×
国際輸送の見積を希望する方はこちら
HUNADEへのお問合せはこちら
#関税計算ツール#インコタームズ#貿易書類#アリババ等#品目別の輸入方法
#特定原産地証明書#リーファー#ドレー#危険品輸送#食品届#貿易費用#貿易資格>>その他
目次アイコン目次
×

目次

アメリカから古着を仕入れる方法 買い付け場所、オンライン等

 

 

種別積み地揚げ地品目輸送モード
個人アリババ福岡キャンプ用品海上輸送
法人広州大阪アパレル品 800KGLCL
個人アリババ福岡キャンプ用品海上輸送
法人広州大阪アパレル品 800KGLCL

アメリカ

アメリカから古着を買い付ける(仕入れる)ときに役立つ情報(買い付け場所、アメリカにおける古着の歴史、仕入れ先の見つけ方)等をご紹介していきます。

アメリカから古着を買い付けよう!

アメリカの古着文化の歴史

アメリカの古着需要は、第二次世界大戦をきっかけとして誕生しました。大戦後は、デニムなどが一気に普及し、古着の人気が高まります。その後、1960年代のヒッピー文化からのヴィンテージファッションの普及。1990年からは、若者を中心にファッションの一部として幅広い層に受け入れれました。近年では、SDGsの観点から、古着が持つ意味が少しずつ変わってきています。

アメリカで古着を仕入れる方法

アメリカで古着を仕入れる方法は、大きく分けると次の2つです。一つ目は「thredUP」に代表されるオンラインでの買い付けです。2つ目は、現地の実店舗や市場等を通した仕入れです。ちなみに、アメリカに古着の買い付け目的で入国する場合は、ESTAで商売目的で申請する必要があります。

  1. 海外通販(オンライン)
  2. 現地買い付け(場所)

1.海外通販(オンライン)での仕入れ

グーグルのUSA版等で検索すると、様々なオンライン古着サイトが見つかります。様々なキーワードを駆使してネット検索をしてみてください。

2.現地買い付け

アメリカには、古着の取引が活発な都市があります。例えば、西側ですとLA周辺です。YOUTUBEやグーグルアメリカ版などで、それぞれの都市名を含めて検索してみましょう!ちなみに、業者取引が活発な所は、ネット上に載っていないことが多いです。その場合は、アメリカの古着市場に詳しい「NIPPON47さん」へ相談してみてください。

  • LA VINTAGE
  • Bank & Vogue
  • ARC
  • Goodwill
  • Savers
  • フリーマーケット
  • ヴィンテージショップ
  • ガレージセール
  • ブローカー、バルク販売業者(大量に買い付ける時に便利)

古着取引が活発な都市例

  • ニューヨーク
  • ロサンゼルス
  • サンフランシスコ
  • ポートランド
  • シアトル
  • オースティン
  • シカゴ州
  • マイアミ
  • アトランタ
  • ボストン

古着仕入れの注意点と課題

  1. 競合との差別化
  2. トレンド変化

1.競合との差別化

価格だけで勝負すると、必ず最後は「資金力」が物を言います。小さな会社は、必ず価格以外で差別化が必要です。

例えば、古着の中のジャンルに特化する。ターゲットとなる人をあえて絞る。独自の仕入れルートを構築する、他の物と組み合わせて販売するなどの方法があります。ご自身でできそうなことを考えてみましょう!古着に限らず、お客さん側が何を求めているのか?を深く検討すると良いと思います。

2.トレンド変化

古着ビジネスには、若干、トレンドがあります。情報交換やグーグルトレンド等による検索数の推移をチェックしたり、できるだけ流行りすたりがない古着を扱ったりすることが重要です。なお、古着に関するキーワードには、以下の物があります。参考にしてください。

古着に関するキーワード

Tシャツ、キッズ、ベール、ベビー、ワンピース、軍服、ヴィンテージ ワンピース、ウールコート、ウール ベスト、オールインワン、ガウン、キャップ、キャミソール、コート、ジャケット、シャツ、スウェット、スカート、スタジャン、セーター、ダウンベスト、タンク トップ、チノパン、ツナギ、デニム、トラック ジャケット、ニットネックレス、ネルシャツ、ノースリーブ、パーカー、パジャマ、バッグ、ハット、バンダナ、パンプス、ブーツ、ブラウス、ブルゾン、ベルト、ミリタリー、ミリタリー パンツ、リュック、レザー、レトロ、ワーク ジャケット、ワンピース ヴィンテージ、囚人 服、帽子

古着の取引方法(国際輸送、インコタームズ、関税)

既述の通り、古着の取引方法には、次の2つがあります。

  1. オンライン
  2. 現地買い付け

オンラインで購入する場合は、ネット上ショップなどで注文を済ませて、日本の玄関先まで輸送してもらう方法が一般的です。この場合は、比較的、小口貨物になることが多い為、フェデックスや国際郵便で発送されてくることが多いです。


■アメリカ商品の海外通販&仕入れ
  • 商品ページをラインで送るだけ輸入ができる。
  • リチウムイオンなどの危険品を輸送できる。
  • アメリカの大型家具を輸入できる
  • 日本へ出荷してくれない商品を転送してくれる。
すべてUS-BUYERで可能です!

一方、現地まで出向き買い付けをする場合は、さらに次の3つの方法があります。

  1. 現地で発送手続きを済ませてくる。(売り手に輸送してもらう)
  2. 現地で発送手続きを済ませてくる。(ノミネーションフォワーダー)
  3. 現地で発送手続きを済ませる(転送屋に依頼)
  4. スーツケースなどで運んでくる

例えば、バルク単位で古着を購入する場合は、現地の倉庫等(市場等)に出向き、古着の品定め、商品代と日本までの輸送費を含めた金額を現地で済ませてしまい、商品を発送してもらうなどの方法があります。

もし、ご自身で配送部分を手配する場合は、相手との取引を「EXW」などにして、日本の指定地迄の輸送は、別にフォワーダー等に依頼できます。(ノミネーションフォワーダー)又は、もう少々、規模が小さい場合は、アメリカの国内配送サービスを使い「転送屋」まで輸送。その後、日本に国際輸送を依頼することもできます。

4つ目は、現地で買い付けた後、スーツケースなどに入れて持ち帰り、日本側で「ハンドキャリー通関」をする方法があります。この場合は、現地購入時の証明書が必要であったり、税関職員がスーツケースの中身を確認したりしやすいように整理しておくことが重要です。

アメリカから古着を輸入している方は、上記、いずれかの方法で行っている可能性が高いです。

主な輸送方法

  • 国際郵便/宅配便= 小口の古着を日本に発送する方法
  • 海上輸送:=大量の古着を輸送する場合 LCLやコンテナ単位で配送
  • 航空輸送:=短時間で古着を輸送するときに便利。但し送料が割高
  • ハンドキャリー=自分の航空運賃の範囲内で一緒に輸送ができる。

主なインコタームズ

  • EXW=古着を倉庫で引き取る取引。引き取り後は、アメリカ国内の輸送から全て買い手が行う方式
  • FCA=売り手がアメリカ側の指定地(港や空港等)まで輸送。アメリカの港以降の手続きは、買い手が行う方式
  • CIP=売り手が日本の港まで輸送してくれる。港以降は買い手が手配
  • DAP/DDU=売り手が買い手の指定地(玄関先)まで輸送してくれる。関税等は買い手の負担

関税

古着の関税、HSコード、EPA上の取り扱いに関する注意点等は「古着の輸入ビジネスを始めよう!」にまとめています。

参考情報:古着に関する情報

古着店舗での評価等を面白く紹介するチャンネル

RoundTwo

古着をリメイクして新しいアイテムを作るチャンネル

coolirpa

 

古着の買い付けや国際輸送に便利なサービス

時間が取れないなどの理由から、アメリカでの古着の買い付け、又は、アメリカから日本までの国際発送を希望する場合は、日米間の輸入代行サービスや転送サービスを会社を利用してみましょう! コンテテ単位など、大量輸送でない限り、代行サービスが便利だと思います!

FavoriteLoadingこの記事を登録

転送サービス

輸入代行

 

国際輸送の見積もり依頼

国際輸送の見積もり依頼

>>記事の一覧はこちら

もっと見る

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
">
種別積み地揚げ地品目輸送モード
法人アリババ東京ポーカー用品フェリー
法人横浜ブラジル家電製品相談希望
法人ダッカ東京アパレル商品航空輸送
法人アリババ東京ポーカー用品フェリー
法人横浜ブラジル家電製品相談希望
法人ダッカ東京アパレル商品航空輸送



国際輸送
見積依頼
お問い合わせ先
タイトルとURLをコピーしました