【便宜置籍船】日本の会社なのにパナマ船籍の意味とメリット

便宜置籍船国際輸送
この記事は約2分で読めます。

テレビニュースなどで海運関連の話題を見ると「日本の船会社が運営するパナマ船籍の船が…」との言葉を聞きます。なぜ、日本の会社の船なのに、パナマ船籍なのでしょうか? 実は、このように船主の所在国と船の籍が違う物を「便宜置籍船(べんぎちせきせん)」といいます。

そこで、この記事では、便宜置籍船の概要、理由などをご紹介していきます。

便宜置籍船

便宜置籍船(べんぎちえきせん)

便宜置籍船とは、船のオーナーが船の籍を自国の国以外に置いた船です。船のオーナーは、必ず、どこかに国に船を登録する必要があります。

例えば、日本にいる船のオーナーは、日本に対して船の登録。アメリカにいるオーナーであれば、アメリカに対して船を登録しす。登録した船は「各国の船籍」が与えられます。そして船籍を与えられた船は、その身分を明らかにするために、船籍国の国旗を掲げて航行します。

他方、便宜置籍船とは、船主が自分が所属する国家ではなく、他国に登録をした物です。日本に所属する船主がパナマ、バハマなど、自国以外の第三国へ登録することなどが当てはまります。

では、なぜ、船籍を他国にする必要があるのでしょうか? 主な理由は、次の2つです。

便宜置籍船の2つのメリット

  1. 自国船員の人件費を圧縮できる
  2. 登録税等の税金が安い。

1.自国船籍の人件費を圧縮できる

自国船員の乗り組み義務とは、各国は、船主に対して、その船を運航する際に、自国の国籍である人員を乗り込ませる義務があります。ご存じの通り、人員費は、各国によって非常に幅があります。そして圧縮し難い分野でもあります。そこで、船主は、この自国船員の人件費をできるだけ安くするために、船籍を人件費の安い国に置いています。

2.登録免許税等が安い

船を登録するとき、船を維持するときには、必ず税金がかかります。便宜置籍船は、このような船に関わる税金を安くする目的もあります。

以上の2つが便宜置籍船にする主な理由です。

国別の保有船腹量(便宜置籍船)ランキング

以下は、便宜置籍船の船腹量の国別ランキングです。実は、日本は、運航する船の内、およそ75%~80%が便宜置籍船です。これは、世界ランキング2位です。

  1. ギリシャ
  2. 日本
  3. 中国
  4. シンガポール
  5. 香港
  6. ドイツ
  7. 韓国
  8. ノルウェー

ソース:UNCTAD

まとめ

  • 便宜置籍船とは、船のオーナーの所属国と、実際の籍を置いている国が違う船を言う。
  • 便宜置籍船にする理由は、人件費や関連費用の圧縮です。
  • 日本は、この便宜置籍船の船腹量が世界で二番目に多い。
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録

国際輸送見積もり


【基幹記事/カイコン】海上輸送入門・保存版

[スポンサードリンク]


\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせはこちら!
\ 通関代行・対比表、輸送見積もり好評受付中 /
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました