スマホを個人輸入する方法 関税・消費税や販売サイト等

この記事は約8分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 小規模企業向け通関代行の依頼
  • お気に入りの記事を確認
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • アリババ輸入の送料計算ツール
  • Japan Customs Guide (ENGLISH)
  • 世界の今を伝える貿易ニュース

  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    「海外からスマホを個人輸入したい!」とお考えですか?

    例えば、海外iPhoneの輸入です。もちろん、日本でも販売されいるのですが….海外から買うべき理由や魅力があります。なぜでしょうか?

    そこで、この記事では、海外からスマホを個人輸入する方法や各種税金(関税や消費税)、販売サイトなどをご紹介していきます。

    スマホを個人輸入する方法

    スマホを個人輸入すると聞いて、あなたは何を思い浮かべますか? きっと…

    「そんなの日本で買えばいいじゃん!」と考える方も多いでしょう。ただ、実は、あえて海外向けのスマホを購入するべき理由はあります。その一つが「カメラのシャッター音」です。カメラ機能で写真を撮る際に鳴る「カシャ」という音は、日本のスマホ特有です。

    例えば、日本で最も人気があるiPhoneの場合、日本版のiPhoneは、写真を撮る度にカシャ、カシャと不快な音がなります。この音は、マナーモードや消音モードにしても消せないです。

    しかしながら、このカメラ音は、前述の通り、日本版iPhoneのみの特徴であり、海外版のiPhoneには、カメラ音をなくせます。これが世界のスタンダードであり、日本のスマホだけが特殊です。アンドロイド、iOS、シムフリー等に関わらず、すべて「カシャ」というシャッター音が鳴ります。

    そこで、この機能を嫌う人の中には、iPhone標準のカメラを使わず、無音カメラ等のアプリにより撮影をする方もいらっしゃいます。しかし、これらのカメラアプリによる撮影は、広告に悩まされたり、画質の劣化に悩まされたりします。

    日本では、標準搭載のカメラを使えず、致し方なく、無音カメラを使うしかない状況に置かれている方も多いです。これが日本版スマホを使う上での最大のデメリットです。

    カメラのシャッター音は迷惑だと認識すること

    カメラ音について指摘すると「なんだそんなことか…」と考える方もいらっしゃいます。ただ、そう感じる方は、おそらく海外に行ったことがない方かな?と予想します。実際、海外で日本のiPhoneで撮影していると、露骨に嫌な顔をされることが多いです。

    また、私は、仕事柄、各国内の市場内の風景写真を撮ることも多いですが、その際にも、私のiPhoneのカメラ音がカシャ、カシャと鳴り、不思議そうに見られることが多いです。挙句の果てに、傍にいた香港の友人に撮影を止めるように促されるほどでした。

    もちろん、これは日本でも同じですね! 店内で料理の撮影をしたいだけなのに「カシャ、カシャ」とカメラ音が鳴り響くので、とても使い勝手が悪いです。やはり、海外産のスマホを購入する大きなメリットは、このカメラ音の消音にありそうです。

    意外にカメラ音は迷惑だと感じる方が多いです。海外スマホのカメラ音はならない。=自分の意志で消せます。

    海外スマホを輸入するメリットとデメリット

    上記の通り、海外スマホの最大のメリットは、カメラ音の消音です。その他のメリットは、日本では販売されていない多様な機種を選べる点、海外先行発売の機種を選べるなどがあります。

    一方、デメリットは、技術適合(技適)を満たしていないスマホを利用する可能性がある点です。日本では、電波の発する機械は技術適合と呼ばれる認証に合格する必要があります。海外産のスマホは、この技適に対応していない機種が多く、非常に厳密にいうと「電波法違反」に該当する可能性があります。

    *iPhone se 第二世代は、日本の技適に対応しているとの情報

    ただ、日本に来る外国人が自国のスマホを日本国内で、そのまま使っている事実もあるため、技術適合の考え方を広く一般に適用するのは、難しいのでは?とも感じております。少なくても非商用で、個人使用レベルの輸入の場合は、事実上、野放しになっている可能性が高いです。(*法律上、技適のスマホを使うことが原則)

    関連サイト:総務省 技術適合を受けた機器の検索サイト

    輸入方法

    次に、海外スマホを入手する方法を確認していきましょう。主な方法は、次の三つです。

    1. 海外で購入
    2. 輸入代行、友達に依頼する。
    3. サイトを使う。

    1.海外で購入

    まずは海外で購入する方法です。観光等で現地に赴いた際に、現地のショップでスマホを購入し、日本に持ち帰ります。帰国後、シムの設定をすれば完了です。ちなみに、この場合の輸入には、海外旅行者の免税枠があります。(20万円相当)

    *商用で持ち帰った場合は、免税枠無。通常どおりの簡易税率又は、業務通関扱いです。

    2.輸入代行、友達に依頼する。

    海外の転送会社、輸入代行会社、又は、現地に住んでいる友人に依頼し、輸入もできます。

    例えば、香港アップルのオンラインストアでiPhoneを購入したとしましょう。この場合、配送先は、香港国内限定です。日本を含めて香港以外には発送してくれません。そこで、香港国内にある転送会社又は、友人宅を配送先に指定します。

    転送会社又は、友人宅にiPhoneが到着したら、フェデックス等の輸送手段を使い、日本に輸送(転送)してもらえば、日本に居ながら、香港版iPhoneの入手ができます。

    関連記事:転送サービスとは?

    3.サイトを使う。

    最後は、海外スマホを扱う専門サイトから購入する方法です。

    例えば、ETORENなどを使えば、オンライン上、かつ日本語で海外のスマホを簡単に買えます。金額も円表示、操作画面もとても簡単です。決済等もクレジット、ペイパル等に対応しているため、誰でも簡単に利用ができます。

    ETORENは、法定保証期間である12カ月は、保証が受けられます。

    ETORENの注文方法

    参考としてETORENでの注文手順をお伝えします。まずは欲しいスマホを選びます。ETORENは、アクセス元やブラウザ等を読み込み、画面表示が自動で切り替わります。日本からアクセスすれば、以下のように日本語表示の画面になるはずです。

    今回は、iPhone SE 第二世代を購入します。2021年4月現在、iPhone se第二世代は、アップルストアで税込み50,000円で購入ができます。こちらのサイトから購入すれば、約8000円程、高いです。8000円多く支払えば、カメラ音がならないiPhoneが手に入るとも言えます。

    *ETORENの価格に含まれるモノ=端末代、国際配送、輸入消費税、日本国内配送日+12カ月保証

    スマホ 個人輸入

    赤枠の部分が出荷予定日です。注文から1~3営業日以内に発送されるイメージですね!

    スマホ 個人輸入

    始めて購入される方は「ゲストで購入」、すでに購入された方は「ログイン」から画面を進めます。画面下にある「私はロボットではありません」の認証を忘れないようにしましょう。

    スマホ 個人輸入

    氏名、住所等を半角英数字で入力していきます。もし、ご自身の住所を英語表記にできない場合は、「誰でも簡単♪日本語住所を英語住所にする方法」をご覧ください。

    スマホ 個人輸入

    こちらの画面は、決済方法です。赤枠からお好きな物を選びましょう。お勧めはペイパルかクレジット決済です。銀行振り込みは、トラブルが発生した場合に対応が難しくなるため、お勧めしません。

    ペイパルの場合は、買い手保護プログラムがあるため、万が一の際、代金の差し止めができます。クレジットカードもカード会社に詐欺被害にあったとの連絡をすれば、代金決済を留められます。どちらの方法も買い手側に保護機能があります。

    スマホ 個人輸入

    この画面が表示されたら購入は完了です。指定のメールアドレスに注文情報が届いています。スマホ 個人輸入

    メールボックスを確認すると、以下のメールが届いているはずです。

    スマホ 個人輸入

    • 2021年4月11日 21:26分 注文
    • 2021年4月12日 16:55分 出荷通知
    • 2021年4月15日 14:00分 着荷

    スマホ 個人輸入 スマホ 個人輸入 スマホ 個人輸入 スマホ 個人輸入 スマホ 個人輸入 スマホ 個人輸入 スマホ 個人輸入

    やはりカメラ音は鳴りません。最高です!

    輸入時の税金/関税や消費税のお話

    最後にスマホを輸入するときの関税や消費税のお話を確認していきましょう。

    少し専門的に申し上げると、上記の通りです。スマホなどの機械製品は、ほとんど関税0%です。輸入時は、消費税のみの10%が発生します。ただし、この消費税は、すべてのケースで発生するわけではなく、関税定率法14条の無条件免税の基準に当てはまる場合は、0%です。

    消費税の免税基準=スマホの価格×0.6倍が10,000円以下の場合(個人使用の場合)

    なお、課税価格の考え方は、輸入目的によって変わるため、注意が必要です。

    • 個人使用目的の場合=スマホ価格×0.6倍
    • 商用目的の場合=スマホ価格+送料+保険代金

    関連記事:個人輸入の関税は16666円以下はかからない?

    ETORENの場合は?

    ETORENの場合は、インコタームズが「DDP」のため、輸入者(購入者)側は、スマホを購入する際に、日本側の関税や消費税、日本国内の配送代等の全ての代金を確認した上で購入ができます。

    当サイトでは、お客様へ煩わしさのないシンプルな購入サービスを提供するため、日本向けの出荷に関しては、最終的な支払金額に、輸入関税、消費税を含む総額を表示させて頂いております。Delivery Duty Paid(DDP)による発送です。それにより、お客様が商品受領に際して、別途税金等の費用が発生することはありません。もし、受領時に税金の請求があった場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

    引用元:ETOREN

    つまり…..ここに表示されている金額以外は一切かからないということです。とても安心ですね! 以上で解説を終わります。

    まとめ

    • 日本のスマホのカメラ音は異常
    • 海外のスマホはカメラ音を消せる。
    • スマホを個人輸入するのは簡単
    • 関税は0%、消費税は10%かかる可能性がある。
    • ただし、非商用で個人で輸入する程度なら、消費税も含めて0%
    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    【HUNADE公式パートナー】

    輸入代行
    転送サービス

    [スポンサードリンク]


    輸入の見積もりツール

    hunade

    hunadeのお問い合わせページ


    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    Chinese (Simplified)EnglishJapanese
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました