海上輸送における単独運航、共同配船、スペースチャーターとは?

国際輸送
この記事は約4分で読めます。

外国へ貨物を輸送するときは、海上輸送が一般的です。航空機よりも安く、かつ大量に運べるからです。海上輸送を理解するには、船会社、NVOCC、スペースチャーターを理解する必要があります。一体、これらは、どのような物なのでしょうか? 貨物を輸送するのは、船会社であるのに、なぜNVOCCが出てくるのでしょうか?

そこで、この記事では、船会社、共同配船やスペースチャーターなどを詳しくご紹介していきます。この記事を見れば、コンテナ船がどのような仕組みで運航されているのかがわかります。

コンテナ船

海上輸送に船会社の運航形態

突然ですが、外国に向けて貨物を海上輸送する人は、誰だと思いますか? もちろん、その貨物を積載して運航する船会社ですね。

では、別の質問をします。船会社と言っても、小さなところから大きな所まで様々です。また、日本と中国、日本とアメリカなど、運航する方面によっても、様々な会社があります。会社の規模も違う、運航する方面も様々な中で、本当に一つの船会社だけですべてを運航できると思いますか? もちろん、できるわけがありませんね。

そこで重要なことが「共同での運行」です。とても簡単に説明すると、日本とロサンゼルス港までの路線を運航している船会社同士が一つの船を共同で運航して、輸送コストなどを圧縮するなどが当てはまります。そういえば、こんなことを聞くと、飛行機のアナウンスで流れる次のような言葉を思い出しませんか?

「この飛行機は、スターアライアンスグループである全日空とアシアナ航空の共同運航便です。」

なぜかよくわからないけれど、全日空に予約をしたはずなのに、当日の飛行機は、アシアナ航空だったという経験はございませんか? 実は、このコードシェアと、貨物船の共同配船も同じ考え方です。

「同じ航路を運航しているんだから、それぞれが単独で運航するのでなく共同でしようよ!そうすれば、コストが圧縮できるよね?」という考え方から生まれたのです。実は、このような共同運航する配船方式を合わせて、海上輸送には、全部で三つの配船方式があります。

ワンポイント:実はこの共同運航の考え方が始まったのは海上輸送が先です。飛行機は、すべて船での後追いで導入されています。

海上輸送における3つの配船方式とは?

海上輸送における配船方式には、次の3つがあります。

  1. 単独運航
  2. 共同配船
  3. スペースチャーター

1.単独運航

名前の通り、一社で定期航路を運航する方式です。自動車の輸送やLNGの輸送など、超大型の物で、独占して運ぶときに適用します。

2.スペースチャーター

他社が運航する定期船のスペースを借りて、貨物の輸送を請け負い配送することです。NVOCC(フォワーダー)が利用している運航方式です。

例えば、船会社Aが東京からシドニーまでのコンテナ船を運航しているとします。船会社がすべての荷主を自社だけで集めるのは大変です。そこで、全部で100個あるコンテナスペースの内、70個をNVOCCにゆずり、残りの30個分だけを自社で集めることにしました。つまり、70個分のスペースをフォワーダーに売却して、あとは、フォワーダー自身の運営に任せる形です。

この場合、船会社Aのコンテナ船は、次のような割合で運航されます。

・全貨物スペースの内70%がフォワーダー所有
・全貨物スペースの内30%が船会社所有

フォワーダーは船会社から購入したスペースを一般の荷主などに売却します。つまり、船会社から買い取った70%のスペースをさらに、一般の荷主に転売するのです。これによって、フォワーダーは、船会社からの買い取り価格と、一般荷主への売却価格との間でマージンを抜いて運営しています。

一般の荷主から船会社を見ると、一般荷主<<フォワーダ<<船会社の形です。このような関係性になっているため、B/L(船荷証券)も、次の形で発行されます。マスターB/LとハウスB/Lは、親子関係になっているため、何らかの理由でマスターB/Lがロックされているときは、その下にあるハウスB/Lもロックされます。

1.船会社からフォワーダーに対してマスターB/Lが発行される
2.フォワーダーから一般荷主に対してハウスB/Lが発行される

■スペースチャーターのまとめ
ある船を運航している船会社がそのスペースを他の船会社または、フォワーダーなどに売却して運航することです。

3.共同配船

共同配船は、複数の船会社が共同で一つの定期船を運航することです。上記のスペースチャーターと似ていますが、ある船会社がスペースを売却するのではなく、最初から一つの定期航路を複数の船会社で共同運航している点が違います。

配船方式の違いによる荷主への影響

以上が海上輸送における配船方式の違いです。一見すると、船会社と契約しているように見えますが、実はフォワーダーと契約していること(輸入時)などがよくあります。(*どのような輸送形態になっているのかはB/Lで確認)この配船方式の違いによって問題になりやすいのは、海上保険の求償手続きや、貨物の引き渡しに関する手続きです。

特に、貨物の引き渡し時には「貨物を受け取りたいけれど、マスターB/Lがリリースされていないから受け取れない」という問題が発生することが多いです。

まとめ

  • 海上輸送には、単独運航、共同配船、スペースチャーターがある。
  • 単独運航は、一つの定期路線を一つの船会社で行うことです。
  • 共同配船は、一つの定期路線を複数の船会社で共同運航することです。
  • スペースチャーターは、船会社が運航する路線のスペースを別の船会社やフォワーダーに売却して運航すること。

フォワーダーのランキング
フォワーダーって何?

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


タイトルとURLをコピーしました