アメリカの輸入規制 米国向け輸出時に注意すること

この記事は約7分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    アメリカへ輸出を検討するときは「アメリカ側輸入規制」を理解する必要があります。そこで、この記事では、アメリカ側で輸入規制されている品目をご紹介していきます。なお、さらに専門的な内容を知りたい方は、ジェトロさんのアメリカページをご覧ください。

    アメリカの輸入規制

    こちらの記事で紹介する内容は、すべて米国税関CBPが公表する資料を基にしています。さらに詳しく知りたいときは、ジェトロさん又は、米国政府の担当機関にお聞きください。なお、米国の政府機関まとめも用意していますので、あわせてご覧ください。

    食品の輸入規制

    米国に食品を輸出するときはFDAに事前申請(prior notification /PN)をします。この食品とは、次の3つの内、いずれかの条件を満たす物を指します。

    1. 人や動物が食べる物や飲み物
    2. チューイングガム
    3. 上記を原料として製造する物

    上記の条件に当てはまる物を輸入するときにFDAの申請が必要です。また、食品輸入は、次の点も確認されます。

    • 偽装ブランド
    • 不衛生な環境で製造された食品であるのか?
    • 食品に何らかの欠陥があり、安全でない物でないか?
    • 謝ったラベル表示や写真などにより、消費者を錯誤させる可能性がある物

    また、家禽、卵、卵製品、肉、果物、ナッツ、野菜等は、特定の食品は、USDAなどのその他の機関が規制をします。なお、アメリカに持ち込む食品等の規制については「APHIS」のサイトが便利です。

    APHIS

    自動車の輸入規制

    自動車を輸入するときは、対象車両のバンパー、ミッションなどの安全性、排出ガス基準などを評価されます。輸入できる車両は、25年以下の物限定。安全基準を満たさない物は輸入不許可です。

    • FMVSSの安全性基準を満たすこと
    • CBP(米国税関)は、自動車の製造元の証明書に基づき検査をする。
    • 通関時は「HS-7」のフォームに必要事項をすべて記載する。

    ただし、以下の3つの場合は、この基準が免除されます。

    • アメリカの非居住者(一年未満)が一時的に使用するための車両
    • 車両が研究、デモンストレーション、調査のみに使われる場合
    • 外国政府や外国軍などの書類
    問い合わせ先
    U.S. Department of Transportation
    Tel. 1.800.424.9393.

    道路走行を前提としないエンジンの輸入

    例:芝刈り機のエンジン、農業機械、建設用機械、船舶用エンジンなども排出基準を満たす必要があります。具体的には、CBPに対して以下の項目を含む「EPA Form 3520-21」を提出します。

    • エンジンモデル
    • モデル番号
    • シリアルナンバー
    • 馬力
    • 製造日
    • メーカー
    • シリアル番号など

    詳しくは、以下のリンク先をご確認ください。
    www.epa.gov/otaq/imports/

    その他の輸入規制や注意貨物のまとめ

    農産物

    チーズ、牛乳、乳製品(クリーム等)

    関連機関:USDA
    輸入ライセンスと輸入割り当てが関係します。

    果物、野菜、ナッツ類

    以下の物は、グレード、サイズ、品質などの基準を満たす必要があります。検査証明書は、USDAによって発行

    フレッシュトマト、アボカド、マンゴー、ライム、オレンジ、グレープフルーツ、ピーマン、アイルランドのジャガイモ、キュウリ、ナス、玉ねぎ、プルーン、クルミ、レーズン、缶詰のオリーブなど。

    生きている昆虫

    作物に害を及ぼす生きた状態の昆虫は、科学的な研究を除き輸入禁止です。

    関連機関:APHIS

    すべての肉製品、家禽、卵関連品

    鳥インフルエンザ(H5N1)が蔓延する国からの家禽類の輸入を禁止しています。

    • 生きている鳥:USDAによる30日間の検疫
    • H5N1の影響を受けた国の「加工品」は別扱い。
    • すべての肉製品(牛、豚、羊、馬など)、卵製品は、USDAの規制対象となり、FSIS(食品安全検査サービス)による検査が必要です。
    Information on Avian Influenza
    Avian influenza refers to the disease caused by infection with avian (bird) influenza (flu) Type A viruses.

    関連機関:USDA、APHIS

    植物と植物からの製品、種子

    例:フルーツ、野菜、植物、切り花、サトウキビ、種子など

    関連機関:APHIS、ワシントン条約

    木製の梱包材・木製品全般

    ippc

    主な観点:⇒病害虫が付着していないか?、違法伐採の木で作られていないか?
    規制対象例:パレット、クレート、木製品
    関連ワード:臭化メチル、国際植物保護条約(IPPC)
    関連機関:APHIS

    おもちゃと子供向け用品

    • 子供向けの用品:連邦有害物質法(CSPC)
    • 3歳未満の子供向けのおもちゃ:窒息の危険性を考える。

    規制対象例:風船、小さなボール、ビール玉、電気おもちゃ、ガラガラ、おしゃぶり、ベビーベッド
    関連: The Child Safety Protection Act

    衣料品全般

    衣料品は、品質表示の部分に気を遣う必要があります。スタンプ、ラグ、ラベルなど。構成材料の重量表示5%ルール、表示順序、インボイス価格500ドルごとに~などの細かいルールがあります。特にウール製品には、別枠で細かく決められています。

    たばこ関連品

    葉巻、たばこ、無煙たばこ、パイプタバコ

    関連機関:TTB

    家庭用器具

    エネルギー消費の効率性を示すラベルの貼り付けが必要

    冷蔵庫、エアコン、給湯器、食器洗い機、洗濯機、衣類乾燥機、レンジとオーブン、プールヒーター

    塗料や表面コーティング材(重量の0.06%以上の鉛が含まれていると禁止)

    例:0.06%以上の鉛を含む塗料を塗布した家具、子供用おもちゃなど

    関連:CSPC

    自転車及びヘルメット

    ポイント⇒決められている安全基準を満たすこと

    関連:CSPC

    花火

    ポイント⇒有害物質が含まれていないこと。ラベルの貼り付け要件などを規定。

    cherry bombs and M-80s等は、一般消費者の使用は禁止。

    可燃性生地

    ポイント⇒可燃性基準を満たさない物は、輸入禁止。

    品目例:アパレル、生地、インテリア製品、子供用パジャマ、マットレス、カーペットやラグ

    各種画材

    1988年のLHAMAに準拠していない限り輸入禁止。

    シガー・多目的ライター

    ポイント⇒子供にとって安全に設計されている物なのか?
    規制品目例:詰め替え不可能なライター、2.25ドル以下の詰め替え式ライター、キャンプ用、暖炉、グリル、ランタンなどに点火するときのタイラー(燃料が10オンス未満)

    根拠法:Consumer Product Safety Act
    関連機関:CPSC

    その他、CSPCが関連する品目例

    ・建築用のガラス
    ・マッチ
    ・芝刈り機
    ・スイミングプールのスライダー
    ・セルロースの断熱材
    ・可燃性の接着剤
    ・アスベスト関連品
    ・二段ベッドなど

    電磁波、無線周波数を発するデバイス

    ・スマホ
    ・超音波両用機
    ・レーザー機器
    ・電子レンジ
    ・ラジオ
    ・ステレオ
    ・テレビ

    関連:FDA

    偽造品

    硬貨や有価証券を複製した物。

    金融商品

    一回の輸入で10000ドルを超える貨幣を持ち込む場合

    有害物質

    プラスチック関連製品を輸入するときは注意

    毛皮製品

    特に犬や猫の毛皮製品は、輸入、輸出、輸送、流通はすべて禁止。

    商標権や著作権の侵害物

    商標権・著作権を侵害する貨物は禁止

    野生動物とペット

    野生動物の輸出入にはライセンスが必要。

    関連:U.S. Fish and Wildlife Service (FWS)、ワシントン条約

    マッチ、花火、ナイフ

    連邦、又は州政府で制限又は禁止をしている可能性がある。

    外国資産の凍結対象になっている国との取引

    現在の凍結対象国:キューバー、イラン、北朝鮮、スーダン、シリア、ビルマ

    関連:OFAC

    わいせつ物関連品、米国の国家転覆を企てるもの

    • わいせつな内容が掲載されている書籍、写真、図、広告物は輸入禁止。
    • 米国に反逆することを助長する物
    • 米国法に背くことを主目的とするすべての発行物
    • 宝くじ等

    不正競争防止品

    不正な競争をしていると判断できる輸入品
    例:輸出先の国政府が補助金をだしているなど。

    関連:ITC

    文化財関連品

    特に以下の国の文化財は制限されている。

    ボリビア、キプロス、カンボジア、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、イタリア、マリ、ニカラグア、ぺるーんなど。

    その他

    • 生物薬剤等
    • 麻薬関連道具
    • 金と銀関連品
    • 殺虫剤等
    • オゾン層破壊物質 冷媒装置の輸入時に注意が必要。
    • 石油関連 原則:輸入ライセンス不要。ケースによっては必要。Department of Energy
    • 強制労働等で生産された産品
    • 武器、弾薬、および放射性物質
    • 放射性物質および原子炉

    以上、米国の輸入規制の対象品目例でした。

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    輸出ビジネス
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました