【2020で廃止】インコタームズ・DAT(ターミナル持ち込み渡)

この記事は約2分で読めます。
HUNADEサービス&オススメ記事
  • 個人事業OKの通関代行サービス
  • 中国の通関トラブル例と注意点
  • 「必須」アリババ輸入の6ポイント
  • スポンサードリンク


    *当サイトの記事を編集・加筆等し、公開する行為をお断りいたします。

    重要事項:インコタームズ2020では、DATは廃止。代わりにDPUが新設されています。2020年1月1日以降の取引は、気を付けましょう!

    インコタームズの内、DAT取引のポイントは、次の通りです。

    1. 危険負担と費用負担は、共に輸入国側のターミナル(船などから降ろされたとき)に移転する。
    2. ターミナルではなく、輸入国のある地点を指定したいときは「DAP」を使う。

    インコタームズ・DAT

    DATの費用負担と危険負担、輸出・輸入関連費用の負担は、次の通りです。

    危険負担分岐点国側のターミナルなどで、輸送手段から貨物が降ろされたとき。(CYCFS、鉄道など)
    費用負担分岐点危険負担と同じ/売り手が輸送費や保険代金を負担する
    輸出国内輸送費
    輸出通関費用
    その他、輸出関連費
    海上保険
    海上運賃
    輸入通関
    輸入国側の関税・消費税
    輸入国の国内費用
    契約手続き輸送や海上保険など売り手

    DATのサマリー

    DATの場合、売り手は、輸出国から輸入国までの海上運賃を負担します。ただし、この費用には、海上保険は含まれていません。そのため、輸入者は、別途、海上保険費用を負担して、輸出者に海上保険を手配してもらうか、自身で手配するかのどちらかを選びます。輸入国側の費用(輸入通関など)は、すべて輸入者側の負担です。

    DATとCIF契約の違いは?

    DATとCIFは、保険の付保義務と、危険負担の切り替えポイントに違いがあります。CIFは、売り手が輸入国側までの輸送費と海上保険代金を負担しますが、危険負担は、輸出国側で切り替わります。一方、DATは、売り手側が輸入国側までの海上運賃の手配はもちろんのこと、危険負担まで負わされます。

    まとめ

    • DATの危険負担の切り替えは、輸入国側のターミナルなどで、輸送手段から貨物を降ろしたとき
    • 売り手は、輸入国までの輸送費の負担及び危険負担をする。

    【図解!インコタームズ入門】どんな条件で貿易をする?

    FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録登録済の記事を確認

    [スポンサードリンク]


    hunadeのお問い合わせページ

    各種計算ツール

    >>その他のツールを使う


    インコタームズ
    この記事の執筆者
    HUNADE

    貿易サイト「HUNADE」の代表。通関業者で勤務した経験をもとにして「もっと貿易を身近に。」をミッションに活動中!難しい貿易をできるだけわかりやすく解説し、貿易の一助になることが目標。基本的には、東海地方に住みながら国内各地、海外などでも活動し、できるだけ柔軟な発想を維持できるように努力しています!

    HUNADEをフォローする
    HUNADEをフォローする
    HUNADE EPA/輸出入/国際物流
    国際輸送
    見積依頼
    お問い合わせ先FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに登録 トップへ戻る
    error: Content is protected !!
    タイトルとURLをコピーしました