低温リーファーコンテナは断熱材の厚みが増しているほか、リーファーコンテナの冷凍能力の要となる機械である圧縮機を二段圧縮としています。

ワイン

ワインのような液体物はかさばるので、海上輸送のリーファーで運ばれます。家電量販店でもワインセラーが売られれていることから分かるように、ワインは、温度温度にとても敏感です。

ワインの中には、ドライコンテナで輸送されている物もあります。これを見分けるために、海上輸送のリーファーで輸送している場合は、ボトルラベルにREEFERと記載されています。機会がありましたら、確認をしてみて下さい。

しかし、ボトルラベルにリーファーが記載されていても、陸上輸送や倉庫でも温度管理している保証はないです。あくまで目安です。

ビール

ビールはリーファーコンテナで定温輸送されます。ビールもワインと同様に温度に敏感であるためです。温度が高いほど劣化が早いです。

リーファーコンテナでの輸送はドライコンテナよりコストが高いですが、品質管理の点から考えるとリーファーでの輸送が望ましいです。

コーヒー豆

コーヒー豆は農作物なので生鮮食品の一つともいえます。そのため温度変化に弱く、また空気中の湿分を吸収するため湿度にも弱いです。そのため、温度、湿度による劣化を防ぐためにリーファーコンテナを使われることがあります。

医薬品やワクチン

医薬品やワクチンもリーファーコンテナで運ばれます。医薬品輸送時の温度変化により性状が変化する可能性があるためです。医薬品やワクチンは人命に関わるため、品質低下の恐れがあるものは使用できません。

リーファーコンテナの設定温度は-30℃~+30℃程度の設定ができます。しかし、ワクチンの中には-75℃での保管が必要なものもあります。そのような時はマグロと同様に極低温に対応した特殊なリーファーコンテナを使用します。

花の輸送にもリーファーコンテナが使われることがあります。品質管理目的のほか、海上輸送により輸送コストを抑えられます。

しかし、海上輸送は時間がかかるため品質向上の課題は残ります。また、満開の花を輸送すると目的地に到着するころには枯れてしまいます。そのため、パッキング方法、輸送タイミング、輸送条件など様々な工夫が必要です。

電子機器

電子機器は温度にとても敏感です。また、湿分にもとても敏感です。そのため、輸送には温度及び湿度の管理ができるリーファーコンテナを利用します。

リーファーコンテナで運ばれる意外な品目と理由

ここからは、リーファーコンテナで運ばれる意外な品目をご紹介します。

危険物

危険物の海上輸送についてはIMDG Code(国際海上危険物規定)により定められています。そもそも危険物とは火薬や薬品など様々なものがあり、IMDG Codeのルール内でコンテナ輸送が可能です。

温度管理が必要な危険物に関しては、リーファーコンテナで運ばれます。危険物を運ぶリーファーコンテナは「船 舶 に よ る 危 険 物 の 運 送 基 準 等 を 定 め る 告 示十五条の二の三(コンテナの構造等の基準)」等の基準に則る必要があります。

生物

生物や動物も特殊なコンテナで運ばれます。季節や生物によってはリーファーコンテナで運ばれることがあります。

化学製品

身の回りにある化学製品にも品質管理の観点からリーファーコンテナで運ばれるものがあります。スキーウェアや耐寒用ジャケットの中では、50~60℃以上でプリント素材や耐寒及び撥水加工が化学変化を起こすものがあり、リーファーコンテナで輸送されることがあります。

他にも、ペットボトルに巻き付いているプラスチックのフィルムや、避妊具などのゴム製品、接着剤、ワックス、塗料など様々なものがリーファーコンテナによる温度管理下で輸送されます。

航路や季節を考慮しよう!

近年、リーファーコンテナの需要はさらに高まっており、今後も様々な輸送で活用されるでしょう。

一方でドライコンテナのニーズも依然として高いです。そのため、荷送人や荷主が悩むポイントの1つとしてリーファーコンテナにするか、ドライコンテナにするかの点があります。

厳格な温度・湿度管理が必要な場合や冷凍輸送が必要な場合はリーファーコンテナでの輸送が必須ですが、それ以外の場合は下記も参考にしてください。

  1. 季節
  2. 航路

1.季節を知る必要性

リーファーコンテナを利用するか判断するための基準の1つとして、季節があります。

例えば冬であれば、温度が低ければ良い荷物に対してリーファーコンテナを利用する必要はないかもしれません。逆に、低温で運びたいが凍結しては困る荷物に対しては、冬でもリーファーコンテナを利用する必要が出てきます。

生物などの常温であれば良い荷物は春・秋のみドライコンテナで出荷し、その他季節は出荷しない、もしくはリーファーコンテナを利用する選択も出きます。

2.航路を知る必要性

リーファーコンテナを利用するか判断するためのもう1つの基準に航路があります。航路を知る必要性は2つあります。

まず、上で説明した季節は航路によっても変化します。例えば日本が冬でも、南半球は夏です。また、シンガポール等は常夏の国であるためシンガポールを通過する荷物は1度は夏を経験します。

航路を知る必要性があるもう1つの理由が輸送期間です。輸送期間が短ければ、ドライコンテナで良くても長時間となるとリーファーコンテナを選択すべきケースなども出てきます。

 

>>CAコンテナとリーファーコンテナ入門

 

まとめ

  • 温度管理が必要な荷物はリーファーコンテナによって海上輸送をできます。
  • 温度管理が必須ではなくても、ワインやビールなど品質向上のためにリーファーコンテナを利用する荷物もあります。
  • リーファーコンテナでは危険物や生物なども輸送することが可能です
  • リーファーコンテナを利用するか判断するには季節や航路を考慮する必要があります
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認
リーファーコンテナ
この記事の執筆者
HUNADE

貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

HUNADEをフォローする
HUNADEをフォローする
HUNADE EPA/輸出入/国際物流
国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました